鳥肌実の現在は右翼?年齢は?本名は?愛車は霊柩車!出演ドラマ映画は?

Sponsored Link

「欲しがりません勝つまでは」「富国強兵」などと書かれた玉砕スーツに身を包み、軍国調の演説で放送禁止用語を連発して、若い世代を中心にカリスマ的な人気を誇った、鳥肌実(とりはだ みのる)さん。演説は過激するためテレビでは放映されませんが、樺太から尖閣諸島まで日本全国ツアーを展開するほどの人気を博しています。




本名は?出身は?年齢は?


鳥肌さんは、1964年生まれ、
兵庫県西宮市出身、

本名は、
田中実(たなか みのる)、

学歴は、
大阪学院大学卒業、

事務所は、
「ことり事務所」(個人事務所)、

過去には、
吉本興業に所属されていたことがあるそうです。


キャラクター設定上のプロフィール(「廃人演説」より)


年齢は42歳(万年厄年)、

出身地は樺太、

血液型はO型、

モッズ系猛禽類、

自称、鳥の調教師、

山崎パン高井戸工場勤務(サンドイッチ班・班長、ピクルス担当)で、
朝8時から翌朝の8時まで勤務するかたわら、
休憩時間にアムウェイの勧誘を欠かさず行っている、

パン工場のアメリカンフットボール部のキャプテン、

日本共産党員、

月に1度の休日には創価学会員と激しく殴り合う、

公団に在住、

好きなアーティストは、黒夢、

とのことです♪


少年時代はレベッカに憧れバンド結成?


鳥肌さんは、少年時代、
ロックバンド「レベッカ」の影響を受け、
ドラムとヴォーカルでバンドを結成されたそうで、
(鳥肌さんは、ヴォーカルを担当)

「レベッカ」
「フレンズ」という曲を、
コピーしたそうですが、

まったく音符が読めず、
リズムも音程も取れなかったことから、

練習の最中に、ドラムの人に、

「お前とはやってられないんだよ」

と、殴られ、音楽を断念されたそうです。

(ただ、どうしてもミュージシャンの夢が捨てきれず、
 1999年には、「鳥肌黙示録」でCDデビューされています。)


「鳥肌黙示録」

「オウム地下鉄サリン事件」がきっかけ?


やがて、鳥肌さんは、
サラリーマンになるのですが、

1994年、30歳の時に、
ピン芸人として活動をスタートすると、

当時は一人芝居に近いスタイルで、
数々のお笑いライブに出場。

1995年には、「オウム地下鉄サリン事件」で、
オウムの南青山総本部の前に集結した報道陣に対し、
カメラの目の前で、

お前らマスコミの腐れインケツウジ虫どもが!お願いします、
私を何とかテレビに出してください。

と言い、その場で「日の丸玉砕ダンス」を踊られます。

ただ、当然のごとく、鳥肌さんは機動隊に取り押さえられ、
一切オンエアされることはなかったそうで、

鳥肌さんは、その当時を振り返り、

その時に何とも言えない世の中に対するストレスを感じ、
やっぱりこれは訴えていかなければならないな、と決意した訳です。

しかし、正直訴えたいものが何もなかった。
せめてメッセージのない演説家として街頭に立つために、
国粋主義を全面に押し出し、

マイケル・ジャクソンの「ビート・イット」で踊るという、
スタイルが確立されていった訳です。

これが原宿の街で非常に注目を浴びました。

と、語っておられます。

右翼的ヴィジュアル&言動でカリスマ的な人気に


その後、鳥肌さんは、しばらくは、
「卒倒ライブ」という一人芝居をされていたようですが、

1999年には、日比谷野外音楽堂で、

今朝、わたくし、目を覚ましますと、
枕元に夏みかんが4つ置いてありました。

おやおや、もうそんな季節かと思い、
夏みかんを4つ食べ終えると、
思い切ってお布団の外に飛び出してみました。

42歳、厄年。

もっず系猛禽類。

自称、鳥の調教師。

フルーツ好きの日本共産党員でございます。

と、今ではおなじみの、演説方式の漫談、
「廃人演説」を披露されると、

「皇居に向って敬礼」
「欲しがりません勝つまでは」
「ニイタカヤマノボレ」

などの文字が刺繍された、通称「玉砕スーツ」を着用したビジュアルや、
右翼的な言動が、若い世代を中心にカリスマ的な人気となり、

2000年からは、「全国時局講演会」
と銘打ったライブで、全国ツアーを展開。

北は樺太から南は尖閣諸島に至るまで、日本全土168箇所で、
演説活動を行われています。

(ちなみに、放送禁止用語を連発する芸風のため、
 地上波のテレビ番組にはほとんど出演されていません。)



出演ドラマ映画


そんな鳥肌さんは、お笑いとしての活動と並行して、
俳優としても活動されています。

それではここで、
鳥肌さんの出演作品をご紹介しましょう。

映画では、

2000年「けものがれ、俺らの猿と」
2001年「美脚迷路」
2002年「浅草キッドの 浅草キッド」
2003年「魂のアソコ」


「けものがれ、俺らの猿と」より。鳥肌さんと永瀬正敏さん。

2004年「デビルマン」
2005年「タナカヒロシのすべて」
2006年「恋するイノセントマン」
2008年「GOTH」


「タナカヒロシのすべて」より。ユンソナさんと鳥肌さん。

2009年「白日夢」
2010年「名前のない女たち」
2011年「蜘蛛の糸」
2013年「冴え冴えてなほ滑稽な月」
2016年「少女椿」


「蜘蛛の糸」より。平幹二朗さんと鳥肌さん。

テレビドラマでは、

2002年「愛と青春の宝塚」
     「新・ズッコケ三人組」
     「私立探偵 濱マイク」
     「演技者。」

2006年「時効警察」
2012年「大河ドラマ大作戦」


「時効警察」より。鳥肌さんとオダギリジョーさん。

などに出演されています。


愛車は霊柩車?


ところで、鳥肌さんの愛車は、
なんと、霊柩車。

鳥肌さんは、ライブ中に、

「自家用車に霊柩車を買いました」

と、おっしゃっていたそうで、

自家用車として霊柩車を300万円で購入されたそうですが、
中古なため、アンモニア臭がするとのこと。



また、霊柩車のほかに、街宣車も、
自家用車として所有されているとのことですが、
相変わらず、ネタなのか本気なのか分かりませんでした。



現在は?


さて、全盛期は、痩せ型で狂気に満ちた顔立ちから、
「玉砕スーツ」がとても良く似合っていた鳥肌さんですが、

2010年頃から太り始めると、
「玉砕スーツ」も着れなくなってしまったようで、

2014年に肉体改造に取り組み、
鍛え抜かれたマッチョな肉体に変身するも、

体型も演説も全盛期には程遠く、
最近は、本当に右翼団体の世界に行ってしまったという話もあり、
ライブ活動も激減。(もともとはノンポリを公言されていました。)

いったい、鳥肌さんは、
どこへ向かおうとしているのでしょうか?

そんな鳥肌さんからは、
ある意味、目が離せません♪



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ