内田也哉子の若い頃は?現在は?学歴は?息子は?娘は?本ドラマ映画は?

Sponsored Link

10代を、東京、スイス、ニューヨーク、パリで過ごし、19歳の時には、俳優の本木雅弘さんと結婚された、内田也哉子(うちだ ややこ)さん。結婚後は、3人のお子さんを出産されていますが、翻訳家、エッセイスト、歌手、女優としても活動されています。




年齢は?身長は?血液型は?本名は?


内田さんは、1976年2月11日生まれ、
東京都のご出身、

血液型はB型、

身長は公表されていませんが、
ご主人の本木雅弘さん(174センチ)と、
並んだところから推定すると170センチ位、

お父さんは、ロック歌手の内田裕也さん、
お母さんは女優の樹木希林さん、

ちなみに、
内田也哉子は本名です。


学歴


也哉子さんは、小学校から、
都内のインターナショナルスクールに通い、
9歳の時には、1年間ニューヨークへホームステイ。

さらに、高校2年生の時には、スイスのジュネーブに留学し、
アートを専攻(写真やコラージュ制作など)されているほか、
ニューヨーク、パリなどでも過ごされた国際派です。


本木雅弘と結婚


そんな也哉子さんは、1995年、19歳の時に、
俳優の本木雅弘さんと結婚されているのですが、

実は、お二人の初めての出会いは、
也哉子さんが15歳の時で、

お母さんの樹木さんから、

お父さんと食事してきなさい

と言われて、お父さんの内田裕也さんの食事に合流されたところ、
そこにいたのが、本木さん(当時25歳)だったそうで、

(本木さんと内田裕也さんは、映画「魚からダイオキシン!!」(1992年)
 で共演された縁で、一緒に食事をされていたそうです)

その時は、お互い、
特に特別な感情はなかったそうですが、

本木さんがアカデミー賞授賞式のナレーターの仕事で、
アメリカに行かれた際に、留学中(当時16歳)の也哉子さんが、
通訳として同行されると、(一説には本木さんが通訳を依頼したという話も)
その後、本木さんからアプローチを受けたそうで、

帰国後、本木さんと文通で交流を続けられると、
まだ正式に交際していないにもかかわらず、
也哉子さんが17歳の時、本木さんから、

私には白髪のあなたが想像できるし、
そういうあなたが愛おしい、と思える気がする。

今すぐじゃなくても、いつか結婚という選択肢が現れたとき、
私もそこに入れてください。

と、プロポーズされたのだそうです。


本木雅弘さんと内田さん。

(実は本木さんは、樹木さんから「2人でお話しておいで」
 と背中を押されて、西麻布の割烹「川奈」でプロポーズされたそうです)

家族(息子、娘)は?


こうして、本木さんと結婚された也哉子さんは、
2人の男の子と1人の女の子を出産。

1997年に出産された長男は、
内田雅楽(うちだ うた)さんというそうで、


内田雅楽さん

2010年にスイスの超名門私立高校「ル・ロゼ」
に留学されると、その後バスケットの選手としてスカウトされ、

アメリカのマイアミ州にある、
バスケットの強豪校「マイアミ高校」に転校。

2016年には、カリフォルニア州にある「ドミニカン大学」で、
バスケットの選手として活躍されているようで、

雅楽さんは、

今年(2016年)の秋からカリフォルニア州にある、
Division2 のドミニカン大学に進学する事になりました!

これからも夢に向かって頑張ります!
田渡凌さん、今年1年間よろしくお願いします。

と、ツイートされています。

(※田渡凌さんとは、バスケットボールリーグ「横浜ビー・コルセアーズ」
 で活躍するプロのバスケットボールの選手)

また、1999年に出産された長女は、
内田伽羅(うちだ きゃら)さんといい、

2010年に、映画「FURUSATO -宇宙からみた世界遺産-」
で女優デビューされると、


「FURUSATO -宇宙からみた世界遺産-」より

翌年の2011年には、映画「奇跡」で、
いきなり「高崎映画祭最優秀新人女優賞」を受賞。


「奇跡」より

ただ、そのまま女優の道に進むのではなく、
小学校卒業後の2012年にはイギリスに留学され、

その後、2015年に、
再び、映画「あん」に出演されています。


「あん」より

最後に、2010年に出産された次男は、
内田玄兎(うちだ げんと)くんといい、

2015年、バラエティ番組「ぴったんこカン・カン」で、
ご主人の本木さんとテレビ初登場を果たされています。


本木雅弘さんと内田玄兎くん

本・ドラマ・映画・歌


ところで、也哉子さんは、
1985年に「花へんろ・風の昭和日記」で、
子役としてテレビドラマデビューされると、

その後も、

1997年「東京日和」
2007年「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」
2012年「わが母の記」

と、不定期に映画に出演され、

「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」では、
お母さんの樹木希林さん演じる「オカン」の若い頃を、


「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」より。

「わが母の記」でも同じく、
樹木さん演じる「八重」の若い頃を演じられています。


「わが母の記」より。

また、結婚後は、翻訳家、エッセイストとして、
文才を発揮されており、

2001年たいせつなこと (ほんやく絵本)
2003年岸辺のふたり―Father and Daughter
2005年恋するひと
2009年「ラプンツェル―グリム童話 (おはなしのたからばこ 16)



と、訳書を出版されるほか、

1996年ペーパームービー (講談社文庫)
2001年「会見記
2002年親と子が育てられるとき―Quiet Garden (岩波アクティブ新書)
2004年ブローチ



と、著書も出版。

そのほかにも、2005年には、渡邊琢磨さん、鈴木正人さんと共に、
音楽プロジェクト「SighBoat」を結成されると、
(也哉子さんはヴォーカルを担当)

2005年には、ファーストアルバム、
「sighboat」でデビュー、


Sigh boat

2010年には、2枚目のアルバム、
「marvel」をリリースされています。


marvel


現在は?


さて、お子さんが生まれてからは、2世帯住宅の豪邸で、
お母さんの樹木希林さんと同居されていた也哉子さん一家ですが、

玄兎くんが誕生したことをきっかけに、

「家族は一緒に生活するべき」

と考えるようになったそうで、

2012年からは、娘の伽羅さんが留学する、
イギリスのロンドンに移住されていたのですが、

近年は、お母さんの樹木さんが全身ガンに冒され、
体調が良くないことから、也哉子さん一人だけ東京に戻り、
樹木さんの身の周りの面倒を看ておられるそうで、

樹木さんが、出演映画「万引き家族」の、
カンヌ映画祭公式上映のため、フランス・カンヌに行かれた際も、
也哉子さんは、片時も離れず樹木さんに付き添われていたとのこと。

しばらくは、本木さんや子どもたちをイギリスに残し、
日本にとどまる予定だそうで、樹木さんも心強いことでしょうね。

樹木さんが最期の時を迎えるまで、
母娘水入らずの穏やかな日々が過ごせるよう、
お祈りしています。



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ