工藤静香の昔は?おニャン子うしろ髪ひかれ隊時代は?ヒット曲は?

Sponsored Link

1984年、中学2年生の時、「第3回ミス・セブンティーンコンテスト」に応募されると、見事、応募者総数18万325人の中から特別賞を受賞し芸能界入りされた、工藤静香(くどう しずか)さん。その後、1986年には、夕方生放送のバラエティ番組「夕やけニャンニャン」のオーディションに合格し、「おニャン子クラブ」のメンバーとなられると、「おニャン子クラブ」の派生ユニット「うしろ髪ひかれ隊」としても活躍。1987年8月にはソロデビューし、「恋一夜」「嵐の素顔」「黄砂に吹かれて」など数多くのヒット曲を連発されました。




プロフィール!


工藤さんは、1970年4月14日生まれ、
東京都西多摩郡羽村町(現在の羽村市)のご出身です。

身長163センチ、

血液型はB型、

学歴は、
東京都立板橋高等学校から、
日本音楽高等学校編入・中退、

趣味・特技は、
サーフィン、釣り、料理、

だそうです♪


「セブンティーンクラブ」でデビューするも脱退


工藤さんは、1984年、中学2年生の時、
「第3回ミス・セブンティーンコンテスト」に応募されると、

応募者総数18万325人の中から、
見事、特別賞に選ばれて、芸能界入り。



決勝には、工藤さんのほか、国生さゆりさん、渡辺美里さんなども残られ、
グランプリは、松本典子さん(本名の佐藤美和子さんで出場)と
網浜直子さんのW受賞となっています。


同年には、同じく、「第3回ミス・セブンティーンコンテスト」
の出場者だった、木村亜希(後の清原亜希)さん、
柴田くに子(後の森丘祥子)さんと「セブンティーンクラブ」を結成し、

翌年の1985年1月、エスビー食品のスナック菓子、
「鈴木くん」「佐藤くん」のCMソング、
「ス・キ・ふたりとも!」でデビューされています。


「ス・キ・ふたりとも!」
(左から)木村亜希さん、柴田くに子さん、工藤さん。


そして、同年8月には、セカンドシングル、
「バージン・クライシス」をリリースされるのですが、
ほどなくして工藤さんは脱退。


「バージン・クライシス」

その後、「セブンティーンクラブ」は、
柴田さんと木村さんの2人で活動されていましたが、
ほどなくして解散となっています。


「おニャン子クラブ」「うしろ髪ひかれ隊」で人気に


そして、工藤さんは、1986年5月、事務所の勧めで、
夕方生放送のバラエティ番組「夕やけニャンニャン」の、
オーディションコーナー「ザ・スカウト アイドルを探せ!」を受けられると、
見事合格し、「おニャン子クラブ」の一員に。(会員番号38)

すると、

「だってあたしバカなんだも~ん」

「バイクが大好き」

などの発言から、「おバカキャラ」「ヤンキーキャラ」
として注目を集め、

同年10月には、渡辺満里奈さんのソロデビュー曲「深呼吸して」で、
生稲晃子さんとともに、「withおニャン子クラブ」
としてバックコーラスを担当。

1987年5月には、生稲晃子さん、斉藤満喜子さんとともに、
「おニャン子クラブ」の派生ユニット「うしろ髪ひかれ隊」
としても活動を開始されています。

また、「うしろ髪ひかれ隊」は、もともと、生稲さんのために、
結成されたユニットで、デビュー曲「時の河を越えて」では、
生稲さんがセンターだったのですが、

セカンドシングル「あなたを知りたい」以降は、
歌唱力と人気の上回る工藤さんが、
センターを務めるようになっていったのでした。



ソロデビュー


そして、1987年8月には、ついに、
「うしろ髪ひかれ隊」の活動と並行して、
「禁断のテレパシー」でソロデビューされると、
オリコン週間ランキング1位となるヒットを記録。


「禁断のテレパシー」

「おニャン子クラブ」は1987年9月に解散)

その後も、
1987年12月「Again」
1988年3月「抱いてくれたらいいのに」



と、立て続けにシングルをリリースすると、
いづれもヒットを記録しています。

また、この頃からは、女優としても活動され、

1987年「おヒマなら来てよネ!」
1988年「君の瞳をタイホする!」
     「あぶない少年II」
     「熱っぽいの!」



「熱っぽいの!」より。(左から)中村繁之さん、工藤さん、
村上弘明さん、南野陽子さん、田代まさしさん。


1988年「悲しみがとまらない」
     「時間ですよたびたび」
     「君が嘘をついた」
     「ミスマッチ」



「ミスマッチ」より。工藤さんと中山美穂さん。

と、次々に話題のテレビドラマに出演されています。


「恋一夜」「嵐の素顔」「黄砂に吹かれて」など大ヒットを連発


ところで、工藤さんは、「おニャン子クラブ」解散後も
しばらくは、「うしろ髪ひかれ隊」としても、
活動を続けていたのですが、

工藤さんの人気が急上昇したことと、
連続ドラマへの出演が続いたことで、

1988年4月リリースの「ご期待下さい!」で、
事実上、「うしろ髪ひかれ隊」は活動を停止。

以降、工藤さんは、ソロに専念されると、

1988年6月「FU-JI-TSU」
     8月「MUGO・ん…色っぽい」
     12月「恋一夜」
1989年5月「嵐の素顔」
     9月「黄砂に吹かれて」




1990年1月「くちびるから媚薬」
     5月「千流の雫」
     9月「私について」
1991年1月「ぼやぼやできない」
     5月「Please」
    10月「メタモルフォーゼ」




1992年1月「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」
     5月「うらはら」
     8月「声を聴かせて」
1993年2月「慟哭」
     6月「わたしはナイフ」
    10月「あなたしかいないでしょ」




と、出す曲出す曲がすべてヒットし、
特に、「恋一夜」「嵐の素顔」「黄砂に吹かれて」は、
レコード売上50万枚の大ヒット。

こうして、工藤さんは、トップアイドルの座を、
不動のものにされたのでした。

しかし、一方、プライベートでは、
1994年、「X JAPAN」のYOSHIKIさんの逮捕により、
YOSHIKIさんとの交際が明らかになってしまいます。

「元カレはYOSHIKI!旦那の木村拓哉との馴れ初めは?娘は?」に続く



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ