音月桂!舞羽美海との仲は?宝塚退団はなぜ?退団後はテレビ?彼氏は?

Sponsored Link

宝塚歌劇団の元雪組で、男役のトップスターだった音月桂(おとづき けい)さん。大ヒットドラマ 「ディア・シスター」 のゲスト出演で、麻生貴子役を演じられていたので、記憶されている方も多いのではないでしょうか。




そんな、音月さんの、
ちょっと気になるうわさについて調べてみました!

舞羽美海との仲は?


音月さんと、舞羽美海(まいはね みみ)さんは、
雪組時代のトップコンビでした。

2011年、舞羽さんは、
男役トップスターだった音月さんの相手役として、
正式に就任したようです。



それまでも、音月さんの恋人役を、
演じられていたようなので、
ヴィジュアル的にも、息もぴったりだったのでしょうね。

そして、2012年12月24日、
音月さんは宝塚を退団しているのですが、

舞羽さんも同時に退団しており、
ラストステージも、
お二人はコンビで熱演されたとのこと。

お二人の仲が特別にいいかどうか、
というのは分かりませんでしたが、

長い間、コンビを組まれていましたし、
同時に退団されていることに加え、
とても仲が良さそうに写っている写真がありましたので、

仲は良かったのではないでしょうか。
(仲良さそうなのは、パートナー役だから当たり前か・・・(^_^;))




宝塚退団はなぜ?


華やかな容姿で、ダンスも歌もうまく、
3拍子揃ったトップスターが、
なぜ退団を決意されたのでしょうか?
誰もが疑問に思うかもしれません。

はっきりしたことは分かりませんが、
トップスターになったとはいえ、
作品に恵まれなかったりと、決して順調ではなかったようで、

いろいろな事情でか、
無理やり辞めさせれたのでは?
と言われています。

音月さん自身は、もっと宝塚で頑張りたかったのでは?
とも言われているようです。

ご本人の実力だけでは、どうにもならない、
いろいろな事情が働いているようです。

ある意味で厳しい世界ですね。


退団後はテレビ?


さて、宝塚を退団した音月さんですが、
活動の場をテレビへと移していきます。

私も早く自分らしさを見つけたい。
女性らしい役も早く経験したいので、
恋愛色の強い作品もやりたいですね。

今までファンの方をキュンとさせる側だったので、
自分がキュンとなるような真逆な役がしてみたいなあ

と、クールでかっこいい印象の音月さんですが、
女性らしい本音を語っておられます。

しかし、男役が板についており、
ついつい大股で歩いてしまい、
その癖を抜くのが大変だとか!

男役の方は、実生活でも、
男っぽく生活されているのかもしれませんね。

スカートをはいた役にも、
そろそろ慣れられたでしょうか?

ドラマの他に、バラエティにも出演されているようで、
どんどん新しい世界へ、活動の場を広げられています!

彼氏は?


さて、音月さんの気になるプライベートですが、
彼はいるのでしょうか?

残念ながら、今のところ、
そのような報道はないようです。
退団の時も、結婚の予定を否定されていました。

「宝塚の男役の方は、結婚しにくい」

というジンクスがあるようですが、
それは、強いプロ意識の表れかもしれません。

先程も触れましたが、
女性でありながら大股開きで歩くなど、
相当意識しないと、男役はこなせないからです。

でも、そう言っている間に、
本来の女性らしさを取り戻された音月さんの、
熱愛報道が聞ける日も近いかもしれません。



最難関と言われる、宝塚音楽学校に入学し、
その選ばれた人たちの中で、さらに競争に勝ち抜き、
男役のトップスターまで登りつめた音月さん。

同じお芝居とはいえ、
宝塚の舞台とテレビの世界では違うとは思いますが、
新たな音月さんの魅力が発見できそうで、
わくわくしますね。

例えば、恋する女性の役を演じる音月さんを見るのも、
新鮮で楽しみです。

これからも、女優として、
宝塚時代に負けないくらい、がんばってほしいですね!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ