西川きよしの若い頃は?吉本新喜劇でヘレンと?相方横山やすしとの出会いは?

Sponsored Link

17歳の時、喜劇役者の石井均さんに弟子入りし、その後、「吉本新喜劇」の研究生となられた、西川きよし(にしかわ きよし)さん。新喜劇では通行人の役など端役ばかりだったのですが、新喜劇のマドンナ女優・ヘレン杉本さんと周囲の反対を押し切って交際、結婚を考え始めた頃、天才漫才師の横山やすしさんに漫才コンビ結成を誘われます。


年齢は?出身は?身長は?本名は?

西川さんは、1946年7月2日生まれ、
高知県高知市朝倉のご出身(大阪市港区・住吉区育ち)、

身長165センチ、
体重63キロ、

血液型はO型、

本名は、
西川潔(にしかわ きよし)、

学歴は、
高知市立朝倉小学校小学校
⇒大阪市立市岡小学校(編入)
⇒大阪市立三稜中学校卒業

趣味は、
池釣り、肩たたき、

だそうです。

父親が事業に失敗~困窮を極めた少年時代

西川さんは、高知県で誕生するのですが

7歳の時、建築関係の仕事をしていたお父さんの事業が傾き、
借金取りが家に押し寄せて、一家は窮地に陥ったそうで、

その後、高知を逃げるように大阪へ転居すると、
西川さんは、両親を助けるため、10歳から、
八百屋、牛乳配達、新聞配達などのアルバイトをして、
家計を支えられたそうです。

(ちなみに、西川さんは、お給料を渡した時の、
 お母さんの喜ぶ顔を見るのが、何より幸せだったそうです)

一方、中学時代にはサッカーに夢中になり、
高校でもサッカー部に入ることを望むも、

タクシー運転手をしていたお父さんが、
「十二指腸潰瘍」で倒れてしまい、

西川さんは、やむなく、
高校進学を断念して就職されたのでした。

喜劇俳優の石井均に弟子入り

しかし、就職した自動車修理工場では、
手にやけどを負ってしまい、ほどなくして退職。

そして、かねてより、会社の先輩たちから、

「トンチがきく」

「お前はおもしろい」

と、笑いについて褒められていたことから、
芸能の道に進もうと、

ミヤコ蝶々さん、藤田まことさん、白木みのるさん、
佐々十郎さんと、弟子入りを志願されるのですが、
すべて断られたそうで、

最後に、9日間、毎日弟子入りを志願した、
喜劇俳優の石井均さんに拾われたのでした。
(西川さん17歳の時)

吉本新喜劇~ヘレン杉本との出会い

こうして、石井さんに弟子入りした西川さんは、
1年後(19歳の時)、人手が足りないからと、
「吉本新喜劇」に誘われ、研究生として入団すると、

「なんば花月」(現在の「なんばグランド花月」
で初舞台を踏み、以降、通行人など端役として、
舞台に出演されるのですが、

そこで、運命の人と出会います。

その人こそ、現在の西川さんの奥さんである、
ヘレン杉本さんで、

ヘレンさんは、当時、すでに、
「吉本新喜劇」の売れっ子女優だったことから、

まだ芸人として食べていくことのできない、
西川さんと坂田利夫さんを養いながら、
ともに生活されていたのですが、

いつしか西川さんは、
ヘレンさんに恋心を抱くようになります。

そして、ある日のこと、
ヘレンさんが舞台出演中に熱を出してしまい、

その劇場の近くにあった、
西川さんの実家で看病してもらうことに。

すると、当時、西川さんの実家は貧しく、
2間に家族7人で暮らす生活だったのですが、

母子家庭で育ったヘレンさんは、
家族一家総出で看病してくれたことに、

狭いけど、家族みんな、
仲良く楽しく暮らす素敵な家だな。

と、思われたそうで、

このことがきっかけとなり、
お二人は交際することになったのでした。

しかし、ほどなくしてお二人の交際が周囲に知れ渡ると、
しがない大部屋俳優(西川さん)と、
トップ女優(ヘレンさん)の恋愛に周囲は猛反対。

西川さんは、

ヘレンと結婚したいならお前は吉本を辞めろ!

とまで言われるのですが、

ヘレンさんに、

私が仕事をやめて、あなたを支えて上げる

と言われ、ヘレンさんとの結婚を決意されたそうで、

ヘレンさんから、

もろおてくれませんか?

とプロポーズされた西川さんは、
大きな目をむき、

僕もずっといいたかったんや!

と、返事をされたのでした♪

(ただ、様々な事情から、すぐに結婚、
 というわけにはいかなかったようです)

相方・横山やすしとの出会い

そんな中、西川さんは、
歌謡浪曲師の中山礼子さんの紹介がきっかけで、
漫才師の横山やすしさんと出会われると、

やすしさんから、喫茶店に何十回と呼び出され、

お芝居での役の表現よりも、
言葉のキャッチボールの方が君には合っている。

と、コンビ結成を口説かれます。

ただ、これまで、漫才などやったことがないうえ、
しかも、相方は天才漫才師と謳われたやすしさん。

西川さんは、当初は勇気が出ず、迷いに迷ったのですが、
ヘレンさんとの結婚を考え、もう後がない状態だったことや、

そのヘレンさんに、

漫才ではお客さんは2人しか見ていないから、
上手、下手、努力も手抜きも分かる。思い切ってやったらどう?

と、背中を押されたことで、
やすしさんとコンビを結成することを決意されたのでした。

ちなみに、当時の社長や部長は、

やすしくんとだけはやめとけ、二度と芝居には戻ってこれんぞ。

と、吉本新喜劇を辞めて、やすしさんとコンビを組むことには猛反対。
周囲からは祝福されないコンビ結成となったのでした。

漫才コンビ「やすきよ」結成も・・・

こうして、1966年、
漫才コンビ「やすきよ」を結成したお二人は、
同年6月「京都花月」で初舞台を踏まれるのですが・・・

結成当初の横山やすしさん(左)と西川さん。

やすしさんが、台本を2回読んだだけで漫才の流れをつかむほどの、
天才的な飲み込みの良さから、稽古を重視していないのに対して、

西川さんは、読み合わせだけでも、
十回以上はしなければ気がすまなかったことから、

西川さんには、やすしさんが単なる「稽古嫌い」と感じて、
稽古のことで揉めることが多く、

時には、背広がボロボロになるほどの掴みあいの喧嘩に発展、
ブチ切れたやすしさんが、

「解散や!!!」

と怒鳴り散らし、
吉本興業に解散の旨を伝えたこともあったそうで、

お二人のコンビ仲は、
決して良いとは言えないものだったのでした。

「西川きよしの現在は?病気だった?長男は?次男は?娘は?」に続く

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ