CCガールズの初代メンバーは?不仲だった?2代目は?再結成は?

Sponsored Link

1991年、オスカープロモーション主催のコンテスト「日本美人大賞」上位入賞者4名で結成され、セクシー系タレントとして活躍した、「C.C.ガールズ」ですが、1995年~1998年には度重なるメンバーの入れ替え、2003年には、ついにメンバー全員が脱退してしまいます。また、その後企画されていた3代目「C.C.ガールズ」結成の話も立ち消えとなっており、2017年現在、実現していません。




初代メンバーは?


1990年にオスカープロモーション主催のコンテスト、
「日本美人大賞」に入賞した、青田典子さん、
藤原理恵さん、原田徳子さん、藤森夕子さんは、

1991年に、「C.C.ガールズ(シーシーガールズ)」
として活動を開始すると、歌手、タレントとして活躍されたのですが、

(初期の頃は、歌手活動時は、「D.D.GAPS(ディー・ディー・ギャップス)」
 グラビアやタレント活動時には、「C.C.ガールズ」と使い分けていましたが、
 1992年からは、全て「C.C.ガールズ」に統一され、セクシー系の、
 歌手・タレントとして活動されました。)

実は、メンバー間の仲が悪く、
度々メンバーの入れ替えがありました。


不仲でメンバーが脱退


とっかかりは、メンバーの中で一番人気の青田さんが、
ひとりだけ出演依頼があったことなどから、
他のメンバーの反感を買ったようで、

1995年6月に、原田さんと藤原さんが脱退し、
同年8月に、本杉美香さん、森洋子さんが新たに加入。

翌年の1996年には、藤森さんも脱退してしまい、
スーパーサポートメンバーとして加入していた山田誉子さんが、
正式メンバーとなり、結成当初のメンバーは、
青田さんだけになってしまったのでした。

ちなみに、青田さんは、当時を振り返り、

新しいメンバーで、同じ立ち位置で、
後輩たちと一緒にパフォーマンスをするものの、

プライドみたいなものや、引き連れていかないといけない、
というプレッシャーもあり、

「なぜ自分はここの立ち位置にいるんだろう?」
と、そんなことまで悩んでいました。

ダンスとかの振り付けなども、後輩に言われるんです。
「なんで青田さんはダンスをもっと私たちに教えてくれないんだ」
と言われた時に、「えっ」と思いまして。

振付師はいるのですが、同じ立場のメンバーの時は、
それぞれがそれぞれの課題に向かっていたものが、

やっぱり、先輩後輩という立ち位置になったときに、
「教える立場にならなければいけないのか」
というところの勉強というか、「ああ、こういうことか」と。

「自分が前に出ちゃいけない」といった、
そのあたりでやっぱり悩みましたね。

まず自分じゃないというか、
後輩を育てなきゃいけないというところで。

と、明かされています。

2代目のメンバーは?


そして、1998年11月には、ついに青田さんも脱退し、
浜野裕子さんが加入されたことで、

結成当時のメンバーは全員いなくなり、
実質、2代目「C.C.ガールズ」が誕生。


(後列左から)森洋子さん、本杉美香さん、
(前列左から)山田誉子さん、浜野裕子さん。


新メンバーは、これまで通り、
セクシー路線で活動されたのですが・・・

2003年12月15日、
4人の平均年齢が30歳を超えたという理由で、
なんと全員が「C.C.ガールズ」を脱退してしまったのでした。

ちなみに、浜野さんは、妊娠と結婚で、
脱退と同時に芸能界も引退されているのですが、

他のメンバーは、事務所に浜野さんの妊娠と結婚報告を怠った、
懲罰的な脱退と噂されています。

(浜野さんが、メンバー以外に明かされていなかったため、
 関係者は誰一人として知らなかったそうです。)

その後、オスカープロモーションは、
「C.C.ガールズ」の名前だけは残し、

2004年春に3代目となる新たなメンバーを決めて、
同年7月にメンバーの発表を行う予定をしていたようですが、
そのまま立ち消えとなっています。


再結成は?


そんな「C.C.ガールズ」ですが、
3代目の結成は立ち消えとなったものの、

2015年8月には、初期メンバーの青田さんと藤原さんの、
2名のみで「C.C.ガールズ」を再結成し、

北海道の石狩湾新港で開催された野外音楽フェスティバル、
「RISING SUN Rock FESTIVAL 2015 in EZO」に出演された、
「安全地帯」のバックダンサーを務められており、

全員参加とまではいかなかったものの、
20年ぶりの再結成に、青田さんは、ご自身のブログで、

たくさんの人達が、湧き上がってノッテくれました。
キャップを被ってのダンスとコーラス 終えてホッとしました。

と、その喜びを綴っておられます。

実は、「安全地帯」のヴォーカルである、
玉置浩二さんは、青田さんのご主人なのですが、

玉置さんは、2014年、
ソロコンサートツアー「GOLD TOUR 2014」の、
開幕直前の囲み会見の際、

「今回のツアーで青田さんの出番は?」

と、記者に問われて、

ノリ(青田さん)の出番あってもいいかもね~
C.C.ガールズに復活してもらおうと思って、
昔のメンバーに声かけているんだけどね。

俺が動いてもしょうがないので、
これは(所属事務所)オスカーにやってもらわないと。

とおっしゃっていたので、

2人だけとはいえ、「C.C.ガールズ」再結成は、
玉置さんのプッシュもあったのかもしれませんね♪

さて、いかがでしたでしょうか?

メンバーの総入れ替えなどで、
のべ8名が活動していた「C.C.ガールズ」

セクシー系タレントとして人気を博すも、
事務所主体の企画物グループということで、
その活動の難しさも浮き彫りとなりました。

また、初代メンバーである原田さんは、

風の便りにそういう話が聞こえてくるけど、
再結成するなら、その意味やタイミング、メンバーの気持ちなどもある。
人生の大事なものだからこそ、簡単にはいかないんです。

と、語っておられるので、

残念ながら、全員揃った「再結成」は、
ちょっと難しいかもしれませんね。



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ