朝丘雪路の死因は?若い頃は宝塚!11pm?夫は津川雅彦!父は?息子娘は?

Sponsored Link

「宝塚歌劇団」月組で娘役として活躍し、退団後は女優として、数多くの映画、テレビドラマに出演された、朝丘雪路(あさおか ゆきじ)さん。一方で、お嬢様な天然キャラクターで人気を博し、バラエティ番組に引っ張りだことなられます。




生まれは?身長は?本名は?


朝丘さんは、1935年7月23日、
東京市京橋区(現・東京都中央区)築地生まれ、

身長158センチ、

血液型はB型、

本名は、
加藤 雪会(かとう ゆきえ)(旧姓:勝田)

別名義は、
深水 美智雪(しんすい みちゆき)
(日舞の深水流家元として)

学歴は、
山脇学園中学校卒業、

趣味・特技は、日舞、

ちなみに、
父親は、歌川派浮世絵の正統を継ぎ「美人画」を得意とし、
本妻の好子さんをモデルに大作を数多く発表した、
当時人気の日本画家の伊東深水さん(故人)、

夫は、俳優の津川雅彦さん、
娘は、女優の真由子さんで、

義兄には、長門裕之さん(故人)、
義姉には、南田洋子さん(故人)、
がいらっしゃいます。


父親は?


朝丘さんは、日本画家の伊東深水(いとう しんすい)さんと、
芸者だった勝田麻起子さん(後に料亭「勝田」の女将)の間に、
非摘出子(妾の子)として誕生するのですが、

妾の子だったにもかかわらず、
お父さんから溺愛されていたそうで、

小学校には養育係と人力車で通い、
養育係は、朝丘さんが登校した後も、
ずっと、人力車の中で待機していたほか、

自分で切符を買ったことも(危ないからという理由で)、
傘を差したこともなく、お金の使い方も分からないほどの、
お嬢様育ちだったそうです。


朝丘さんと伊東深水さん

そして、中学卒業後の1950年には、
「宝塚音楽学校」に入学されるのですが、

お父さんと「宝塚歌劇団」創始者の小林一三さんが友人同士だったことから、
これも、お父さんに頼んでコネで入学されたそうで、

(ただ、小林さんは、常日頃から、
 朝丘さんへの過保護ぶりを心配していたそうです。)

朝丘さんは、後に、

宝塚に入りたいって父に頼んで(宝塚音楽学校には)裏口入学したの。

と、明かされています。

宝塚時代はいじめ


こうして、朝丘さんは、1952年には「宝塚音楽学校」を卒業し、
同年、「宝塚歌劇団」に入団されるのですが、

やがて、娘役で人気が出てくると、
朝丘さんを良く思っていない者から、化粧品を隠されたり、
衣装に不備を生じさせるなど、様々な嫌がらせを受けます。

(最もひどかったのは、靴の中に剣山や釘が仕込まれていたことで、
 幕間の衣装替えの時、靴を履き替える際、気が付かずに踏んでしまい、
 あまりの激痛に失神してしまったことがあったとか)

ただ、当の朝丘さんは、宝塚の舞台が楽しかったことから、

舞台に立てるのは成績順、だったらいい成績を取るために頑張ろう、と。
負けず嫌いというより、欲張りで、やれるものは皆やりたいんです。

と、いじめられても気にしなかったそうです。



ちなみに、入団当初から、朝丘さんの世間知らずで浮世離れした言動は、
相変わらずだったそうですが、至らぬところは周囲が補ってくれ、

しかも、朝丘さんにとってはそれが当たり前だったため、
特に感謝をすることもなく気にも留めていなかったとか!

「11PM」で人気


そんな朝丘さんは、在団中にジャズ歌手としてもデビューするなど、
娘役で高い評価を受けるも、1955年8月には「宝塚歌劇団」を退団。

その後は、「松竹」と専属契約を結び、
数多くの映画やテレビドラマに出演されるほか、

1966~1982年には「11PM」で、
司会の大橋巨泉さんのアシスタントを務められると、

巨泉さんとの軽妙な掛け合いで注目を集め、
巨泉さんが胸の大きな朝丘さんに命名した「ボインちゃん」が、
当時の流行語となるなど、たちまち人気者となったのでした。


「11PM」より。大橋巨泉さんと朝丘さん。


出演作品(テレビドラマ、映画)


それでは、ここで、
朝丘さんの出演作品をご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

1962年「金色夜叉」
1963年「花の生涯」
1967年「日々の背信」
1968年「せっかちネエヤ」
1970年「姿三四郎」
1971年「焼きたてのホカホカ」

1972年「気になる関係」
1975年「鞍馬天狗」
1976年「八丁目のダメ親父!カンナ・トンカチ・キリキリ舞い」
1977年「新春大吉」
1978年「吉宗評判記 暴れん坊将軍」
1979年「真実一路」


「鞍馬天狗」より。朝丘さんと竹脇無我さん。

1980年「なぜか初恋・南風」
1981年「ひまわりの歌」
1982年「愛の十字架」
1983年「キッド」
1984年「陽だまり横丁のラブソング」
1985年「松本清張スペシャル・支払い過ぎた縁談」

1986年「やったぜベイビー!」
1988年「道づれ」
1989年「時間ですよ」
1990年「千利休~春を待つ雪間草のごとく~」
1991年「また又・三匹が斬る!」第13話
1992年「新・三匹が斬る!」第12話

1993年 NHK朝の連続テレビ小説「ええにょぼ」
1994年「青空にちんどん」
1995年「藏」
1996年「演歌・唱太郎の人情事件日誌」
1997年「弁護士芸者のお座敷事件簿」
1999年「おんせんデカ 修善寺温泉駐在日記」


「おんせんデカ 修善寺温泉駐在日記」より。(左から)阪上和子さん、
水谷豊さん、米澤史織さん、朝丘さん。


2000年「花瀬ちなつの殺人スクープ」
2001年「脅迫者 平凡な下町主婦を襲う恐怖」
2002年「愛と青春の宝塚」
2003年「伊豆・金沢犀賀焼殺人事件」
2004年「棟居刑事シリーズ」
2005年「風のハルカ」


「伊豆・金沢犀賀焼殺人事件」より。
(左から)赤井英和さん、朝丘さん、中山忍さん。


2006年「やとわれ女将 菊千代の事件簿3」
2007年「ひみつな奥さん」
2008年「妻たちからの三行半~夫たちの(秘)離婚回避マニュアル~」
2009年「水戸黄門」第40部 第20話
2014年「銭女」


「やとわれ女将 菊千代の事件簿3」より。
(左から)角野卓造さん、朝丘さん、坂口良子さん。


映画では、

1956年「千万長者の恋人より 踊る摩天楼」
1958年「眼の壁」
1959年「ある落日」
1962年「三百六十五夜」
1964年「悪名太鼓」


「悪名太鼓」より。朝丘さんと勝新太郎さん。

1965年「女房学校」
1966年「嵐を呼ぶ男」
1967年「座頭市」
1974年「炎の肖像」
1982年「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」
1983年「伊賀野カバ丸」


「女房学校」より。山本富士子さんと朝丘さん。

1984年「必殺!THE HISSATSU」
1985年「テラ戦士ΨBOY」
1986年「ザ・サムライ」
1995年「藏」
2000年「極道の妻たち」
2008年「次郎長三国志」

ほか数多くの作品に出演されています。


旦那は津川雅彦!息子は?娘は?


そんな朝丘さんの、
気になるプライベートですが、

朝丘さんは、1967年に青森県八戸市の内科医師と結婚され、
男の子を出産するも、1972年には離婚。

実は、離婚の理由は、津川雅彦さんとの不倫で、
息子さんは夫側に引き取られ、

翌年の1973年には、
津川雅彦さんと正式に再婚されています。



そして、1974年には、
女の子を出産されているのですが、

この女の子が、
女優の真由子(まゆこ)さんです。


(左から)真由子さん、朝丘さん、津川雅彦さん。

ちなみに、真由子さんは、
生後5ヶ月の1974年8月15日に、
身代金目的に誘拐されているのですが、

翌日の8月16日には、犯人が、
ATMに張り込み中だった刑事に逮捕され、
41時間後に無事保護されています。




結婚生活は?


ところで、朝丘さんのお嬢様ぶりは、
結婚後も相変わらずだったそうで、

当然のことながら、家事は苦手、
というより、火が怖いため、料理はできず、
洗濯機、掃除機は使い方が分からず、

真由子さんが赤ちゃんの頃のオムツ替えや家事は、
すべて家政婦さんと事務所のスタッフに任せきりだったそうで、

津川さんが思わず、

我が家には主婦がいないんだねぇ

と、つぶやいたところ、
朝丘さんも、

私も家事の出来る奥さんが欲しいわ

と、あっさり答えられたとか(笑)



こうして、朝丘さんは、女優業のかたわら、
そのお嬢様育ちのおっとりしたキャラクターと、
常識はずれの発言で人気を集め、
バラエティ番組でも活躍されていたのですが・・・

卒婚していた


その一方で、朝丘さんは、ご主人の津川さんの、
度重なる巨額の借金に苦しめられており、

2008年には、その返済のために、
長年暮らした一戸建ての自宅を売却されると、

このことをきっかけに、お二人は卒婚の道を選ばれ、

(※卒婚とは、結婚という形を維持しながらも、夫と妻が互いに干渉せず、
 それぞれの人生を自由に歩んでいくという夫婦関係だそうです)

もうこんな年ですから、今さら離婚はめんどくさいですからね。

と、コメントされています。

死因は?


そして、その後は、
悠々自適の生活を送られているかと思われていたのですが・・・

2013年頃から、セリフを覚えるのに苦労するようになると、
追い打ちをかけるように、気持ちの浮き沈みが激しくなったことから、
医療機関を受診されると「老人性うつ病」との診断され、

翌年の2014年、娘の真由子さんが初めてプロデュースした、
時代劇ミュージカル「花や・・・蝶や・・・」に、
ご主人の津川さんとともに出演されたのを最後に、
芸能活動を休止し、自宅で療養。

すると、今度は「アルツハイマー型認知症」
を発症してしまい、年々症状が進行。

食欲もあり、元気に毎日を過ごされていたそうですが、
2018年4月27日に容態が急変すると、
そのまま帰らぬ人となってしまったのでした。(享年82歳)



ちなみに、朝丘さんの死因は「アルツハイマー」となっており、
他に直接の死因があっても、それを「アルツハイマー」が誘引した場合には、
死因は「アルツハイマー」とされるのだそうです。

さて、いかがでしたでしょうか?

プライベートではご主人の津川さんの借金に、
苦しめられていたにもかかわらず、

それを微塵も感じさせず、お嬢様な天然キャラクターで、
バラエティ番組でも引っ張りだこだった朝丘さん。

それは、朝丘さんが生来持つ、
華やかで明るいお人柄ゆえだったのでしょうね。

朝丘さんのご冥福をお祈り致します。



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ