森進一の若い頃は?年齢は?本名は?少年時代は極貧!

Sponsored Link

母子家庭で極貧の家族を養うため、中学卒業と同時に集団就職で鹿児島から大阪に移り住まれた、森進一(もり しんいち)さん。その後は17回も転職を繰り返すのですが、ひょんなきっかけで、のど自慢番組「リズム歌合戦」に出場されると、あれよあれよと5週連続勝ち抜き、優勝を果たされます。


年齢は?出身は?身長は?本名は?

森さんは、1947年11月18日生まれ、
鹿児島県鹿児島市のご出身(山梨県甲府市生まれ)、

身長165センチ、
体重53キロ、

血液型はO型、

本名は、
森内一寛(もりうち かずひろ)、

学歴は、
鹿児島市立長田中学校卒業、

趣味は、
釣り、ゴルフ、

事務所は、
渡辺プロダクション、

ちなみに、芸名「森進一」の名付け親はハナ肇さんで、
本名の「森内」「一寛」から一字ずつ取り、
渡辺プロの創業者で代表取締役会長の渡辺晋さんの、
シンを進と読み替えて命名されたそうです。

極貧だった少年時代

森さんのお父さんとお母さんは、
結婚を家族に反対されたことから、
駆け落ちして山梨県の甲府に落ち着き、
そこで森さんは誕生します。

その後、看板の絵を描く仕事をしていたお父さんは、
静岡県の沼津市に単身赴任となるのですが、

森さんが小学校1年生の時には、
森さんも、お母さんとともに沼津市に引っ越し、
そこで7歳年下の妹と9歳年下の弟が誕生。

しかし、やがて、お父さんは外に女性をつくり、
家に帰って来なくなってしまいます。

そこで、思いつめたお母さんは、お父さんの妹の近くにいれば、
お父さんの消息がわかり、よりを戻せると考え、
お父さんの妹がいる山口県に森さんたちを連れていくのですが、

思惑通りにはいかず、生活保護を受けながら、
市の母子寮で暮らす日々。

それでもしばらくすると、
お母さんはパートで働き始めるのですが、
経済的に苦しいことに変わりはなく、

森さんは、朝は牛乳と朝刊の配達、
学校が終わると夕刊の配達をして家計を支えられたのでした。

ちなみに、お母さんは、「胆石」「パセドー病」も抱えており、
「胆石」の痛みを止めるのにモルヒネを使っていたことから、
意識が混濁することがあったそうで、

そんなお母さんを外出先に迎えに行くのも、
長男である森さんの役目だったのでした。

集団就職で大阪へ~すし屋に就職するも・・・

そんな森さん一家(お父さんを除く)は、
1962年、森さんが中学3年生の時、
お母さんの故郷である鹿児島県に戻られると、

そこで、乾物屋を始められるも、
商売はうまくいかず、

森さんは、中学卒業後、
母親、幼い妹、弟を養うため、集団就職で大阪に移住。

(森さんが故郷を出る時、お母さんはラーメン屋で働いていたのですが、
 少しだけ店を抜け出し、線路際に立って、白い前掛けを外して、
 大きく振ってくれたそうで、その姿がその後の森さんの、
 心の支えとなったそうです)

その後、大阪の十三(じゅうそう)にある、
すし屋に就職されるのですが、

住み込みで働いて月給5千円と賃金が安かったため、
(現在の貨幣価値で換算すると約5万円ほど)
手元にはほとんど残らず、

そのうえ、先輩から下駄で殴られるなど、
ひどい目にあったそうで、

1ヶ月で辞めると、鹿児島へ戻り、
「キャバレーエンパイア」でバンドボーイとして働き始めます。

しかし、しばらくすると、
1円でも多く鹿児島の家族に仕送りしたい、
との思いから、再び大阪へ行くと、

鉄工所、バーテンダー、運送業など、
住み込みのできるところを探して働き、
なんと17回も転職を繰り返されたそうで、

森さんは、後に、当時のことを振り返り、

僕は連続殺人犯の永山則夫(ながやま のりお)と、
よく似ていると比較される。

集団就職で都会に出て、
居場所が見つけられなくて、転々としていた。

僕が永山則夫になってもおかしくなかった。
僕には、母がいたから、踏みとどまっていられた。

と、おっしゃっています。

永山則夫死刑囚

(永山則夫とは1968~1969年にかけて、
 「連続ピストル射殺事件」を引き起こした死刑囚で、
 1997年に死刑が執行されています)

のど自慢番組「リズム歌合戦」で優勝しスカウトされる

そんな辛い日々の中、
森さんが大阪の串カツ屋で働いていると、

芸能関係のお客さんに、当時まだ無名に近かった、
「ジャニーズ事務所」の話を聞いたそうで、
興味を持ち、1965年に上京。

右も左も分からない東京で、
当初は、井の頭公園で野宿されるも、

やがて、親戚の家に下宿させてもらうようになり、
荻窪のラーメン屋で働くことに。

そして、親戚の叔母さんに勧められ、
のど自慢番組「リズム歌合戦」に出場すると、

東京タワーで行われた予選を通過し、
あれよあれよと本戦を5週連続勝ち抜き、見事優勝。

(森さんは、アントニオ古賀さんの「その名はフジヤマ」や、
 安達明さんの「女学生」をマラカスを振って歌ったそうです)

その時、審査委員だったチャーリー石黒さん
(バンド「東京パンチョス」のリーダー)に、
「プロにならないか」と、スカウトされたのでした。

「森進一は昔ポップス歌手志望だった!デビューは?おふくろさん他ヒット曲は?」に続く

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ