由美かおるの若い頃は?年齢は?看板?水戸黄門ほか出演ドラマ映画は?

Sponsored Link

中学3年生の時、テレビ番組「11PM」に出演し、網タイツ&ハイヒール姿で歌い踊ると、たちまち注目の的となった、由美かおる(ゆみ かおる)さん。その後は、数々の映画やテレビドラマに出演され、1985年、35歳の時には、時代劇「水戸黄門」でのかげろうお銀役で、入浴シーンが人気を博し、同番組の人気に大きく貢献しました。


年齢は?出身は?身長は?本名は?

由美さんは、1950年11月12日生まれ、
京都府京都市のご出身で(兵庫県川西市育ち)、

身長157センチ、

血液型はB型、

本名は、
西辻由美子(にしつじ ゆみこ)、

学歴は、
梅花高等学校中退、

趣味・特技は、
アコーディオン、

ちなみに、由美さんのスリーサイズは、
86-58-86だそうですが、

なんと、デビュー当時(15歳)から、
現在までほぼ変わっていないそうで、
中学の時のスカートが入るんだそうです。

「11PM」で人気を博す

由美さんは、3歳からバレエを習い始め、
小学校6年生の時には、もっと本格的に習おうと、
大阪・京橋の「西野バレエ団」に通い始められると、

主宰者の西野皓三さんが、テレビ番組の企画、
構成なども手がけていたことから、

1966年、中学3年生の時には、テレビ番組「11PM」の、
ミュージカルショーのコーナーで主役に抜擢されます。

すると、まばゆい照明の下、バックダンサーを従えて、
網タイツ、ハイヒール姿で、堂々と歌い踊る由美さんに対し、
テレビ局には問い合わせが殺到。

電話の回線がパンクするほどの人気を博したのでした。

石原裕次郎の相手役で映画デビュー

そして、同年、この番組を見た石原裕次郎さんから、
自身が主演する次回作で相手役になってほしい、
とオファーを受けると、

映画「夜のバラを消せ」で映画デビュー。

「夜のバラを消せ」より。由美さんと石原裕次郎さん。

由美さんは、マネージャーとともに裕次郎さんの自宅に泊まり、
そこから撮影所に通う日々を送られたそうで、

由美さんは、当時を振り返り、

かっこいい、脚の長いステキな優しいお兄様でしたね。

と、裕次郎さんについて語っておられます。

ダンスグループ「レ・ガールズ」で活躍、歌手としても

また、1967年には、同じく「西野バレエ団」に所属していた、
原田糸子さん、金井克子さん、奈美悦子さん、江美早苗さんとともに、
ダンスグループ「レ・ガールズ」を結成すると、

本格的に歌って踊れるアイドルとして、
当時の若い世代に熱狂的な支持を受け、

「レ・ガールズ」(左から)由美さん、原田糸子さん、
金井克子さん、奈美悦子さん、江美早苗さん。

同年には「みんなあげましょう」でソロデビュー。

「みんなあげましょう」

女優としても、次々と映画に出演されると、

1973年「同棲時代-今日子と次郎-」
     「しなの川」

1974年「ノストラダムスの大予言」
     「エスパイ」

1976年「超高層ホテル殺人事件」

「エスパイ」より。藤岡弘さんと由美さん。

でヌードを披露するなど、抜群のプロポーションを活かした、
セクシー路線で、人気を博したのでした。

看板?

ちなみに、由美さんは、1970年、19歳の時、
アース製薬(大塚グループ)の蚊取り線香「アース渦巻」の、
CMキャラクターとして起用されると、

ルームウェアのショートパンツから、
美しい脚を惜しげもなくさらしたホーローの看板が、
街中至る所に張り出され、世の男性たちをを虜にしたのですが、

現在、この看板は、ネットオークションで、
高額で取引されているのだとか。

(当時、大塚グループは、由美さんのほかにも、
 大村崑さんの「オロナミンCドリンク」、浪花千栄子さんの「オロナイン軟膏」
 松山容子さんの「ボンカレー」、水原弘さんの「ハイアース」など、
 タレントを使ったホーロー看板で広告戦略を打ち出していました)

運が良ければ、ひなびた山間部のバス停や、
古い農家の土壁などで目にすることができるかもしれませんね。

「水戸黄門」での入浴シーンが人気に

さて、女優・歌手として、
着実にキャリアを積まれていた由美さんは、

1986年、35歳の時、これまで何度かゲスト出演していた、
時代劇「水戸黄門」に、くノ一・かげろうお銀役で、
正式にレギュラー出演されると、

色仕掛けで悪人に迫り、
上機嫌にさせたところで悪事を聞き出す、

という諜報活動を行っていたことから、
入浴シーンが名物となるほど人気を博し、

なんと、59歳で降板されるまで、
200回以上もお風呂に入り続けたそうで、

由美さんは当時を振り返り、

お風呂のシーンがいいわよと言われましたが、
女性っぽく、色っぽく見てくださるのは非常にうれしいですね。

と、明かされています。

ただ、現場では、お風呂を用意するのが大変だったようで、
スタッフが、ポリバケツに温かいお湯を入れたり、
電熱器みたいなもので1日がかりで沸かされていたそうで、

ある時には、お湯が抜けてしまったこともあり、
その時には、由美さんは、水着が見えないように、
体をお湯に沈めて撮影を切り抜けたこともあったそうです。

(ちなみに、「かげろうお銀」は、2001年にスタートした、
 第29部から水戸黄門役が石坂浩二さんに変わった時点で、
「疾風のお娟」という役に変更されますが、入浴シーンは継続されました♪)

出演作品(映画、テレビドラマ)

それでは、ここで、
由美さんのそのほかの出演作品もご紹介しましょう。

映画では、

1966年「嵐を呼ぶ男」
1967年「シンガポールの夜は更けて」
     「銀の長靴」
     「バラ色の二人」
     「恋のメキシカンロック 恋と夢の冒険」
     「レッツゴー!高校レモン娘」

「シンガポールの夜は更けて」より。橋幸夫さんと由美さん。

1968年「ミニミニ突撃隊」
     「初恋宣言」
     「海はふりむかない」
1971年「コント55号とミーコの絶体絶命」
1973年「同棲時代 -今日子と次郎-」
     「しなの川」

1974年「ノストラダムスの大予言」
     「エスパイ」
1976年「おしゃれ大作戦」
1976年「超高層ホテル殺人事件」
1976年「トラック野郎・天下御免」
1978年「火の鳥」

「火の鳥」より。仲代達矢さんと由美さん。

テレビドラマでは、

1966年「かあさん握手だ」
1967年「窓からコンチワ」
1968年「ぼん太のド・サイケ紳士録」
1969年銀河テレビ小説「結婚」
1970年「東京の山賊」
1971年銀河テレビ小説「おおい雲」

「おおい雲」より。由美さんとなべおさみさん。

1972年「うなぎのぼり鯉のぼり」
1973年「夫婦学校(2)」
1974~1975年「日本沈没」
1976年「禁じられた美徳」
1977年「近眼ママ恋のかけひき」
1978~1979年「ゆうひが丘の総理大臣」

1980年「お初天神」
1981年「江戸を斬るVI」
1982年「髑髏検校」
1983年「遠山の金さん 第1シリーズ 」
1984年「逃げるヌードモデル」
1985年「ああ嫁姑」

「江戸を斬るVI」より。(左から)谷幹一さん、関口宏さん、由美さん。

1990年「女忍かげろう組<弍>」
1991年「女忍かげろう組<参>」
1995年「水戸黄門外伝 かげろう忍法帖」
1997年「南町奉行事件帖 怒れ!求馬」第3話
2003年「まんてん」

ほか、数多くの作品に出演されています。

「由美かおるの若さの秘訣は呼吸法!食事は?秋山仁と?結婚歴は?」に続く

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ