井上陽水の本名は?アンドレ・カンドレ?歯科医めざし三浪していた!

Sponsored Link

歯科医を目指して浪人中の1969年、「ザ・フォーク・クルセダーズ」のデビュー曲、「帰って来たヨッパライ」を聴き、音楽に転向することを決意した井上陽水(いのうえ ようすい)さんは、1969年4月、RKBラジオ番組「スマッシュ!!11」の視聴者が作った音楽を流すコーナーに、自作曲「カンドレ・マンドレ」を持ち込まれると、見事採用され、放送後は多数のリクエストを集めます。そして、同年6月には、RKBからホリプロを紹介され、上京後するのですが・・・




プロフィール!


井上さんは、1948年8月30日生まれ、
福岡県嘉穂郡幸袋町(現在の福岡県飯塚市幸袋)生まれ、
福岡県田川郡糸田町育ち、

血液型はAB型、

出身高校は、西田川高校、

本名は、
井上陽水(いのうえ あきみ)、

旧芸名は、
アンドレ・カンドレ、

だそうです♪


幼い頃から歌の才能を発揮


井上さんは、お父さんが歯科医院を開業されており、
幼い頃から家業を継ぐべく英才教育を施されていたのですが、

9~10歳くらいの時に、町内旅行の貸切りバスの中で、
美空ひばりさんの歌を歌ったところ、うまいと褒められたことから、

人前で称賛されることの喜びを感じると同時に、
ご自身の美声も意識されたそうです。


ビートルズとの出会い


そんな井上さんは、中学に入学すると、
8歳年上のお姉さんの影響で、

プラターズやエルヴィス・プレスリーなどの洋楽を聴くようになり、
ヒットパレード系のラジオに夢中になるのですが、

1963年、中学3年生の時、ラジオ番組で、
ビートルズの「プリーズ・プリーズ・ミー」
を初めて聴くと、衝撃を受け、

以降、一日中、ビートルズのレコードを聴くなど、
ビートルズに熱中していきます。

そして、高校入学後は、ますます、ビートルズ熱がエスカレートし、
周りからは、ビートルズ狂いと呼ばれるほどになったそうで、

一日中、仲間たちとビートルズを歌い、
休日には当時出始めたオープンリールのテープレコーダーで、
自身の歌声を録音されるなど、ビートルズ漬けの生活を送られたのでした。

(そのうち、仲間内だけではなく、町内でも、
 音楽狂として名が知られるようになったそうです♪)




「帰って来たヨッパライ」を聴いて音楽を志す


こうして、井上さんは、
1967年、九州歯科大学を受験するも不合格。

(井上さんいわく、失敗の原因は、
 ビートルズ、女性、性的不安だったそうです)

翌年の1968年には、予備校に通い、
再び受験するも、またも不合格。

(井上さんいわく、今度の失敗の原因は、
 ビートルズ、女性、パチンコ、マージャンだったそうです)

そして、二浪中の1969年、ラジオの深夜放送で聴いた、
「ザ・フォーク・クルセダーズ」「帰って来たヨッパライ」が、
テープの高速回転のテクニックを使っていたことから、

ご自身も高校時代、歌を録音する際に、
早回しで遊んでいたことを思い出し、

「これなら自分にもできる」

と、思われると、

「音楽でひと山当てたい」

と考えるようになり、
見よう見まねでギターを始められたのでした。

(ちなみに、3度目の大学受験(1969年)も、当然のごとく不合格。
 井上さんいわく、失敗の原因は「受験慣れ」だったそうです♪)



「カンドレ・マンドレ」


その後、1969年4月に、RKB毎日放送で、
ラジオ番組「スマッシュ!!11」が放送開始するのですが、
この番組には、視聴者が作った音楽を流すコーナーがあり、

井上さんは、自作曲「カンドレ・マンドレ」を、
自宅録音(テープレコーダーを二つ使った多重録音の擬似弾き語り)
して、4月16日にRKBに持ち込むと、見事採用されます。

(この時、井上さんは、芸名を「マンドレ」と考えていたのですが、
 ディレクターの野見山実さんによって、「アンドレ・カンドレ」
 に変えられています。)

すると、「カンドレ・マンドレ」は番組内で放送され、
数多くのリクエストを受けることに。

(ただ、後に井上さんが、「友人にリクエストのはがき百枚配った」
 とおっしゃっていることから、リクエストの大半は、
 井上さんが友人(主に浪人仲間)にハガキを配って、
 リクエストを出すよう依頼したものだったようです。)


芸名「アンドレ・カンドレ」でデビュー


そして、放送後、RKBのスタッフからホリプロを紹介され、
同年6月、レコーディングのため上京することになると、

井上さんは、お父さんには、

「東京で勉強して大学入学を目指す。」

と伝え、上京。

同年9月1日には、芸名「アンドレ・カンドレ」として、
楽曲「カンドレ・マンドレ」でデビューを果されたのでした。


「カンドレ・マンドレ」

ただ、ほとんど注目されないまま、

(井上さん本人は、「大ヒット間違いなし!」
 と確信されていたそうです)

続く、同年12月には、
「ビューティフル・ワンダフル・バーズ」


「ビューティフル・ワンダフル・バーズ」

1970年10月には、
「花にさえ、鳥にさえ」(松山猛さんと加藤和彦さんから楽曲提供)


「花にさえ、鳥にさえ」

をリリースするも、
これまた、鳴かず飛ばず。

こうして、「アンドレ・カンドレ」としての活動は、
シングル3枚で終わることとなったのでした。

「昔、大麻で逮捕されていた!傘がない!夢の中へ!氷の世界!」へ続く



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ