デヴィ夫人の若い頃は?年齢は?本名は?ハーフ?スカルノ大統領との出会いは?

Sponsored Link

貧しい家庭で生まれ育たったことから、中学卒業後は、家計を支えるため、定時制高校に通いながら、千代田生命保険会社(現・ジブラルタ生命保険)に就職し、休憩時間や土日にはアルバイトを掛け持ちされていた、デヴィ夫人。しかし、17歳の時、ひょんなきっかけで高級クラブ「コパカバーナ」で接客するようになると・・・




年齢は?出身は?身長は?本名は?ハーフ?


デヴィ夫人は、1940年2月6日生まれ、
東京府東京市麻布区霞町(現:東京都港区西麻布)のご出身、

身長159センチ、

血液型はA型、

本名(インドネシア名)は、
ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ(Ratna Sari Dewi Sukarno)
(「宝石 聖なる女神」の意味だとか)

旧名・日本名は、
根本 七保子(ねもと なおこ)

学歴は、
東京都港区立高陵中学校、
⇒東京都立三田高等学校定時制部中退、

趣味は、
絵画、日舞、

特技は、水泳、

ちなみに、お父さん(兵七郎さん)、お母さん(政子さん)、
ともに日本人ですので、デヴィ夫人は純日本人。
ハーフではありません。


貧しかった少女時代


デヴィ夫人のお父さんは、大工の棟梁だったのですが、
お人好しで、お金を取らずに家を建てられていたことから、
家庭は貧しかったそうで、

デヴィ夫人は、1955年、15歳の時、
貧乏から抜け出すために女優になろうと決意されると、
「東芸プロダクション」に研究生として入団。

演技や舞踊などを習い始めると、
エキストラとしてテレビや映画に出演され、
お金を稼ぐようになったそうです。


中学時代のデヴィ夫人

そして、中学卒業後は、定時制高校に進学されるのですが、
エキストラだけでは満足な収入が得られなかったため、

「千代田生命保険会社」(現・ジブラルタ生命保険)に就職され、
お昼休みの1時間は会社の近くの喫茶店でアルバイトを、
土日もコーヒーショップでアルバイトをして、
貧しい家計を支えられたのでした。


高校時代のデヴィ夫人


高級クラブ「コパカバーナ」で働き、世界進出を模索


しかし、1956年には、
お父さんが亡くなってしまい、高校は中退。

ただ、その後も引き続き、様々な仕事を掛け持ちして、
家計を支えられていたデヴィ夫人は、

翌年の1957年、17歳の時に、
アメリカ人宝石商のジェイムズ・ベイカーさんと知り合われ、

お金持ちだったベイカーさんに、
いろいろなところに連れて行ってもらうようになると、

その中のひとつ、赤坂にある有名高級クラブ、
「コパカバーナ」に出入りするようになります。

そして、「コパカバーナ」のオーナーだった、
長尾久子さんに気に入られ、「コパカバーナ」で働き始めると、

持ち前の美貌で「プリンセス」と呼ばれるなど、
瞬く間に人気者となられたのでした。


18歳当時のデヴィ夫人

ちなみに、デヴィ夫人は当時を振り返り、

お客さんの90%が外国人。

世界の社交場のような名声を得ていて、
当時の大学新卒の給与が1万ぐらいだった時代に、
その時のテーブルチャージは、
フランク・シナトラが歌った夜は1人10万円。

どのぐらい豪華なクラブだったかお分かりかしら。

新聞の朝刊に米上院議員のテッド・ケネディ氏が来日したとあると、
その夜には彼の姿がそこにあるぐらいの世界の社交場。

ここで働く女性はファッション誌から抜け出したような人たちばかり。
そして、ここへ遊びにいらっしゃる紳士たちは女性の椅子を引き、
飲み物をオーダー、ダンスをする時は手を差しのべる、
すべてがレディーファースト。

わたくしは美しい花、
そう「レディ」に憧れを抱いておりました。

と、明かされているのですが、

実は、デヴィ夫人が「コパカバーナ」で働く理由には、
自立や家計を支えること以外にも、英語を話せるようになる、
という目的もあったそうで、

働きながら、英会話の練習をする日々を送り、
一流の外国人と会話を交わしながら、
世界進出を模索するチャンスを伺っていたのでした。

スカルノ大統領との出会い


すると、1959年、19歳の時、
旧帝国ホテルのプルニエ(フランス風の魚介類料理専門のレストラン)
で友達と待ち合わせをしていたところ、

ちょうど、来日中で、同ホテルでパーティーをしていた、
インドネシアのスカルノ大統領に一目惚れをされ、

なんと、その場で、大統領の側近から、

大統領と一緒にお茶を飲みませんか?

と、誘われると、案内されるままに、
大統領の隣に座らされたそうで、


スカルの大統領と当時20歳のデヴィ夫人。
(大統領官邸ムルデカ宮殿にて)


デヴィ夫人は、その時のスカルノ大統領について、

大きな目はキラキラと輝き、チャーミングな八重歯が印象的。
第一印象で、慈悲深い大きな優しさを感じ、一瞬、
イナズマに打たれた気がしたのは今もハッキリと覚えています。

クラブで働いていたので、
外国の富豪とは対等にお付き合いしてきましたが、
それでもその時の雰囲気は特別! 

とても緊張しましたが、
しばらく談笑してその日はお別れいたしました。

と、明かされています。

文通後、インドネシアへ


その後、デヴィ夫人は、スカルノ大統領から、
「写真を送ってほしい」と手紙をもらったそうで、

写真を添えて返信されると、
それ以来3ヶ月間、文通されていたのですが、

ある日のこと、いつものように、
スカルノ大統領からの手紙を受け取ると、

そこには、

2週間ぐらいインドネシアに遊びに来ませんか?

と、書かれてあったのだとか。

実は、当時、デヴィ夫人は、
アメリカやフィリピンの大富豪たちから求婚されていたそうで、

それでも、自分の人生は他にあるのではないかと、
決めかねていた折の、スカルノ大統領からの誘いに、
多少、国の大統領であるという不安はあったのですが、

「インドネシアへ行ったら、何か閃めきがあるかもしれない」

と、思われたそうで、
インドネシア行きを決意されたのでした。

「デヴィ夫人の過去が壮絶!プロポーズの言葉は?母と弟は?フランス亡命!」に続く



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ