デヴィ夫人の過去が壮絶!プロポーズの言葉は?母と弟は?フランス亡命!

Sponsored Link

インドネシア大統領夫人という、とびっきりの玉の輿に乗られたデヴィ夫人。その後、絢爛豪華な生活を送られるのですが、幸せな日々は束の間、次々と不幸に見舞われることになります。




「デヴィ夫人の若い頃は?年齢は?本名は?ハーフ?スカルノ大統領との出会いは?」続き

プロポーズの言葉


旧帝国ホテルでインドネシアのスカルノ大統領に見初められ、
インドネシアに招待されたデヴィ夫人は、一念発起してインドネシア行きを決意。

すると、大統領が日本の歴史に詳しかったことや、
お互いの貧しかった幼少時代を語り合ううちに、
お二人は、より親密になったそうで、

首都のジャカルタから専用のジェット機でバリ島の離宮に移動し、
真っ赤な太陽が沈むのを眺めていた時、突然、大統領から、

私のインスピレーションとなり、
力の源泉となって、私の人生の喜びとなってください。

と、プロポーズされたのでした。

そして、デヴィ夫人は、このような美しい言葉は、
これからの人生でもう聞くことはできないのではないか、
と思うほど心を打たれたそうで、

わたくしはこの偉大な大統領から選ばれたのだ。
これはもう神の天啓なのだ。

そして、この方に選ばれたのだから、
全身全霊をもってこの方に尽くそう。

と、さらなる決意を固め、当初2週間の滞在予定が、
ずっとインドネシアにとどまることとなったのでした。

絢爛豪華な生活、正式に大統領夫人に


その後、デヴィ夫人は、しばらくは、
大統領の愛人のひとりとして宮殿で過ごされるのですが、

お手伝いさん14人、庭師3人、護衛24人がつけられ、
着替えは立っているだけですべてお手伝いさんがやってくれたうえ、

宮殿にはデヴィ夫人の巨大な肖像画が飾られるなど、
大統領の寵愛を一身に受けられたそうで、

3年後の1959年、デヴィ夫人が22歳の時、
ついに、結婚。

名前も、「ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ」と改め、
正式に大統領夫人となられています。

(デヴィ夫人は4人の夫人のうちの第3夫人)


スカルノ大統領とデヴィ夫人


母、弟が相次いで他界


しかし、そんな幸せな日々も束の間、

同時期、日本では、
インドネシアの大統領夫人となったデヴィ夫人を、

「日本を捨てた売春婦」

と揶揄し、国辱的な出来事として報道。

実家にはマスコミが大挙押し寄せ、
執拗な取材攻撃を受けたそうで、

これに耐えきれなかったお母さんは、
とうとう体調を崩して他界。

さらには、お母さんの他界直後、弟さんまでが、
そのことを苦に、アパートで「ガス自殺」されたそうで、

デヴィ夫人は、後に、

母と弟を亡くした事は本当に無念だったし、
弟を自殺からなんとかして救えなかったか、
それは本当に私が一生十字架を背負うくらい苦しんだ事ですね。

と、明かされており、

悔恨の念から、ジャカルタの宮殿のひとつを、
弟さんの名前である「八曾男(ヤソオ)」と名付けられています。

(現在、この宮殿は軍事博物館となっています)

スカルノ大統領失脚~フランスへ亡命


そして、結婚6年目の1965年9月30日には、
スカルノ大統領がクーデターにより失脚し、幽閉。

(代わってスハルトが大統領になり、以降20年にわたり、
 インドネシアを支配することになります)

身の危険を感じたデヴィ夫人は、1967年には、
インドネシアの日本大使館に亡命を希望するのですが、

日本にとって、インドネシアから逃げてきた元大統領の妻を保護することは、
新しい政権と対立することになるため、受け入れられず、断念。

やむなく、デヴィ夫人は、
亡命者に寛容なフランスに亡命されたのでした。

(ただ、デヴィ夫人は、同年、人道的措置という理由から、
 日本への一時帰国を許され、娘のカリーナさんは日本で出産されたそうですが、
 その経緯については、詳しいことは分かりませんでした)



ちなみに、スカルノ元大統領は、
1970年に失意の中で他界されているのですが、

最後まで元大統領に寄り添われたのは、
第2夫人だけで、その他の家族はみな亡命。

スカルノ大統領は遺書に、

2人が死ねば亡骸(なきがら)は一つのお墓に埋めよ、
大きな木の根元に大きな自然石を置いてほしい、
私は永遠にデヴィと一緒にありたい。

と書かれていたそうですが、

デヴィ夫人は、

スカルノ大統領が亡くなれば私も一緒に死のうと思ってましたから。

と言いつつも、

(娘の)カリーナが生まれて、娘のために後追いはしませんでしたが。

と思いとどまられたのでした。

「デヴィ夫人がアランドロンと?フランス社交界では東洋の真珠?」に続く



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ