華原朋美の年齢は?本名は?昔はグラビアモデル!天使のU・B・U・G!

Sponsored Link

1993年にタレントとして活動をスタートさせた、華原朋美(かはら ともみ)さんですが、毎日のようにオーディションを受けられるもほとんど不合格で、グラビアモデルや売れない女性アイドルたちが集まる、深夜のバラエティ番組「天使のU・B・U・G」に出演されるなど、地道な活動を続けていました。


年齢は?本名は?旧芸名は?

華原さんは、1974年8月17日、
東京都江東区生まれ、千葉県浦安市育ちで、

身長156センチ、
体重42キロ、

スリーサイズは、86-58-84、

血液型はO型、

本名は、
下河原 朋美(しもがわら ともみ)、

旧芸名は、
三浦彩香(みうら あやか)、
遠峯ありさ(とおみね ありさ)、

学歴は、
私立松蔭中学校・高等学校卒業、

趣味は、乗馬、

だそうです。

小学生時代の華原さん。

スカウトで芸能界入り

華原さんは、中山美穂さんに憧れて芸能界を目指し、
1990年高校1年生の時、オスカープロモーションが開催する、
女性タレント発掘オーディション「全日本国民的美少女コンテスト」
に応募されるのですが、

本戦に参加するための事前親子面接で、
お母さんに芸能界入りを反対されたため、
本戦には出場できなかったそうです。

高校生の頃の華原さん

そして、その後は、他の芸能事務所から、
スカウトの電話がかかってくるようになり、

高校3年生の時にも、牛丼の「吉野家」で、
スカウトされたことがあったそうですが、
すぐに芸能界入りはされず、
高校卒業後は「山野美容専門学校」に進学。

ただ、その後も、たびたび、スカウトされ、
華原さんは、以前にも増して、
芸能界入りを強く意識するようになったそうで、

迷った末、美容学校を中退し、ついに芸能界入りを決意。
1993年さんまのナンでもダービー」の、
レギュラーアシスタントで芸能活動をスタートしたのでした。

グラビアモデルとして

そして、同年秋には、ラジオ番組「茶屋町学園」の、
オーディションを受けられるも落選するのですが、

このオーディションがきっかけとなり、
雑誌「MABU」の巻頭グラビアを飾ることに。

「MABU」1994年1月1日号より。「三浦彩香」時代の華原さん。

以降、華原さんは、「プレイボーイ」などの男性雑誌で、
グラビアモデルとして、「遠峰ありさ」名義で活動されています。

ちなみに、華原さんは、当時を振り返り、
2017年10月31日、

音ボケpopsのスタッフさんから見せてくれた1994年のわたし
まゆげとか前髪とかはずかしい

でも次の年には華原朋美になって歌手デビューしてたんだね
この頃はグラビアで水着ばっかり着てたなぁ

受けたオーディションもほとんど不合格で、
グラビアで雑誌の撮影があると嬉しくって、
はしゃぎ過ぎて転んだりして・・・

あの頃お世話になったスタッフさんに会えたら、
ありがとうって言いたいです

と、インスタグラムにアップされています。

華原さんがインスタにアップされた1994年当時の華原さん。
(当時は、「遠峰ありさ」名義)

「天使のU・B・U・G」に出演

そして、この頃の華原さんは、
ご自身もインスタで明かされているように、

毎日のようにオーディションを受けるも、
落ちてばかりいたそうで、

カラオケ映像に出演するなど、
小さな仕事をコツコツとこなされており、

1994年には、まったく売れていない女性アイドルたちが、
様々なゲーム企画に挑戦するという、深夜のバラエティ番組、
「天使のU・B・U・G(うぶげ)」にもレギュラー出演し、
今田耕司さんと東野幸治さんが司会進行)

イケイケなキャラで、ひときわ存在感を放ち、
番組を盛り上げておられたのですが、

そんな華原さんに、番組のプロデューサーから、
音楽プロデューサーの小室哲哉さんが会いたがっている、
という話が舞い込みます。

「華原朋美と小室哲哉の馴れ初めは?I BELIEVEとI’m proudがミリオンセラーに!」に続く

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ