橋本さとしはハーフ?本名は?身長は?若い頃は?出演ドラマ映画ミュージカルは?

Sponsored Link

高校時代、文化際でのお芝居「走れメロス」の主演に抜擢され、お芝居の楽しさに目覚められた、橋本さとし(はしもと さとし)さん。その後、大学在学中に「劇団☆新感線」と出会うと、数々の公演に出演され、絶大な人気を誇りました。




ハーフ?年齢は?身長は?本名は?


橋本さんは、1966年4月26日生まれ、
大阪府枚方市のご出身、

身長184センチ、
体重77キロ、

足のサイズは27センチ、

血液型はO型、

本名は、
橋本 哲(読み同じ)、

学歴は、
大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科卒業、

趣味は、スキー、

特技は、手品、バルーンアート、火吹き、

ちなみに、橋本さんは、
ハーフのような顔立ちですが、
生粋の日本人です。


アメリカのロックバンド「KISS」に憧れた少年時代


橋本さんは、小学校5年生の時、
アメリカのロックバンド「KISS」に憧れ、

見よう見まねで自分の顔に絵の具でペイントしたり、
メンバーのように胸毛を生やそうと、
毎日カミソリで剃ってみたりしたそうで、
(剃ると濃くなると聞いたことから)

中学時代には、公園で火を吹く練習までされるなど、
かなり傾倒されていたそうです。


「KISS」

「KISS」はコープス・ペイントと呼ばれる白塗りの化粧と、
 奇抜な衣装が特徴で、メンバーのジーン・シモンズが、
 ステージ上で火吹きや吐血などのパフォーマンスをし、
 人気を博していました。)


文化祭の劇「走れメロス」で主演に抜擢され俳優に目覚める


そして、高校生になると、ロックミュージシャンを目指し、
バンド活動に勤しまれるのですが、

文化祭の時、クラスで太宰治の「走れメロス」を、
戯曲化した作品を上演することになると、

台本の挿し絵に印刷されていた、
疾走しているメロスのイラストの風貌が、

橋本さんに似ているという理由で、
橋本さんが主役のメロスを演じることになり、

演劇には全く興味がなかったもののメロス役を引き受けると、
まるでメロスに憑依(ひょうい)されたかのように、
すっかり役に入り込んでしまい、演じ終えた時には、
こともあろうか大泣き。

橋本さんは、そんな自分自身に、
とても驚かれたのでした。


「劇団☆新感線」で活躍、退団


こうして演劇に目覚められた橋本さんは、
大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科に進学し、
演劇活動を始められるのですが、

大学のカリキュラムにあった正統派な演劇が性に合わず、
物足りなさを感じておられたところ、

演劇・笑い・ロックが融合した「劇団☆新感線」と出会い、

「これや!僕の好きなものが凝縮されてる!」

と、衝撃を受けたそうで、

1987年、「劇団☆新感線」プロデュース作品の、
「鸚鶴とカナリア」に参加。

そして、大学卒業後の1989年には、
「劇団☆新感線」に正式に入団し、

同年、「宇宙防衛軍ヒデマロ4~逆襲のビリィ」公演で、
デビューされると、

その後は、数多くの公演に参加。

1995年「ゴローにおまかせ3~後ろから前から」
1996年「BEAST IS RED~野獣郎見参」

では主役を務め、絶大な人気を博したのでした。

そして、「劇団☆新感線」内のヘヴィ・メタルユニット
「orochi ロックショー」では、
オロチ一族次男「タカオウ」としてサブ・ボーカル、

「orochi-GTR」ではメイン・ボーカルを務められるなど、
ミュージシャンとしても活躍されるのですが、

1997年「直撃!ドラゴンロック~轟天~」公演を最後に、
「劇団☆新感線」を退団されています。

退団理由は?


その気になる退団理由ですが、

橋本さんは、2017年に、ラジオ番組、
「デーモン閣下のオールナイトニッポンPremium」に出演された際、

デーモン小暮さんとの対談の中で、

劇団☆新感線、ちょうど僕が出て(退団して)から、
色んな芸能人の方とかゲストで出るようになられて、
どんどん大きくなって。

ぶっちゃけ、僕が居た頃っていうのは、
劇団からギャラっていうのは出てなかったんです。

弁当だけが僕たちの楽しみだったんですけど。
僕が辞めた次の公演からギャラが出だして。
これ完全に、パチンコ台でハイエナされた気分でしたね。

出ないなって思って、どいた瞬間に出されたみたいな。
ショックを受けましたけどね。

と、在籍中、ギャラが出なかったことを明かされていることから、
金銭的な問題が退団理由だったのかもしれません。

出演ドラマ映画ミュージカル


それではここで、橋本さんの、
出演作品の一部をご紹介しましょう。

「劇団☆新感線」の舞台では、

1989年「宇宙防衛軍ヒデマロ4~逆襲のビリィ」
     「スサノオ~神の剣の物語」

1990年「ボッキーホラーショー~HOUSE OF FOOLIN’」
     「髑髏城の七人」

1991年「アトミック番外地」
     「仮名絵本西遊記」

1992年「銀河一発伝説 ゴローにおまかせ」
     「劇団☆新感線一座興行 浪花女漫才師哀歌~てるみ&うぐいす」
     「オロチロックショウ」



「ボッキーホラーショー~HOUSE OF FOOLIN’」

1993年「ribbon+新感線『TIMESLIP黄金丸』
     「地獄の軍団 ゴローにおまかせ2」
     「オロチロックショー~ライブハウスだよ!!全員集合」

1994年「秋味・古田新太之丞東海道五十三次地獄旅 ~ハヤシもあるでヨ!」
     「スサノオ~武流転生~」
     「オロチロックショー~ブーメラン」
     「HE HOUSE OF BOCKY HORROR ROCKN’ROLL CIRCUS」



「スサノオ~武流転生~」

1995年「ゴローにおまかせ3~後ろから前から」
     「星の忍者」
     「OROCHI ROCK SHOW GTR」

1996年「BEAST IS RED~野獣郎見参」
     「オロチGTR~最後の疾り~」

1997年「直撃!ドラゴンロック~轟天」


「直撃!ドラゴンロック~轟天」

その他の舞台では、

1995年「ロッキーホラーショウ」(ミュージカル)
1996年「狸」(ミュージカル)
1996~1997年「ROCK TO THE FUTURE」
1999年「検察側の証人」

2000年「滅びかけた人類、その愛の本質とは・・・」
2001年「ハムレット」
2001~2002年「くるみ割り人形」
2003年「シンデレラストーリー」
     「天使は瞳を閉じて」
(ミュージカル)


「天使は瞳を閉じて」より。
(左から)辺見えみりさん、橋本さん、純名りささん、佐藤アツヒロさん。


2004年「LYNX」
     「ミス・サイゴン」
(ミュージカル)
2005年「Proof of Brightness~輝きのあかし~」
2006年「ベガーズオペラ」(ミュージカル)
     「噂の男」
     「トーチソング・トリロジー」


2007年「ひばり」
     「レ・ミゼラブル」
(ミュージカル)
2008年「ベガーズオペラ」(ミュージカル)
2009年「ジェーン・エア」(ミュージカル)
2010年「戯伝 写楽」
     「W~ダブル~」
     「タンゴ-TANGO-」



「戯伝 写楽」より。橋本さんと大和悠河さん。

2011年「時計じかけのオレンジ」
     「三銃士 THE THREE MUSKETEERS」
(ミュージカル)
     「ニューヨークに行きたい!!」(ミュージカル)
2012年「ロミオ&ジュリエット」
2013年「二都物語」(ミュージカル)
2014年「シャーロックホームズ~アンダーソン家の秘密」(ミュージカル)
     「アダムス・ファミリー」(ミュージカル)
     「VAMP~ローラ・モンテス 魔性のダンサー~」
     「オーシャンズ11」
(ミュージカル)

2015年「十二夜」
     「シャーロック ホームズ2 ~ブラッディ・ゲーム~」
(ミュージカル)
     「NINAGAWA・マクベス」
2016年「cube三銃士 Mon STARS Concert ~Returns~」
     「8月の家族たち August: Osage Country」
     「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」
(ミュージカル)
     「MURDER BALLAD」(ミュージカル)
2017年「お気に召すまま」


「お気に召すまま」より。橋本さん(左)と柚希礼音さん(右)。

テレビドラマでは、

1990年「恋のパラダイス」
1993年「誰にも言えない」
1994年「29歳のクリスマス」
1995年「王様のレストラン」
1997年「D×D」最終話

1998年「みにくいアヒルの子 涙の卒業スペシャル」
1999年「科捜研の女」
2000年「トリック」
2001年「救命病棟24時」
2002年「ツーハンマン」

2003年「ダイヤモンドガール」
2004年「金田一耕助シリーズ『白蝋の死美人』」
2005年「富豪刑事」
2006年「名奉行! 大岡越前」
2007年「モップガール」第5話


「富豪刑事」より。(左から)佐藤二朗さん、
橋本さん、深田恭子さん、濱本康輔さん。


2008年「パズル」
2009年「名探偵の掟」
2010年「秘密」
2011年「幸せになろうよ」
2012年 NHK大河ドラマ「平清盛」

2013年「ラストシンデレラ」
2014年「桜ほうさら」
2015年「相棒 Season14」
2016年「グッドパートナー 無敵の弁護士」
2017年「精霊の守り人II 悲しき破壊神」


「精霊の守り人II 悲しき破壊神」より。
ディーンフジオカさんと橋本さん。


映画では、

1994年「極道の妻たち」
1997年「金田一少年の事件簿・上海魚人伝説」
1998年「ジューンブライド 6月19日の花嫁」
1999年「SCORE2 THE BIG FIGHT」
2000年「ホワイトアウト」

2001年「大河の一滴」
2005年「東京ゾンビ」
2006年「バックダンサーズ!」
2007年「ゲゲゲの鬼太郎」
     「舞妓Haaaan!!!」

2010年「ゴースト もういちど抱きしめたい」
2014年「黒執事」
2015,2016年「暗殺教室」


「ゴースト もういちど抱きしめたい」より。
(左から)橋本さん、鈴木砂羽さん、松嶋菜々子さん。


など、話題作に数多く出演されています。

さて、「劇団☆新感線」退団直後にギャラが出始めたことに、
ショックを受けたと明かされた橋本さんですが、

2015年には、「劇団☆新感線」の35周年記念音楽祭、
「新感線MMF」に参加されており、

「劇団☆新感線」側もまた、橋本さんを、
みすみす退団させてしまったことを後悔されたのかもしれませんね。

他の舞台やテレビドラマ・映画を経験して、
さらにパワーアップした橋本さんの「劇団☆新感線」での舞台、

是非、ご覧になってはいかがでしょう♪



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ