矢島愛弥の年齢は?身長は?大学は?ラップ?母親は渡辺美奈代!

Sponsored Link

2015年、高校3年生の時、ダンスヴォーカルユニット「And More」でデビューし、2017年には「Bounce Bounce」でラッパーソロデビューを果たされた、矢島愛弥(やじま まなや)さん。お母さんの渡辺美奈代さんとバラエティ番組でも数多く共演し、渡辺さんの溺愛ぶりと、矢島さんのマザコンぶりが大きな話題となっています。


年齢は?身長は?大学は?

矢島さんは、1997年7月22日生まれ、
東京都のご出身、

身長164センチ、
胸囲81センチ、
胴回72センチ、

血液型はO型、

中学・高校は、日出学園、
大学は、国士舘大学、

趣味は、
ラップ、音楽鑑賞、ファション、

特技は、
スポーツ全般、作詞、英語のリスニング、

お母さんは、
「おニャン子クラブ」でタレントの渡辺美奈代さん、

お父さんは、
元タレントで実業家の矢島昌樹さんです。

現役高校生ダンスユニット「And More」でデビュー

矢島さんは、小学生で、
ヒップホップに憧れてダンスを始められると、

小学6年生の時には、
お母さんの渡辺美奈代さんに憧れて、芸能界を志し、

2010年、13歳の時には、渡辺さん主演のミュージカル、
「トゥルー クリスマス~奇蹟のおまじないジングルジングラ~」
で初舞台を踏まれます。

(当初は、渡辺さんに芸能界入りを反対されていたそうですが、
 最終的には、渡辺さんが普通の高校生活を送れなかったことから、
 普通の高校生活を送ることを条件に許してもらったそうです。)

そして、高校生の時、同じくダンスをしていた、
同級生の大起(たいき)さんと、ダンスヴォーカルユニット、
「And More」を結成されると、

2015年9月(高校3年生の時)には、
渡辺さんのバースデーライブでダンサーとしてデビューされています。

(渡辺さんの意見がかなり入っているのか、
 ヒップホップというよりは、コテコテのアイドル路線)

ちなみに、矢島さんは、ライブ前に行われた会見で、

お母さんみたいなアイドルになりたい。
2020年の東京五輪の開会式で歌うのが夢なので、
あと4年でビッグになる。

と、語っておられます。

ラップ「Bounce Bounce!!」でソロデビュー

そして、その後も、楽曲のリリースやライブ活動など、
コツコツとお仕事を続けられると、

2017年7月には、かねてより憧れていたラッパーとして、
「Bounce Bounce!!」でソロデビュー。

ただ、渡辺さんは、息子のソロデビューが、
アイドルソングだと思っていたそうで、

ラップに拒否反応を示し、
しばらくは、ショックで立ち直れなかったそうですが、

矢島さんは、

ボクらしさを残したヒップホップの曲を作るということで、
母に理解してもらえた。今では応援してくれています。

と、明かされていました。

2世タレントとして、渡辺美奈代と親子共演

また、矢島さんは、2015年の、
「ライオンのごきげんよう」出演を皮切りに、

(左から)渡辺美奈代さん、小堺一機さん、矢島さん。

2016年8月「有吉ゼミ」
2017年8月「マルコポロリ」
     8月「ナカイの窓 うちの親ヘンですSP!」
     11月「1周回って知らない話」

「マルコポロリ」より。

と、お母さんの渡辺さんと度々バラエティ番組で親子共演されると、
渡辺さんの親バカぶりと、矢島さんのマザコンぶりをアピール。

2018年1月には、渡辺さんが出席されていた、
化粧品「Belle Soufleurir(ベル スフリール)」の新製品発表会にも、
スーツ姿でサプライズ登場され、

本当にうれしい。
僕と同世代の女の子とかが、
お母さんのSNSを見てまねをしている。

世代を越えて支持されるお母さんはすてきだなと思います。

これからも笑顔を絶やさず、
ずっとアイドルでい続けてほしいです。

と、おっしゃっていました。

(左から)みかんさん、矢島さん、渡辺美奈代さん。

さて、いかがでしたでしょうか?

2018年2月には、バラエティ番組「サンデー・ジャポン」で、
小学生の時からアルマーニの服を買ってもらっていた、
と明かされた矢島さんですが、

きれいで優しくお金持ちのお母さんから溺愛され、
なんとも羨ましい限りですね。

今は、まだ、「渡辺美奈代の息子」ですが、
今後は、「矢島愛弥の母はアイドルだった」
と紹介される時が来たらいいですね。

応援しています!!

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ