司葉子の若い頃は?息子の嫁は相田翔子!現在の年齢は?旦那は?実家は?

Sponsored Link

1954年にスカウトされて「君死に給うことなかれ」で映画デビューされると、清楚な魅力でたちまち人気を博し、東宝の看板女優として活躍された、司葉子(つかさ ようこ)さん。1966年には、映画「紀ノ川」で、「第40回キネマ旬報賞主演女優賞」受賞をされるほか、演技派女優としての地位も確立されました。




年齢は?身長は?本名は?実家は?


司さんは、1934年8月20日生まれ、
鳥取県西伯郡渡村(現・鳥取県境港市渡町)のご出身、

身長160センチ、

血液型はAB型、

学歴は、
共立女子短期大学家政科卒業、

本名は、
相澤 葉子(あいざわ ようこ)(旧姓:庄司)、

実家は、
因幡三郷士のひとつに数えられた名家だそうです。


専務秘書からモデルに


司さんは、1953年、
短期大学に進学するため上京されると、

翌年の1954年3月には卒業し、
大阪の「新日本放送」(現在の毎日放送)に入社。
総務課で専務秘書を務められていたのですが、

短大在学中より利用していた「ハリウッドビューティサロン」で、
オーナーで美容家のメイ牛山さんと知り合われると、
雑誌のモデルを頼まれ、「家庭よみうり」の表紙を飾られます。


「君死に給うことなかれ」で映画デビュー


すると、司さんは、東宝の映画監督、丸山誠治さんに見初められ、
主演女優だった有馬稲子さんが病気のため降板し企画が中断していた、
映画「君死に給うことなかれ」の代役として、
相手役の池部良さんと2人で、スカウトに来られたそうで、

ご家族の反対もあったことから、
この映画1本だけ、という約束で出演を承諾。

司さんは、1954年、「君死に給うことなかれ」で、
映画デビューを果たされたのでした。


「君死に給うことなかれ」より。
(左から)司さん、池部良さん、若山セツ子さん。


そして、司さんは、当初の予定どおり、
映画出演はこれ1本きりで、
女優を続ける意思はなかったのですが、

「もう1本だけ池部良の相手役をやってみないか」

と言われ、映画「不滅の熱球」(1955年)のシナリオを、
勧められて読むと、存外おもしろく、出演を承諾。


「不滅の熱球」より。司さんと池部良さん。

こうして司さんは、
あれよあれよと女優の道を歩むこととなり、

以降、清楚な良家の子女という、
素のキャラクターを活かした役を多く演じられ、
東宝の看板女優として活躍。

1969年には結婚され、お仕事はセーブされましたが、
その後もマイペースに女優活動を続けられています。

出演ドラマ映画


それでは、ここで、
司さんの出演作品をご紹介しましょう。

映画では、

1954年「君死に給うことなかれ」
1955年「天下泰平」
1956年「へそくり社長」
     「続へそくり社長」
     「はりきり社長」


1957年「忘却の花びら」
1958年「花の慕情」
1959年「すずかけの散歩道」
1960年「秋日和」
1961年「小早川家の秋 The End of Summer」


「小早川家の秋 The End of Summer」より。
原節子さんと司さん。


1962年「その場所に女ありて」
1963年「妻という名の女たち」
1964年「ただいま診察中」
1965年「裏階段」

1966年「紀ノ川」
1967年「乱れ雲」
1968年「連合艦隊司令長官 山本五十六」
1969年「新選組」


「乱れ雲」より。司さんと加山雄三さん。

1970年「日本一のヤクザ男」
1974年「ノストラダムスの大予言」
1977年「獄門島」
1978年「女王蜂」

1983年「生きてはみたけれど」
1986年「愛の陽炎」
1992年「勝利者たち」
2003年「福耳」


「福耳」より。(左から)高野志穂さん、宮藤官九郎さん、谷啓さん、
横山通乃さん、坂上二郎さん、司さん、宝田明さん。


テレビドラマでは、

1965年「細雪」
1967年「リツ子・その愛」
1971年 NHK大河ドラマ「春の坂道」
1972年「氷壁」

1973年「越前竹人形」
1974年「ちょっとしあわせ」
1978年「横溝正史シリーズII『仮面劇場』」
1979年「銭形平次」第670話


「横溝正史シリーズII『仮面劇場』」より。
司さんと古谷一行さん。


1980年「赤い魂」
1983年「大奥」
1986年「松本清張サスペンス・見送って」
1987年「盲目のピアニスト」

1989年「織田信長」
1991年「和宮様御留」
1993年「斜陽」
2011年 NHK連続テレビ小説「おひさま」


「おひさま」より。
(左から)若尾文子さん、黒柳徹子さん、司さん。


ほか、幅広いジャンルの作品に出演されており、

黒澤明監督、小津安二郎監督といった巨匠の作品のほか、
「社長シリーズ」などコミカルな作品にも出演されています。


旦那は?息子は?


そんな司さんは、1969年、当時、大蔵官僚だった、
相澤英之さん(政治家で弁護士)と結婚されているのですが、

実は、司さんは、相澤さんと交際中、
「夕刊フジ」「電撃結婚」とスクープされてしまい、

その時はまだ、親戚との話も固まっていなかったし、
結婚すると思っていなかったの。

それが、周囲からあおられ、新聞で抜かれ、
結局はどうにもならなくなってしまったんですよ(笑)。
ゴシップって、やはり売れるんでしょうね。

と、スクープの後押しで結婚されたことを
明かされています。


若かりし頃の司さんと相澤英之さん。

ちなみに、結婚後、官僚を退職されたご主人が、
司さんの故郷である鳥取から選挙に出られた際には、

この人(相澤さん)なら故郷の鳥取をよくしてくれる。

と、司さんは、一軒一軒、家を回られ、
頭を下げて握手をして歩くなど、選挙活動をサポート。

結果、ご主人は、
見事、当選を果たされています。

また、ご主人の相澤さんは、司さんとは再婚(前妻とは死別)で、
2人の男の子の連れ子がいらっしゃったのですが、

その後、司さんも男の子(現在医師の相澤宏光さん)
を出産されています。

息子の嫁は相田翔子


ところで、司さんを「相田翔子」で、
多くの方が検索されているようです。

というのも、元「Wink」で、
現在、タレント、女優としても活動されている相田さんは、

息子、宏光さんの奥さんなのです。


相澤宏光さんと相田翔子さん。

そして、驚くことに、
司さんは、お二人の結婚を新聞で知ったそうで、

司さんは、雑誌の対談で、

結婚したい人がいるとはなんとなく聞いていたけれど、
びっくりしたわよ。

こんなふうだと変だと思われるかもしれないけど、
ウチは放任主義というか、決断は本人任せなんです。

最初は主人が反対だったんですけど、自分の意思を貫きましたしね。
自分の意思で決めるのだろうと思ってました。

と、おっしゃっていました。

ちなみに、息子さんご夫婦は、2016年3月に、
司さんご夫婦の豪邸から歩いて5分ほどのところに、
新居を購入されているのですが、

その新居のリフォーム中は、仮住まいとして、
司さん宅に同居されていたとのことで、
嫁・姑の仲も良いようです。

また、かわいいお孫さんもいらっしゃるようで、
息子さんご一家が自宅の近くに住んでおられることは、
何よりも、うれしいことでしょうね。


司さんと相田翔子さんとお孫さんの3ショット♪

さて、いかがでしたでしょうか?

富、名声、地位、幸せなご家庭と、
すべてを手に入れられた司さんも、
すでに80代半ばですが、

それでも、現在も気品のある姿は、
まさに良家のお嬢様そのもの。

この年齢で、これだけ、
綺麗でいられるなんて素敵ですね~

まだまだ、現役のまま、
憧れの存在でいてもらいたいものです♪



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ