横内正の若い頃は?現在は?妻は?暴れん坊将軍で大岡!水戸黄門ほかドラマは?

Sponsored Link

1969年から8年に渡って「水戸黄門」の格さんこと渥美格之進役、1978年からは19年に渡り「暴れん坊将軍」で名奉行・大岡忠相役を務められ、すっかり、曲がったことは許さない正義の味方のイメージとなった横内正(よこうち ただし)さんですが、プライベートでは、まさかの不倫。役柄のイメージとのギャップに世間を驚かせました。


年齢は?本名は?

横内さんは、1941年7月1日生まれ、
(旧満州・大連生まれ)福岡県北九州市育ち、

身長174センチ、
体重75キロ、

靴のサイズは25.5センチ、

血液型はA型、

学歴は、
福岡県立若松高等学校卒業、

趣味は、
500円玉貯金、

特技は、
餃子を早く包むこと、

ちなみに、
横内正は本名です。

幼少期は満州

横内さんは、旧満州・大連で誕生し、
幼少期を過ごされているのですが、

もともとは、おじいさんが、新天地で一旗あげようと大連に渡り、
現地でアメリカの大型バイク、ハーレー・ダビッドソン
の販売を始められたのが始まりだったそうで、

ハーレー・ダビッドソン

その後、息子である横内さんのお父さんが(経緯は分かりませんが)
バイオリニストとなり、やがては、ダンスホール「カジノ」の、
オーナー兼バンドマスターになると、

お店には、淡谷のり子さん、東海林(しょうじ)太郎さん、
ジャズトランペッターの第一人者だった、南里(なんり)文雄さんほか、
当時の人気歌手が出入りし、それはそれは華やかだったとか。

しかし、日本が戦争に負け、旧ソ連軍が大連に侵攻したことで、
日本人の暮らしはめちゃくちゃになってしまい、
横内さん一家はやむなく日本へ帰国。

(この時、お父さんは、命同様に大事にされていたバイオリンの名器、
 「ストラディバリウス」をソ連兵に没収されてしまったそうです)

ストラディバリウス

ただ、終戦後の日本には職がなく、お父さんは、
キャバレーを回ったり、無声映画の伴奏をして、
生計を立てられていたそうで、

そんなお父さんの影響を受けてか、
やがて、横内さんは俳優を目指すようになり、

1961年、20歳の時、
「俳優座」養成所の第13期生となられたのでした。

ちなみに、お兄さんの横内章次さんと弟の横内弘さんは、
ジャズのギタリストになったそうで、(ともに既に他界)

横内さんは、

そのルーツはね、やっぱり、
(大連の)「カジノ」にある気がするんですよ。

と、語っておられました。

「水戸黄門」の格さんで人気

そして、1964年に、
「俳優座」養成所を卒業されると、

1965年には、
「陽のあたる坂道」でテレビドラマデビュー。

その後、

1966年「ナショナルゴールデン劇場 / 逃亡」
     「NHK劇場 愛のシリーズ / 大市民」

1967年「旅路」
1968年「男はつらいよ」

「旅路」より。日色ともゑさんと横内さん。

と、テレビドラマに出演されると、

1969年、「水戸黄門」で、
格さんこと渥美格之進役に抜擢され、一躍、お茶の間の人気者に。
(その後、1978年まで格さん役を演じられています)

「水戸黄門」より。
(左から)横内さん、東野英治郎さん、杉良太郎さん。

ちなみに、格さんといえば、
「印籠を出す」シーンでおなじみですが、

実は、格さんが印籠を出す場面が定着したのは、
放送が開始した2年後(3年後説も)だったそうで、

この紋所が目に入らぬか~

横内さんは、その理由について、

印籠を出さない時があって、
「なぜ出さない」と(視聴者から)抗議が来て、出すようになった。

と、明かされています。

出演作品(テレビドラマ、映画)

それでは、ここで、
横内さんのそのほかの出演作品もご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

1974年「度胸時代」
1975年「ここに幸あり」
1976年「江戸を斬るII」第18話
1977年「大江戸捜査網」第277話
1978~1997年「暴れん坊将軍 吉宗評判記~パートVII」

1979年「大時計の美女 江戸川乱歩の『幽霊塔』」
1980年「土曜ワイド劇場『怨霊!あざ笑う人形』」
1981年「熱中時代」
1982年「天使が消えていく」
1986年「奇妙な同居人」
1987年「田原坂」

「土曜ワイド劇場『怨霊!あざ笑う人形』」より。
(左から)風見章子さん、横内さん、松原智恵子さん。

1988年「京都花見小路殺人事件?舞妓さんは名探偵!」
1989年「京都グルメ旅行殺人事件」
1990年「京都結婚指輪殺人事件」
1992年「風林火山」
1993年「陸中海岸殺人ルート」

1994年「適齢期」
1997~2001年「検視官江夏冬子」
1998年「殺人迷宮課の名警部 連鎖の追跡」
2003年「真実一路」
2007年「銀座高級クラブママ・青山みゆき」

「検視官江夏冬子」より。水島涼太さんと横内さん。

2009年「かりゆし先生ちばる!」
2012年「リーガル・ハイ」第10話
2014年「芙蓉の人~富士山頂の妻」
2015年「十津川警部シリーズ54」
2016年「浦島太郎裁判」

「浦島太郎裁判」より。平田満さんと横内さん。

映画では、

1965年「最後の審判」
1967年「惜春」
1968年「さらば夏の光」
1970年「新・男はつらいよ」
1971年「愛と死」

1974年「小林多喜二」ナレーター
1980年「五番町夕霧楼」
1983年「日本海大海戦 海ゆかば」
1985年「夢千代日記」
2009年「沈まぬ太陽」

「五番町夕霧楼」より。風吹ジュンさんと横内さん。

ほか、数多くの作品に出演されています。

特に、時代劇や2時間ドラマに数多く出演されており、
「暴れん坊将軍」では初代・大岡忠相役を、
なんと19年間にも渡り、600回以上演じられています。

「暴れん坊将軍」より。横内さんと松平健さん。

結婚は?

そんな横内さんは、1968年に、幼なじみの女性と結婚され、
3人のお子さん(1男2女)をもうけられるのですが、
1976年には離婚。

離婚の原因は、横内さんの不倫で、
1981年には、その不倫相手だった、
女優の堀越陽子さんと再婚されています。

「ライオン奥様劇場『妻であること』」(1977年)出演時の堀越陽子さん。

そして、その後は、娘さんを1人もうけられ、
今度こそはうまくやっておられるかと思われたのですが・・・

妻が不倫を暴露~再び離婚

再婚から24年経った2005年、
突然、奥さんの堀越さんが、

週刊誌「婦人公論」(10月22日発売)に、
「浮気の末、私たちを捨てた夫よ」とのタイトルで、
横内さんの浮気によって夫婦仲が破綻し、
別居に至った経緯について、4ページに渡り暴露。

堀越陽子さん

堀越さんによると、結婚12~13年目頃から、
横内さんには、共演女優との不倫疑惑があったそうで、

2005年春頃、ついに、
デスクに飾ってあった家族写真は片付けられ、
4~5月には無言電話があったことから、

浮気について横内さんを問い詰めると、
横内さんは家を飛び出してしまったそうで、

(この日は明治座の舞台初日だったことから)
初日の公演終演後、恐る恐る楽屋を訪ねると、
なんと、そこには見知らぬ中年女性の姿が。

すると、横内さんからは

これまで奥さんがマネージメントしてこられた事務所を離れ、
新事務所に移籍すること、そして、

離婚の意思とともに、家のローン、生活費、
娘の学費の支払いを拒否することを、唐突に宣告されたそうで、

この時点では、堀越さんは離婚はしないと主張されていたのですが、
最終的には、翌年の2006年3月に離婚が成立したのでした。

現在は元タカラジェンヌが内縁の妻

ところで、気になる、
横内さんの浮気相手と報じられた女性ですが、

28歳年下の元タカラジェンヌ、
詩笛立季(うたぶえ たつき)さんのようで、

(過去には共演されたこともあったようです)

詩笛さんは、2005年11月に、
横内さんが設立した新事務所の社長に就任されており、

ある演劇関係者によると、

離婚騒動時は「愛人」と騒がれましたが、
当時は交際にまでは発展していなかったようです。

ですが、横内さんの離婚が成立してからは、
完全に女優業から身を引き、公私ともに横内さんを支えている。

ただし結婚に2度失敗している横内さんは、
彼女と籍を入れず、事実婚を選んだそうです。

とのこと。

ただ、それに対し、横内さんは、

自分の人生において、もう結婚には懲りていますから。
事実婚という事実もありません。

彼女はここに通ってきているし、
遅くなったときはタクシーで帰っているよ。

そういうことが現実にありましたら、
私の口から皆さんにちゃんとお知らせしますので。

お相手の元タカラジェンヌも、

昨年(2016年)、横内が主演した舞台、
「リア王」を製作をしていた際、

事務所で徹夜作業が続いたことがあったので、
それを誤解されたのかもしれません。

と、お二人とも関係を否定されているのですが、

あくまでも否定されるのは、それだけこの女性が、
横内さんにとって信頼のおける良きパートナーで、
今度こそは、2人の静かな暮らしを守りたい、
という現れなのかもしれませんね。

横内さん72歳の誕生会より。
(左から)詩笛立季さん、小松政夫さん、横内さん。

さて、いかがでしたでしょうか?

正義感あふれる格さんの役がはまり役となり、
お茶の間の人気を博した横内さんの、
プライベートとのギャップには驚かされましたが、

それもこれも、横内さんが魅力的だからこそ。

とはいえ、そんな横内さんも80歳も間近。
お体には十分に気をつけて、これからも、
すばらしいお芝居を見せてほしいですね。

応援しています!!

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ