森光子の元旦那は?東山紀之との関係は?滝沢秀明とも?

Sponsored Link

89歳まで舞台に立ち、その後、入退院を繰り返すようになっても、女優復帰の意欲を持ち続けた、森光子(もり みつこ)さん。そんな彼女のプライベートはどのようなものだったのでしょうか?




「森光子の死因は?何歳で?時間ですよ!
80代でも舞台放浪記ででんぐり返し!」
からの続き

元旦那は?


森さんは、1947年、27歳のとき、
日系アメリカ人2世のアメリカ軍軍曹、
リチャード・ウエムラさんと結婚されるのですが、

結婚1週間後にウエムラさんが帰国すると、
森さんは、芸能活動への未練から、
渡米の約束をすっぽかし、そのまま離婚。

そして、その後はしばらく独身でしたが、
1959年、39歳のときに、ラジオドラマプロデューサーで演出家の、
岡本愛彦(おかもと よしひこ)さんと再婚されています。


岡本愛彦さん

お二人の馴初めや交際期間など詳しいことは、
分かりませんでしたが、

お二人は、森さんがNHK大阪放送局出演時の、
1952~1954年頃、仕事仲間だったそうで、

岡本さんが1957年にNHKを退社してラジオ東京に移籍すると、
(現・東京放送ホールディングス / TBSテレビ)

森さんも、1958年、菊田一夫さんにスカウトされて、
上京されているので、その時に再会して交際に発展し、
結婚に至ったのかもしれません。


離婚理由は?


森さんは、結婚後も仕事を続けられ、
結婚2年後の1961年には、舞台「放浪記」で、
女優人生初の主演を務めることになるのですが、


1961年「放浪記」初演より。浜木綿子さん(左)と森さん。

1962年に「放浪記」初演を務めあげると、
ますます仕事にのめり込むようになってしまい、
そのことが夫婦の亀裂を生み、1963年には離婚。

森さんは、1963年、週刊誌のインタビューで、

いつでも、ぎりぎり決着の逃げ場のないところで、
体をぶつけて、私は生きてきました。

俳優という退職金も失業保険もない職業のみじめさを、
私は自分自身の体に刻んでいるのです。
だからお仕事を断るなんてぜいたくなことはできない。

岡本は私を責めました。
「君は仕事に殺される」「仕事を半分に減らせ」
「夫の忠告がなぜ聞けないのか!」
私を思っての言葉であることは、わかっていました。
でも、それを受け入れることはできませんでした。

と、明かされています。

また、森さんは、

私は、妻の座についていたかった。今でも岡本を愛しています。
許してくれるなら、謝りもしましょう。

現に、彼の前に手をついて、
「別れないでください」と泣いて頼んだこともありました。
でも、結局、破局でした。

2人の間には、永久に交わることのない、平行線があったのです。
一つだけはっきりしているのは、もう二度と結婚しない。
これからは役者ひと筋に生きていくということ。

とも、おっしゃっているのですが、

森さんは、その言葉どおり、岡本さんと離婚後は、
生涯、独身を貫かれたのでした。

東山紀之との関係は?滝沢秀明とも?


ところで、森さんといえば、
少年隊の東山紀之さんとの交流が有名ですが、
実際、お二人はどのような関係だったのでしょうか?

実は、森さんは、1986年、
「NHK紅白歌合戦」で審査員を務められた際、
初登場だった「少年隊」の東山さんに向かって、

私はあなたのファンなんです。踊りが大好きなんです。

と、舞台袖から叫ばれたそうで、

そのことがきっかけとなり、
お二人の交流が始まったそうです。


東山紀之さんと森さん♪

その後、東山さんは、多い時には、
週に4回くらいの頻度で森さんの自宅に通い、

一晩泊まって朝に帰っていく、
という姿が近所の人に目撃されるようになると、

お二人はお互い、「友達以上、恋人未満」を宣言して、
メディアでも仲睦まじい姿を見せるようになり、
男女の関係がうわさされるようになったのでした。

実際、本当にお二人が男女の仲だったのかは謎ですが、
2005年に、東山さんと内山理名さんの交際が明らかになった際の、
森さんの落ち込みは、相当なものだったそうで、

さらに、2010年に、
東山さんが木村佳乃さんと結婚された際には、

私の舞台をいつも見にいらして下さる、勉強熱心な女優さんです。
そして、とても素敵な女性です。

今日からは佳乃さんとお二人で、
ずっとずっと「孝行」して下さるそうです。
ちょっぴり花婿の母の気分です。 

元祖 友達以上、恋人未満の森光子より

と、ユーモアを交えつつも、
寂しさをにじませるコメントを発表され、

諦めきれなかったのか、なんと、
東山さんご夫婦が住むマンションの近所に引っ越しされ、
頻繁に東山さんの部屋を訪れられているので、

森さんの東山さんへの想いは、
相当なものだったようです。

ただ、さすがに、木村さんの妊娠がわかると、
これ以上は邪魔できないと思われたのか、元の自宅に戻られ、

その後は、その寂しい気持ちを埋めるためか、
滝沢秀明さんと舞台で共演されたり、滝沢さんが森さんの自宅に通うなど、
滝沢さんとの仲睦まじい姿が目撃されていたのですが、

遺言状には、

「遺産の一部を東山さんに譲る」

と記されていたとも言われており、

森さんにとって、東山さんは、
やはり、特別な人だったのでしょうね。

さて、いかがでしたでしょうか?

女優業一筋で来られ、結婚と子どもを諦めた森さんでしたが、
やはり、子どもを持つことには未練があったようで、

「日本のお母さん」「ジャニーズのお母さん」とも呼ばれたのは、
その想いを周囲に注ぎ続けられた結果なのかしれませんね。

森さんのご冥福をお祈りいたします。



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ