大黒摩季の結婚相手は?子供は?2度の休養の理由は?病気から完全復帰!

Sponsored Link

1999年に休養に入られるも、2001年には復帰し、精力的に音楽活動を展開されていた、大黒摩季(おおぐろ まき)さんですが、2010年には、またしても、子宮疾患の治療のため無期限休業に。最終的には2015年に子宮全摘出手術を受けられ病を克服されると、2016年8月、完全復帰されています。




「大黒摩季の昔は?下積み時代は
「B’z」「ZARD」「TUBE」らのバックコーラス!」
からの続き

一度目の活動休止の理由は?


絶頂期の1999年に、
突然、活動を休止された大黒さんは、

その理由について、

単純に疲れたからです。
だって、1年の365日中364日スタジオに入るような生活を、
3年くらい続けて、その前後にはツアーもやっていたんですよ。
疲れない人はいないと思うんです。

と、明かされていたのですが、

2001年に活動を再開すると、

2001年8月「虹ヲコエテ」
     10月「雪が降るまえに」
2002年5月「アイデンティティ」
     12月「PRESENTs」(アルバム)



2003年3月「勝手に決めないでよ」   
     5月「夏が来る、そして…」
     6月「RHYTHM BLACK」(アルバム)
     12月「いとしいひとへ〜Merry Christmas〜」



とシングルやアルバムをリリースし、
2003年には、アルバム「RHYTHM BLACK」の全国ツアー、
「Live BOMB!LEVEL.3」を開催されるなど、
再び、精力的に音楽活動に取り組まれます。

結婚相手は?


そして、プライベートの方でも、
2003年には、1歳年下の一般男性と入籍。

ご主人とは、友達がセッティングした合コンで知り合われたそうで、
初めて会った時には、ご主人は大黒さんのことを知らず、

「アーティスト?画家ですか?」

と、言われたそうですが、
その後、1年の交際を経て結婚。

ちなみに、ご主人は坂口憲二さん似のイケメンだそうで、
大黒さんは、ご主人のことを、公式ホームページで、

「音楽業界とはほど遠い世界に住み、
 飾り気ないスーツを着た王子様」

と、紹介されていました♪

2度目の活動休止理由は病気


こうして、公私共に順調だと思われていた大黒さんですが、
2010年10月、再び活動を休止されます。

実は、大黒さんは、1996年、26歳の時に、
「子宮腺筋症」を患われていたのですが、

当時、多忙を極め、休むことができなかったため、
薬での治療を続けていたのみで、本格的な治療はされておらず、

それがたたったのか、その後、「子宮腺筋症」に加え、
「左卵巣嚢腫」「子宮内膜症」「子宮筋腫」も併発。

そのため、子宮、卵巣、卵管がひとかたまりに癒着してしまって、
子宮全体が大きく腫れ上がり、他の内臓を圧迫するほどだったそうで、
2010年、40歳の時には、歩くことさえ困難になってしまったのでした。

また、これらの疾患のせいか、大黒さんはなかなか子どもに恵まれず、
子宮がこれ以上肥大すると、子宮全摘出しなくてはいけなくなることから、
不妊治療をすることになったのですが・・・

(妊娠すること自体が(ホルモンの影響で)、
 大黒さんの病気の治療にもなっていたようです。)

ちなみに、大黒さんは、その時のことを、

もともと子供を産めないかもしれないという状態の私と、
結婚してくれた旦那は私にとって命の恩人みたいな存在。

その人に私が何かプレゼントしたかった。
1番欲しかったものを・・・。だから1%にかけたかった。
私を選ぶために捨ててしまったものを私が拾いたかった。

と、明かされています。

ホルモン治療を始め、繰り返し体外受精を行うも、
「妊娠しても流産」の繰り返し。

ついに、2015年11月、大黒さんは諦められ、
受精卵を凍結し子宮全摘出手術を受ける決断をされたのでした。

大黒さんは、その時のことを振り返り、

卵自体はグレードも高く発育も良かったのに、
子宮が病気まみれだったため、何度も死んでいった。

自分の子宮で子どもを殺したという気持ちだった。
「諦める」というよりは、自分の「TRYを終える」んです。

と、明かされています。

完全復帰


ただ、この手術により、大黒さんは、
長年の病の苦しみから解放され、
翌年の2016年8月には歌手活動を完全復帰。

大黒さんは、これまでのことを振り返り、

「女性としては壮絶!笑っちゃうくらい壮絶でした。
「私だけどうしてこんな目にあうんだろう」
って思うことばっかりだった。

女性は30代から厄年の連続で身体が変わってくるので、
歌い手の女の子はみんな苦しんでると思うんです。

私もそれを一通り全部苦しんで、
七転八倒しながらもなんとかやってきて。

と思ったら病気というさらなる試練があって。
子宮の全摘出までいきましたからね。

でも、今は悪いものがなくなったので逆に楽です。

ここから先、生まれて初めて、ベストコンディションで歌える、
というワクワクのほうが大きい。

他のアーティストが絶好調で歌っているのを見ると、
涙が出るくらい悔しかったけれど、
そういう自分ともお別れできた。今はとても身軽です。

と、語っておられます。

さて、いかがでしたでしょうか?

2010年~2015年の活動休止中は、
ご自身の病気治療の他に、お母さんの介護もされていたという大黒さん。

2016年8月に発売された、
6年ぶりとなる新曲「Higher↑↑ Higher↑↑」は、
そんなご自身の体験を元に制作されたということですが、


「Higher↑↑ Higher↑↑」

様々な困難を乗り越えてこられた大黒さんだからこそ、
その歌声は、人々の胸を打つのかもしれませんね。

ちなみに、受精卵は凍結していることから、
お子さんもまだ、可能性はゼロではありません。

いつも熱い歌声で励ましてくれる大黒さんに、
ファイトと言いたいです!!



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ