田中邦衛の年齢は?若い頃は青大将?北の国からほか出演ドラマ映画は?

Sponsored Link

1957年に「純愛物語」で映画デビューされると、1961年「大学の若大将」や、1965年「若者たち」で、一躍人気を博した、田中邦衛(たなか くにえ)さん。1981年には、テレビドラマ「北の国から」で厳しさと温かさの両面を持つ父親、黒板五郎役を演じられると、ドラマは2002年までシリーズ化されるほどのロングヒットとなり、田中さんは、すっかり国民的人気俳優となられたのでした。


年齢は?出身は?身長は?本名は?

田中さんは、1932年11月23日生まれ、
岐阜県土岐郡土岐津町のご出身、

身長167センチ、

血液型はO型、

学歴は、
麗澤短期大学英語科卒業、

ちなみに、
田中邦衛は本名です。

「俳優座養成所」の7期生に合格

田中さんは、少年時代、
成績も素行も良くなかったことから、

中学校卒業後は、お父さんの命で、
千葉県にある、全寮制の「麗澤高等学校」に入り、

その後、「麗沢短期大学」に進学されると、
短大在学中には芝居に夢中に。

それで、「俳優座」養成所の試験を受けられるのですが、
2年連続で不合格になってしまい、

1954年に短大を卒業されると、実家に戻り、
中学校の代用教員となられます。

しかし、やはり諦めきれなかったのか、1955年に、
再々度、「俳優座」養成所の試験にチャレンジすると合格。

田中さんは、「俳優座」養成所7期生として、
ようやく、俳優としての第一歩を歩み始めたのでした。

(ちなみに、3度目の受験の際には、試験官だった女優の東山千栄子さんから、
 「あなた、またいらしたの」と言われたそうです。)

青大将で脚光

こうして、「俳優座」養成所で演技を学ばれた田中さんは、
1957年には「純愛物語」で映画デビューされ、

1958年には「俳優座」座員に昇格し、
「幽霊はここにいる」(安部公房・作)で、
新人ながら、主役に大抜擢。

「幽霊はここにいる」より。左端が田中さん。

(田中さんは、もともと新劇ではなく映画俳優志望だったため、
 映画の世界へ行こうとしたところ、引き止められたそうです)

そして、その後も、

1959年「人間の條件」
     「第五福竜丸」
     「キクとイサム」

1960年「悪い奴ほどよく眠る」
1961年「武器なき斗い」

「人間の條件」より。仲代達矢さんと田中さん。

と、引き続き、映画にも端役として出演され、
アクの強い個性的な風貌を印象づけると、

1961年には、映画「大学の若大将」で、
お金の力でモテようとするも、いつも、
若大将(加山雄三さん)に適わない青大将役を、
コミカルに演じ、一躍、脚光を浴びられたのでした。

「大学の若大将」より。
(左から)田中さん、星由里子さん、加山雄三さん。

「若者たち」で高視聴率&男優主演賞

そして、その後も、

1962年「おとし穴」
     「椿三十郎」

1963年「真田風雲録」
1964年「無頼無法の徒 さぶ」

「おとし穴」より。
(左から)田中さん、佐々木すみ江さん、井川比佐志さん。

と、映画への出演を重ねられると、

1965年には、無教養でありながら心優しい、
5人兄妹の長男、佐藤太郎役を演じられた、
テレビドラマ「若者たち」が高視聴率を記録。

1967年には映画化もされると、田中さんは、その心温まる演技で、
「第22回毎日映画コンクール男優主演賞」を受賞されたのでした。

「若者たち」より。(左から)佐藤オリエさん、
山本圭さん、 田中さん、橋本功さん、松山政路さん。

出演ドラマ映画

以降、「網走番外地」シリーズや「仁義なき戦い」シリーズなど、
東映のヤクザ映画を中心に、数多くの映画で、
バイプレイヤーとして引っ張りだことなられた田中さん。

そんな田中さんの、
そのほかの作品もご紹介しましょう。

映画では、

1965年「網走番外地」
1966年「兵隊やくざ 脱獄」
1967年「ゴー!ゴー!若大将」
1968年「大幹部 無頼」
1969年「フレッシュマン若大将」

1970年「どですかでん」
1971年「男はつらいよ 奮闘篇」
1972年「人斬り与太 狂犬三兄弟」
1973年「仁義なき戦い」
1974年「ルパン三世 念力珍作戦」

「男はつらいよ 奮闘篇」より。榊原るみさんと田中さん。

1975年「トラック野郎・爆走一番星」
1976年「横浜暗黒街 マシンガンの竜」
1977年「黒木太郎の愛と冒」
1978年「野性の証明」
1979年「金田一耕助の冒険」

1980年「動乱」
1981年「近頃なぜかチャールストン」
1982年「刑事物語」
1983年「居酒屋兆治」
1984年「すかんぴんウォーク」

「居酒屋兆治」より。高倉健さんと田中さん。

1985年「早春物語」
1986年「めぞん一刻」
1987年「私をスキーに連れてって」
1988年「この胸のときめきを」
1989年「TOMORROW 明日」

1990年「タスマニア物語」
1991年「おいしい結婚」
1992年「ひかりごけ」
1993年「子連れ狼 その小さき手に」
1994年「釣りバカ日誌スペシャル」

「釣りバカ日誌スペシャル」より。
(左から)西田敏行さん、清川虹子さん、田中さん。

1995年「サラリーマン専科」
1996年「虹をつかむ男」
1997年「マグニチュード 明日への架け橋」
1998年「学校III」
2001年「みんなのいえ」

2002年「化粧師 KEWAISHI」
2003年「福耳」
2004年「隠し剣 鬼の爪」
2010年「最後の忠臣蔵」

「福耳」より。宮藤官九郎さんと田中さん。

テレビドラマでは、

1958~1963年「バス通り裏」
1959年「人間そっくり」
1965年「刑事」
1966年「ザ・ガードマン」第45話
1966~1968年「泣いてたまるか」

1968年「十一番目の志士」
1969年「水戸黄門 第1部」第12話
1970~1971年「柳生十兵衛」
1971年「大岡越前 第2部」第10話
1972~1973年「地獄の辰捕物控」

1974~1975年「日本沈没」
1975年「はぐれ刑事」
1976年「五街道まっしぐら!」
1977年「華麗なる刑事」
1978~1984年「土曜ワイド劇場『幽霊シリーズ』」

土曜ワイド劇場「幽霊シリーズ」より。浅茅陽子さんと田中さん。

1980年「江戸の朝焼け」
1981~2002年「北の国から」
1982年「火曜サスペンス劇場『バックミラーの中の女』」
1983年「月曜ワイド劇場『婚約 北の国から来た花嫁』」
1984年「オレゴンから愛」第10話

1985~1987年「土曜ワイド劇場
          『迷探偵記者羽鳥雄太郎と駆け出し女刑事シリーズ』」

1986年「ライスカレー」
1988年「窓を開けますか?」
1989年「さよなら李香蘭」
1991年「仕掛人・藤枝梅安」
1992年「土曜ワイド劇場『運命の銃口』」

「ライスカレー」より。(左から)布施博さん、
陣内孝則さん、時任三郎さん、田中さん。

1993年「ビートたけしのつくり方 ミニドラマ『大家族主義』」
1994年「ビートたけしのつくり方 ミニドラマ『堀切家の人々』」
1997年「御家人斬九郎 第2シリーズ」第7話
1999年「御家人斬九郎 第4シリーズ」第5話
2000~2002年「天の瞳」

2001年「人間の証明」
2002年「盤嶽の一生」
2004年 NHK大河ドラマ「新選組!」
2005年「象列車がやってきた」
2008年「鯨とメダカ」
2009年「黒部の太陽」

「鯨とメダカ」より。田中さんと志田未来さん。

ほか、数多くの作品に出演されています。

「北の国から」でブレイク

中でも、田中さんは、1981年のテレビドラマ「北の国から」では、
主人公・黒板五郎役を演じられているのですが、

厳しさと温かさの両面を持つ父親役が視聴者から愛され、
ドラマのヒットとともに田中さんも大ブレイク。

実は、黒板五郎役には、高倉健さん、仲代達矢さん、
菅原文太さん、北島三郎さん、緒形拳さんほか、
そうそうたる候補者が上がっていたなか、

「情けなさそうな父親像」

ということで、田中さんが抜擢されたそうで、

オファーを受けた際には、脚本家の倉本聰さんから、
これまでの芝居を一切捨てるように求められ、
田中さんは、当初、反発されていたそうですが、

演出家など、スタッフたちの熱意に打たれて出演を決められると、
1年以上の北海道ロケで演技臭さを削り、演技と感じさせない、
自然な表現で新境地を開拓。ドラマのヒットへと繋げられたのでした。

「北の国から」より。
(左から)田中さん、中嶋朋子さん、吉岡秀隆さん。

また、1993年には、映画「学校」で、
苦労しながら夜間中学に通う労働者役を演じられると、
「第17回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞」を受賞され、

1988年~1995年には、
「大正漢方胃腸薬」の年末のCMで、
コミカルなダンスを披露されるなど、

田中さんは、役柄やイメージにとらわれない幅広い演技で、
国民的人気俳優の地位を確固たるものとされたのでした。

「田中邦衛の現在は?嫁は?娘は?息子は?地井武男と?」に続く

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ