園子温の監督映画作品は?愛のむきだしで満島ひかりに!

Sponsored Link

1984年、大学の映画制作グループで8ミリ映画を制作するようになった、園子温(その しおん)さんは、早くも、1986年には「俺は園子温だ!」「ぴあフィルムフェスティバル」に入選、1987年には「男の花道」がグランプリと頭角を現し、1988年に一般公開された16ミリ映画「自転車吐息」「ベルリン映画祭」で上演されるなど、海外でも高い評価を得ます。また、その後も、「自殺サークル」「愛のむきだし」など、問題作を世に出し続けられています。




「園子温の本名は?昔は詩人?家出で偽装夫婦生活!
宗教団体にも入ってた?」
からの続き

自主制作映画で頭角を現す


こうして、宗教団体からなんとか脱出した園さんは、
1984年に法政大学に入学して映画制作グループに入ると、
8ミリ映画を手がけられるようになるのですが、

1986年には、早くも、自作自演の「俺は園子温だ!」が、
「ぴあフィルムフェスティバル」に入選、


「俺は園子温だ!」より。23歳の園さん。

1987年には、「男の花道」が、
同フェスティバルでグランプリを受賞と、頭角を現し、


「男の花道」より。

1988年には、ついに、ぴあの支援(PFFスカラシップ)
を得て制作された16ミリ映画「自転車吐息」が一般公開。



ちなみに、この「自転車吐息」は、
園さんの自叙伝「非道に生きる」によると、

園さんがこれまで自主配給していた作品で、
様々なゲリラ的な宣伝をされたそうで、

映画に箔をつけたいと思って、チラシの上に、
「ペルリン国際映画祭招待作品」と重ね刷りしました。

写真に紛れる感じで、よーく見れば、
「ベ」じゃなくて「ペ」であることが分かる。
「ペルリン国際映画祭」というのは僕の自宅でやっている映画祭なので、
嘘をついているわけではありませんよ(笑)。

と明かされていました♪

(そして、この作品は、後に本当に「ベルリン映画祭正式招待」
 をはじめ、多数の海外映画祭で上演されたのでした!)


非道に生きる (ideaink 〈アイデアインク〉)

「自殺サークル」で脚光


その後も、園さんは、

1993年「部屋 THE ROOM」
1995年「BAD FILM」(※当時未完、2012年完成)
1997年「桂子ですけど」
1998年「男痕 -THE MAN-」


「部屋 THE ROOM」より。麿赤兒さんと洞口依子さん。

1999年「0cm4(パリ・コレバージョン)」
1999年「うつしみ」
2001年「風」
     「自殺サークル」



園子温 短編作品集

など、一貫して自我を投影する、
自主制作的な作品を次々と発表されると、

2001年に発表された、
集団自殺事件とカルト集団を扱った「自殺サークル」が、

その衝撃的なストーリーで物議を醸し、
新宿武蔵野館において、過去最高の観客動員数を記録するヒット。


「自殺サークル」より。
(左から)麿赤兒さん、石橋凌さん、永瀬正敏さん。


その人気は日本だけにとどまらず、
「カナダファンタ映画祭(ファンタジア2003)」でも、
観客投票第1位を獲得して「観客賞」を受賞するなど、
海外の映画祭でも高い評価を得たのでした。


「愛のむきだし」


以降、園さんの自我を追求する姿勢は、
商業作品に投影されることとなり、

2004年「大人になったら」
2005年「夢の中へ」
     「奇妙なサーカス」


「夢の中へ」より。田中哲司さんと市川実和子さん。

2006年「紀子の食卓」
     「HAZARD」
     「気球クラブ、その後」
2007年「エクステ」


園子温 監督初期作品集 DVD-BOX(SION SONO EARLY WORKS: BEFORE SUICIDE)

と、立て続けに作品を発表されると、

2009年には、カルト教団、盗撮、暴力、変態行為などを扱った、
「愛のむきだし」「第59回ベルリン映画祭」で、
「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」を受賞、

国内でも、「第64回毎日映画コンクール監督賞」ほか、
映画雑誌「映画芸術」の批評家による、
「2009年度ベストテン」で第1位を獲得するなど、
国内外問わず、高い評価を受けます。


「愛のむきだし」より。西島隆弘さんと満島ひかりさん。

ちなみに、この作品は、
盗撮界のカリスマとして崇められていた園さんの友人が、
新興宗教にはまってしまった妹を教団から力ずくで奪い返す、
という実話をベースに制作されたものなのですが、

上映時間は、なんと、
237分(約4時間)という超大作で、

園さんは、これほど長くなった理由について、

最初はその友達の変態ぶりだけを描くつもりだった。
それでも面白いんだけど、もう少し間口を広げたいなと。

実際にそいつが宗教団体から妹を奪還する時に、
「こっちの世界に戻って来い!」と説得したんだけど、
そのセリフがこの話の一番おもしろい所で、
友達の変態性はそのきっかけにすぎない。

だから、主人公の設定はかなり違うものにしたし、
盗撮以外にも、聖と俗、SEXと禁欲、キリストと新興宗教など、
いろいろな要素を付け加えていったら、
結局あれだけ長いものになってしまった。

と、おっしゃっていました。

満島ひかり


また、この作品では、アイドルから女優に転身し、
まだ無名だった満島ひかりさんが、
ヒロイン、ヨーコ役を演じられているのですが、

撮影中、園さんは、

お前役者だろ?
人を感動させろよ馬鹿。

などと、何度も満島さんを罵倒したそうで、
現場はとても険悪な雰囲気だったとか。

それに対し、園さんは、和気あいあいとした現場で、
いい作品が生まれるとは思わないと、

監督は役者から嫌われても構わない。
逆にそれは役者に対する愛だと考えています。

現場がただの楽しいピクニックで終わるか、険悪で最悪な現場でも、
それで役者が賞をもらってステップアップしてくれた方が、
監督としてはいいじゃないですか。

と、語っておられるのですが、

実際、満島さんは、
「第83回キネマ旬報ベスト・テン」で助演女優賞、
「スポニチグランプリ」で新人賞を受賞されており、

(主人公を演じられた西島隆弘さんも、
「第83回キネマ旬報ベスト・テン」で新人男優賞、
「スポニチグランプリ」で新人賞を受賞されています。)

園さんの厳しい演技指導は、
満島さんの魅力を最大限に開花させたのでした。

こうして、ますます、
映画監督としての評価を高めた園さんは、

その後も、

2009年「ちゃんと伝える」
2011年「冷たい熱帯魚」
2011年「恋の罪」
2012年「ヒミズ」
     「希望の国」 


「ヒミズ」より。二階堂ふみさんと染谷将太さん。

2013年「地獄でなぜ悪い」
2014年「TOKYO TRIBE」
2015年「新宿スワン」
     「ラブ&ピース」
     「リアル鬼ごっこ」
     「映画 みんな! エスパーだよ!」


「地獄でなぜ悪い」より。星野源さんと二階堂ふみさん。

2016年「MADLY」
     「ひそひそ星」
2017年「新宿スワンII」
     「アンチポルノ」
2018年「クソ野郎と美しき世界『ピアニストを撃つな!』」


「クソ野郎と美しき世界『ピアニストを撃つな!』」の囲み取材会より。
(左から)園監督、浅野忠信さん、稲垣吾郎さん、満島真之介さん、馬場ふみかさん。


と、現在に至るまで、
問題作・衝撃作を制作し続けておられます。

さて、いかがでしたでしょうか?

実は、自身の作った映画を、

「こんなの映画じゃない!」

と批判されることが、
逆に、最大のエネルギーだと語る園さん。

園さんは、とにかく、
「映画的」なものや「映画文法的なもの」を、
ぶっ壊してしまえとおっしゃっており、

既成の概念にとらわれない自由な発想が、
人々を虜にし衝撃を与え続けるのでしょうね。

今後も、園さんの創り出す、
唯一無二の映画に注目です!!



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ