倍賞千恵子の若い頃は?さくら?高倉健と熱愛?現在の夫は?

Sponsored Link

1960年に「松竹歌劇団」の13期生として入団すると、翌年の1961年、スカウトされて、松竹映画「斑女」で映画デビューを果たされた、倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)さん。1963年には、山田洋次監督作品「下町の太陽」で主演に抜擢され、人気を博すと、その後は、山田監督の常連女優として数多くの作品で主演やマドンナを演じ、中でも1969年~1995年の映画「男はつらいよ」シリーズでの、車寅次郎の妹さくら役で、その人気を不動のものとされています。




プロフィール!


倍賞さんは、
1941年6月29日生まれ、
東京都北区のご出身、

身長159センチ、

学歴は、
北区立紅葉中学校(現在の北区立滝野川紅葉中学校)、

だそうです。


松竹歌劇団から映画女優へ


倍賞さんは、幼い頃から歌がうまく、
小学生の頃には、児童合唱団に入団。

「ポリドール」から合唱のレコードを、
出したこともあったそうです。

そして、1957年、16歳の時に、
「松竹音楽舞踊学校」に入学されると、

1960年には、「松竹音楽舞踊学校」を首席で卒業し、
「松竹歌劇団(SKD)」に13期生として入団。

同年、「東京踊り」で初舞台を踏まれると、
初代バトンガール(鼓笛隊の指揮者)を務められています。

また、翌年の1961年には、
松竹の中村登監督にスカウトされて、
「斑女」で映画デビューすると、


「斑女」より。山村聡さんと倍賞さん。

1961年「水溜り」
     「雲がちぎれる時」

1962年「二人で歩いた幾春秋」
     「私たちの結婚」
     「泣いて笑った花嫁」


と、次々と映画に出演。

倍賞さんはその当時を振り返り、

私はSDKで歌って踊っている時、
松竹から1本だけ映画に出てくれと言われて、

気がついたら映画の世界に入っていたという感じです。
最初の年が9本、次の年には13本撮りました。

と、明かされています。

「下町の太陽」で歌手デビュー&主演


こうして、映画女優として、
活動されていた倍賞さんですが、

1962年には、「下町の太陽」で、
歌手デビューもされると、たちまち大ヒットを記録し、

「第4回日本レコード大賞」で新人賞を受賞されるほか、
「NHK紅白歌合戦」にも出場。

さらに、1963年には、同曲を原案に、
山田洋次監督が映画化した、同名タイトルの映画で、

化粧品工場で働きながら愛や人生を真摯に考える、
主人公、町子役を演じられると、
庶民的で健気な持ち味で人気を博したのでした。


「下町の太陽」より。倍賞さんと勝呂誉さん。


「男はつらいよ」のさくら役でブレイク


以降、倍賞さんは、

1965年「霧の旗」
1966年「運が良けりゃ」
     「なつかしい風来坊」


など、山田監督の常連女優となり、

1969年、同じく山田監督作品「男はつらいよ」で、
主人公の車寅次郎(渥美清さん)の妹、さくら役を演じると、

気ままな旅暮らしの寅次郎を心配しながらも、
明るく健気なキャラクターがハマり役となり、
倍賞さんの人気は不動のものに。


「男はつらいよ」より。さくら演じる倍賞さん。

ちなみに、この作品は大ヒットを記録して、
シリーズ化し、1995年まで続いているのですが、

その人気を反映して、舞台となった東京柴又駅には、
1999年、「フーテンの寅」の銅像が建てられ、

それから18年後の2017年3月には、

「妹のさくらがいてほしい」

との多くのファンからの要望で、

寅さんと目を合わせる形で、
「見送るさくら」像が新たに建てられています。

(劇中、さくらは、いつも、
 寅さんが家を出ていくのを見送っていたことから)


「フーテンの寅」像と「見送るさくら」像

倍賞さんは、一時は、ご自身とタイプの違う、
さくらとのギャップに悩んだこともあったそうですが、
今では、ご自身の一部と思えるほどになられたそうで、

除幕式に参加された際には、

銅像ができるというお話をいただいたのが2年くらい前。
映画からも随分時が流れて、なんか自分の妹がいるみたいな感じ。
私の分身なので、感動に胸打たれています。

と、おっしゃっていました。

山田監督映画に60本以上出演


また、倍賞さんは、
「男はつらいよ」と並行して、

1970年「家族」
1972年「故郷」
1975年「同胞」


「故郷」より。倍賞さんと井川比佐志さん。

ほか、山田監督の作品に数多く出演されているのですが、
全作品で、主役またはマドンナ役を演じられ、

1986年「キネマの天地」
までの出演作品数は、なんと60本以上。

これほど、長期に渡ってコンビを組まれるとは、
よほど、倍賞さんと山田監督は相思相愛だったようですね♪


その他の出演作品


それ以降も、倍賞さんは、
数は少ないものの、

テレビドラマでは、

1987年「ドラマ人間模様 友だち」
1989年「ロマンの果て」
1992年「ひらり」(ナレーション)
1999年「すずらん」
2002年「夏の約束」


「すずらん」より。

映画では、

1986年「植村直己物語」
     「離婚しない女」

1988年「ダウンタウン・ヒーローズ」
2004年「隠し剣 鬼の爪」


「離婚しない女」より。倍賞千恵子さんと妹の倍賞美津子さん。

などに出演されています。


「ハウルの動く城」で声優


そして、2004年には、宮﨑駿監督の、
アニメーション映画「ハウルの動く城」で、
ヒロイン、ソフィーの声を担当。

当時63歳の倍賞さんは、17歳の少女ソフィーと、
呪いをかけられて老婆姿になったソフィーの、
2役の声を見事に演じ分けられています。

(倍賞さんは主題歌「世界の約束」も担当し、
 変わらぬ美声を披露されています。)

ちなみに、宮崎監督は、声優の過度な表現が嫌いで、
俳優や女優を起用すると言われているのですが、

倍賞さんの癖のない素朴な雰囲気を、
気に入られたのかもしれませんね。




高倉健と熱愛


そんな倍賞さんの、
気になるプライベートですが、

倍賞さんは、1976年に舞台「屋根の上のバイオリン弾き」で、
共演された、小宮守(後に小宮健吾と改名)さんと、
結婚されているのですが、1980年には離婚され、

翌年の1981年には、
高倉健さんと熱愛が報道されています。

この報道が出た翌週、高倉さんは会見で、

自分が決意する前に、
マスコミに先取りされてしまったことが心外なんです。
今後は(ふたりの仲が)どういうふうに進んでいくのか、
私にはまったくわかりません。ふたりは仲のよい友達なんです。

と、あくまで友人関係をアピールしておられたそうですが、

お二人は、

1977年「幸福の黄色いハンカチ」
1980年「遙かなる山の呼び声」
1981年「駅 STATION」


「駅 STATION」より。高倉健さんと倍賞さん。

と、立て続けに共演されていたことから仲良くなり、
交際に発展していたようで、

決定的なスクープ写真を撮られることはなかったものの、
高倉さんが倍賞さんのマンションに足繁く通っておられたのは、
業界内では有名だったとか。

ただ、そんなお二人も、この熱愛報道から、
3年ほどで破局したといわれています。

ちなみに、その後、倍賞さんは、1993年に、
8歳年下の作曲家、小六禮二郎さんと再婚。

北海道野付郡別海町に別荘を持ち、
1年の半分近くをそこで過ごされているとのことで、
仲良く暮らされているようですね♪


小六禮二郎さんと倍賞さん(「ちちぶ映画祭2016」より)

さて、いかがでしたでしょうか?

2001年には、右胸にしこりを感じたことから、
病院で検査すると、「乳がん」と診断され、

その後、「乳房温存療法」(乳房の一部を切開して、がん細胞を取り出す手術)と、
「放射線治療」を受け、無事成功された倍賞さん。

現在は、ご自身の体験をもとに、「乳がん検診の早期受診」
を推進する活動を積極的に行われているそうですが、

もう、70代も後半に差し掛かる高齢ですので、
お体には十分に気をつけて活動してほしいですね。



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ