布川敏和の元妻はつちやかおり!離婚理由は?娘が難病?息子は?

Sponsored Link

1980年「2年B組仙八先生」でデビューすると、1982年には、「シブがき隊」でアイドル歌手デビューを果たし、1986年には、17枚目のシングル「スシ食いねェ!」が大ヒットとなった、布川敏和(ふかわ としかず)さん。同年11月に「シブがき隊」が解散すると、以降、俳優、タレントとして活躍されていましたが、2014年、おしどり夫婦として知られていた、妻のつちやかおりさんの不倫がスクープされてしまいます。




年齢は?出身は?身長は?本名は?


布川さんは、1965年8月4日生まれ、
神奈川県川崎市川崎区のご出身、

身長171センチ、
体重63キロ、

血液型はB型、

学歴は、
明治大学付属中野高等学校定時制中退、

趣味は、
アロハシャツ収集、

ちなみに、
布川敏和は本名です。


「2年B組仙八先生」でデビュー


布川さんは、1980年、15歳の時に、
ジャニーズ事務所に入所し、翌年の1981年、
「2年B組仙八先生」でテレビドラマデビューすると、


「2年B組仙八先生」より。
(左から)本木雅弘さん、布川さん、薬丸裕英さん。


1982年には、「2年B組仙八先生」で共演していた、
同じジャニーズ事務所所属の、薬丸裕英さん、本木雅弘さんとともに、
アイドルグループ「シブがき隊」を結成。

同年5月に、「NAI・NAI 16」で歌手デビューされると、
1986年には、17枚目のシングル「すし食いねえ!」
が大ヒットを飛ばすなど、人気を博したのですが、


「NAI・NAI16」


「すし食いねえ!」

同年11月に突然解散されると、
布川さんは、すぐにジャニーズ事務所を退所。
以降、俳優やタレントとして活躍されています。


元妻はつちやかおり


そんな布川さんの
気になるプライベートですが、

布川さんは、1991年、元アイドルでタレントの、
つちやかおりさんと結婚されています。

布川さんは、17歳の時、同じ高校に通われていた、
つちやさんと出会い、交際に発展したそうで、
9年の交際の末に結婚。

結婚後は、男の子ひとり、女の子2人をもうけられ、
布川さんを取材したバラエティ番組などでは、
ご夫婦で共演され、仲睦まじいご樣子だったのですが・・・


結婚披露宴での布川さんとつちやかおりさん。


離婚理由はつちやの不倫


2014年5月、つちやさんが、「週刊新潮」に、
都内の割烹店の店主と手をつないでショッピングをしている姿を、
スクープされ、この報道で、つちやさんの不倫が明るみになり、
お二人が別居してることも報じられます。



これを受け、同年5月1日、
お二人は時間差で別の場所で会見を開かれ、

まず、つちやさんが、

別居報道は事実。一昨年の冬に末娘と家を出ました。
私の中では大きな覚悟を持って出たつもり。

と、別居報道を認め、
お相手の割烹店の店主についても、

別居して、いろんな相談をするうちに、
よりどころというか大切な方になったのは事実。

と、特別な人であることを明かされます。



一方、布川さんはというと、
この報道は寝耳に水だったようで、

(離婚については)初耳だった。
そういう考えだったのかとびっくり。

と、信じられないといった表情を浮かべられ、

さらには、

(よりを戻すことについて)僕としては大丈夫。
手をつないで買い物に行きたい。




と、復縁を望む発言もされたのですが・・・

それも虚しく、同年6月、
お二人の離婚が成立しています。

ちなみに、後に布川さんは、
つちやさんの変化を、

車で二人で行かなきゃいけない時、
今まで助手席に乗っていたのが、後部座席に乗るようになった。

このままじゃヤバいと思って、
「前のように仲良く、俺もいけない所なおすから」
って言ったら、

「別に今直してもらう所は無い」
と言われちゃった時に、アウトだなって思った。

ケンカしてる内が華なんだなって・・・

と、テレビ番組で明かされています。

子どもは?娘が難病?


ところで、そんな布川さんとつちやさんとの間には、
3人のお子さんがいらっしゃるのですが、

まず、長男は、俳優として活動されている、
布川隼汰(ふかわ しゅんた)さんで、

2007年に「3年B組金八先生」第8シリーズで、
テレビドラマデビューされると、以降、
主に舞台を中心に活動。


「3年B組金八先生」より。武田鉄矢さんと隼汰さん。

長女は、モデルとして活動されている、
布川桃花(ふかわ ももか)さんで、

2017年1月には、バラエティ番組、
「踊る!さんま御殿!!」で親子共演を果されています。


「踊る!さんま御殿!!」より。布川さんと桃花さん。

ただ、次女の布川花音(ふかわ かのん)さんは、
生まれてすぐに、「頭蓋底奇形腫(ずがいていきけいしゅ)」
という難病を患われたそうで、

腫瘍がのどをふさいで、十分に呼吸ができず、
ミルクも飲めない状態だったそうで、

胃に穴を開けて、直接ミルクを流す、
「胃ろう」の手術をされたそうです。

また、その時行われた検査では、腫瘍は良性であるものの、
腫瘍を取らないと呼吸ができなかったことから、
その後、何度か腫瘍を取り除く手術をし、
4歳の時、ようやく完治したとのこと。

ちなみに、布川さんはこの頃、闘病生活をする娘の不憫さから、
毎晩、浴びるほどお酒を飲まれていたそうで、仕事にも支障が出始め、
挙句の果には、うつになってしまったそうですが、
娘さんが元気になってほんと良かったですね。

さて、いかがでしたでしょうか?

離婚後は、そのショックから、何をするにも億劫になり、
自室が「ゴミ部屋」になってしまったことを、
明かされていた布川さんですが、

早くいい人が見つかると良いですね。

応援しています!!



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ