戸田菜穂の若い頃は?現在の年齢は?出演ドラマ映画は?

Sponsored Link

1990年、高校2年生の時に「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得し芸能界入りされた、戸田菜穂(とだ なほ)さん。1993年には、NHK朝の連続テレビ小説「ええにょぼ」でヒロインに抜擢されると、ドラマが大ヒットし、一躍お茶の間の人気者に。以降、数多くの作品に出演されています。




年齢は?身長は?本名は?


戸田さんは、1974年3月13日生まれ、
広島県広島市のご出身、

身長165センチ、

血液型はA型、

学歴は、
玉川大学文学部外国語学科卒業(フランス語専攻)、

趣味・特技は、
俳句、小唄、三味線、映画鑑賞、
読書、音楽鑑賞、テニス、

ちなみに、
戸田菜穂は本名です。


「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリ


戸田さんは、幼い頃から、
感性や芸術を大切にするお母さんに、

美術館、映画館、コンサートなどに、
連れて行ってもらっていたそうで、
次第に女優へのあこがれが芽生え始め、

1990年、高校2年生の時、
「第15回ホリプロタレントスカウトキャラバン」
に応募されると、応募者32526名の中から、
グランプリを獲得。



翌年の1991年には、
「五月の風・ひとりひとりの二人」で、
テレビドラマデビューされると、

同年には、早くも、
林真理子さん原作の同名小説のテレビドラマ、
「葡萄が目にしみる」で主演に抜擢され、

ブサイクで劣等感のかたまりの少女、乃里子役を演じられると、
新人とは思えない演技力でたちまち注目の的に。


「葡萄が目にしみる」より。戸田さんと萩原聖人さん。

その後も、

1991年「イブは初恋のように」
1992年「熱い胸さわぎ 第1章 Bye Bye My Love」
     「さよならをもう一度」
     「悲しいほどお天気」
     「柴門ふみセレクション『少女以上・少年未満』」



「さよならをもう一度」より。戸田さんと石田純一さん。

と、順調にテレビドラマに出演されると、

1993年には、NHK朝の連続テレビ小説「ええにょぼ」で、
ヒロインの宇佐美悠希役に抜擢。


「ええにょぼ」より。
(左から)柴田恭兵さん、戸田さん、和田アキ子さん。


このドラマは、神戸の医大を卒業し研修医となったヒロインが、
遠距離婚をしている夫との関係や嫁姑問題を乗り越えて、
医師として成長していく姿を描いているのですが、

平均視聴率35.2%、最高視聴率44.5%、
という大ヒットを記録。

これに伴い、戸田さんも、
一躍、お茶の間の人気者となられたのでした。


出演ドラマ映画


以降、数多くのテレビドラマや映画に、
出演されている戸田さん。

その他の出演作品もご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

1994年「スチュワーデスの恋人」
1995年「人生は上々だ」
1996年「言うなかれ、君よ、別れを」
1997年「こんな恋のはなし」
1998年「ショムニ」


「スチュワーデスの恋人」より。戸田さんと宅麻伸さん。

1999年「古畑任三郎」
2000年「きらきらひかる スペシャル3」
2001年「Love Story」
2002年「フレンズ」
2003年「あなたの隣に誰かいる」

2004年「離婚弁護士」
2005年「anego[アネゴ]」
2006年「14才の母」
2007年「失踪HOLIDAY」
2008年「ハチワンダイバー」


「離婚弁護士」より。
(左から)戸田さん、玉山鉄二さん、天海祐希さん。


2009年「椿山課長の七日間」
2010年「逃亡弁護士」
2011年「ヤング ブラック・ジャック」
2012年「Piece」
2013年「ちびまる子ちゃん」


「逃亡弁護士」より。戸田さんと上地雄輔さん。

2014年「軍師官兵衛」
2015年「ランチのアッコちゃん」
2016年「京都人の密かな愉しみ」
2017年「ドクターX~外科医・大門未知子~」
2018年「アンナチュラル」


「アンナチュラル」より。戸田さんと石原さとみさん。

映画では、

1994年「夏の庭 The Friends」
1995年「君を忘れない」
1996年「(ハル)」
1998年「プライド・運命の瞬間」
2001年「真夜中まで」

2003年「女はバス停で服を着替えた」
2004年「死に花」
2005年「8月のクリスマス」
2006年「間宮兄弟」
2007年「俺は、君のためにこそ死ににいく」


「俺は、君のためにこそ死ににいく」より。
戸田さんと筒井道隆さん。


2008年「砂時計」
2009年「泣きたいときのクスリ」
2010年「きな子~見習い警察犬の物語~」
2011年「犬とあなたの物語 いぬのえいが」
2017年「ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女」


「泣きたいときのクスリ」より。(左から)袴田吉彦さん、
戸田さん、大東俊介さん、佐津川愛美さん、北浦愛さん。


と、数多くの話題作に出演されています。

特に、1998年に出演されたテレビドラマ「ショムニ」では、
ショムニのメンバーと敵対する秘書課のリーダー杉田美園役を、
嫌味っぽくもコミカルに演じ、シリーズの人気に貢献。


「ショムニ」より。(左から)櫻井淳子さん、
高橋由美子さん、江角マキコさん、戸田恵子さん、戸田菜穂さん。


2003年には、過去に不倫関係にあった男女の、
再会とその愛の行方を描いた、「女がバス停で服を着替えた」で、
映画初主演を果たされているのですが、

この作品では、官能的な演技で新境地を開拓されており、
以降の映画、「間宮兄弟」「俺は、君のためにこそ死ににいく」
「砂時計」
でも、何気ない仕草の中にかすかな色気を匂わせるなど、
新たな存在感を発揮されています。


「女がバス停で服を着替えた」より。遠藤憲一さんと戸田さん。

さて、いかがでしたでしょうか?

2017年には、韓国映画「ラスト・プリンセス-大韓帝国最後の皇女-」に、
日本人としてただひとり出演され、メガホンを取ったホ・ジノ監督に、

まずはとてもお美しいということ。
優しい人柄も李方子を演じるという点にはぴったり。

日本人キャストひとりきりという状態でも、
みごとに現場に適応して、他のキャストから愛されていましたね。
一緒にマッコリを飲んだことも。

と、言わしめた戸田さんですが、

まさか、戸田さんが、17歳のとき、
ブサイクで劣等感のかたまりの少女の役をやっていたなんて、
今では誰も想像できないでしょう。

これからも、美人バイプレイヤーとして、
作品を盛り上げてほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ