樹木希林の目は?全身ガン?娘は?旦那の内田裕也と離婚しない理由は?

Sponsored Link

若い頃から老人役をこなされるなど、個性派女優として唯一無二の存在感を放ってきた、樹木希林(きき きりん)さんですが、プライベートもまた、かなり個性的です。




「樹木希林の若い頃は?本名は?旧芸名は?出演ドラマ映画は?」からの続き

元旦那は岸田森


樹木さんは、1964年、(悠木千帆として活動されていた時代)
同じ「文学座附属演劇研究所」の第1期生だった、
俳優の岸田森(きしだ しん)さんと結婚されると、

「仕事を放り出しても一緒にいたい」

と、お二人が口をそろえるほどラブラブで、

1966年には、そろって「文学座」を退団し、
劇団「六月劇場」を結成。

樹木さんがテレビドラマ「七人の孫」で、
すでに人気女優となっていたのに比べて
岸田さんはまだ、無名に近い俳優だったのですが、

そんな格差など、ものともしない仲睦まじさで、
おしどり夫婦と呼ばれたのでした。


岸田森さんと樹木(当時は悠木千帆)さん。

現在の夫は内田裕也


しかし、そんなお二人も1968年には離婚。

(ちなみに、岸田さんは、その後、怪奇映画や特撮ものに、
 数多く出演し、個性派俳優として活躍されるのですが、
 1982年、43歳の若さで他界されています。)

そして、樹木さんは、1973年には、
ロック歌手の内田裕也さんと再婚されています。


内田裕也さんと樹木(当時は悠木千帆)さん。

樹木さんは、1970年、テレビドラマ「時間ですよ」で、
当時「ザ・スパイダース」堺正章さんと共演されていたのですが、


「時間ですよ」より。
(左から)堺正章さん、樹木さん、浅田美代子さん。


その撮影現場に、「ザ・スパイダース」のメンバーである、
かまやつひろしさんが堺さんを訪ねて来られた際、
一緒にいたのが内田さんだったのでした。


内田裕也のDVで別居


樹木さんは、第一印象では、内田さんのことを、

何だか真面目そうな人だな

と思ったそうですが、

結婚後は、毎日のように内田さんに暴力を振われ、
結婚1年半で、早くも別居。

内田さんは、一度暴れだすと、
手がつけられなくなったそうで、

樹木さんは、何かあった場合はすぐ来てもらえるように、
渋谷警察署に相談されていたほか、

暴れる度に家中メチャクチャになったことから、
何度も包丁を買いに行かれたそうで、

金物屋さんには、

お宅はどうして、包丁がこんなに壊れるんですか。

と、尋ねられるほどだったそうです。

娘は?別居40年超も離婚しない理由は?


それでも、1976年には、一人娘の内田也哉子さんが誕生し、
お二人の仲も丸く収まるかと思われたのですが、

1981年には、内田さんに、
勝手に離婚届け提出されてしまいます。

ただ、樹木さんは離婚を認めず、
離婚訴訟となると、勝訴。

以降、婚姻関係を維持しつつ、
40年以上に渡って別居生活を続けられており、
お二人が会うのは1~2年に1回とのことですが、

そもそも、なぜ、樹木さんは、
内田さんとの離婚を拒否されているのでしょうか。

樹木さんは、その理由について、

生活費は1円ももらったことないけど、
だからといって別れるのがいいとは限らない。

破天荒さというか破壊性は夫よりも私のほうがある。
夫がいることでケンカっ早い私が徐々に徐々に修正された。

1人の人間の存在が“重し”になっている。ありがたいこと。

と、おっしゃていたのですが・・・
やはり、凡人には理解できません(笑)

ただ、

まあ、縁ですから。自分に合った人と出会うわけですから。
それに、親がへたばって喜ぶ子供はいないでしょ。

よく、娘は「お母さんは他人だからいい、私は血が繋がってる」って。
今回も「お母さんがいてくれてよかった」と言いました。

 ※今回とは、2011年、内田さんが交際していた女性に復縁を迫り、
 強要未遂と住居侵入の疑いで逮捕されたこと。

ともおっしゃっており、娘さんの為でもあるとのことで、
これなら多少理解できそうです。


ところで、樹木さんを、
「目」で多くの方が検索されているようです。

というのも、樹木さんは、
2003年に左目を「網膜剥離」で失明したことを、

2004年に発売した長嶋茂雄さんとの対談本
「人生の知恵袋」で告白されているのです。


人生の知恵袋―ミスターと7人の水先案内人

樹木さんが左目に異変を感じられたのは、
2003年1月頃なのですが、

その2ヶ月後、朝起きると、
突然、何も見えなくなってしまったそうで、

樹木さんは、当時を振り返り、

一瞬、絶望しました、明日死ねるわけじゃない。
ずっとこれで生きていくのかと思ったら・・・

それも人生と思いながらも、
ことあるごとにため息はついていました。

と、明かされています。

そして、医師から手術を勧められるも、

手術するかどうか迷って、やっぱりやめようと思ったんです。

「よし、私は目1個ぐらいつぶれても、お釣りのくる人生だったな」
というふうに思って覚悟を決めたんです。

と、おっしゃっていました。

全身ガン


ただ、樹木さんの不運はこれに留まらず、

2004年には「乳がん」が発覚し、
2005年1月には右乳房の全摘出手術。

しかも、2008年頃には、
腸、副腎、脊髄にまで「がん」が転移していることが発覚し、

「四次元ピンポイント照射療法」
という放射線治療を受けられています。

(※「四次元ピンポイント照射療法」とは、がんに放射線を立体的に当てる、
 「三次元照射」に、呼吸による位置変化を追跡する時間軸を加えた治療法で、
 がん細胞だけを狙い撃ちし、正常な細胞を傷つけることが少ないため、
 体の負担も軽く済むといわれています)

ただ、樹木さんは、この治療について、

抗がん剤治療で苦しむ患者さんを何人も見ました。
でも、私の治療法だと、生活の質が全く落ちなかった。
だから、とても満足しています。

と、明かされており、

その言葉を証明するかのように、
生きている事自体が奇跡的な全身ガンを患いながらも、
いまだ、お仕事を続けられています。

さて、いかがでしたでしょうか?

2018年には、出演されていた映画「万引き家族」が、
カンヌ国際映画祭の「パルムドール」を受賞し、
遠くフランスのカンヌを訪れられていた樹木さんですが、

さすがに、レッドカーペットではとても辛そうなご様子で、
見るに耐えませんでした。


「第71回カンヌ国際映画祭」より。(左から)樹木さん、是枝裕和監督、
城桧吏くん、リリー・フランキーさん、佐々木みゆちゃん、安藤サクラさん、松岡茉優さん。


すでに、遺影の撮影や身辺整理もされ、
娘婿の本木雅弘さんには、

「最期は自宅で迎えたい」

と、希望を伝えるなど、
死の支度をされているとも言われていますが、

どうか、生あるうちは、
心穏やかに過ごせることをお祈りしています。



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ