坂本龍一の幼少期から若い頃は?年齢は?細野晴臣と高橋幸宏との出会いは?

Sponsored Link

幼い頃からピアノに触れ、早くからピアノと作曲の才能を発揮されていた、坂本龍一(さかもと りゅういち)さんですが、その後、様々な人物との出会いで現在の坂本さんが作られていきます。


年齢は?出身は?身長は?本名は?

坂本さんは、1952年1月17日生まれ、
東京都中野区のご出身(東京都世田谷区給田育ち)、

身長171センチ、

血液型はB型、

学歴は、
世田谷区立祖師谷小学校
⇒世田谷区立千歳中学校
⇒東京都立新宿高等学校
⇒東京藝術大学入学卒業
⇒東京藝術大学大学院音響研究科修士課程修了

趣味は、
読書、映画鑑賞、バッハ以前の時代の音楽を聴く、

ちなみに、坂本龍一は本名で、

お父さんは、河出書房の編集者、坂本一亀さん、
(三島由紀夫、野間宏、中上健次などを担当)

少年時代の坂本さんとお父さんの一亀さん。

お母さんは、帽子デザイナーで、
銀座の宝石商に勤務されていた、坂本敬子さん、

幼少期の坂本さんとお母さんの敬子さん。

母方の祖父は、実業家で共保生命取締役、
東亜国内航空会長の下村彌一さん、
(内閣総理大臣池田勇人さんと親友で、
 池田さんの葬儀では弔事を読まれたとか)

母方の叔父(母の弟)は、
歴史学者で、千葉大学名誉教授の下村由一さん、

だそうです。

ピアノに夢中になった幼少期~小学校時代

坂本さんは、幼い頃、
「世田谷幼児生活団」に入団されると、

3歳の時、(英才教育ではなく)情操教育の一環として、
初めてピアノに触れたそうで、

(そこで作曲した「うさぎのうた」が人生初の作曲だとか)

その後、小学校に入学後、ピアノ好きの叔父さんの影響を受け、
ピアノの音が好きになり、本格的にピアノを習うようになったそうです。

ちなみに、坂本さんの自宅にはピアノがなかったため、
叔父さんの家に行ってピアノを弾かせてもらっていたそうで、

そのついでに、叔父さんの膨大なコレクションのレコードを聴き、
両方の手を平等に使うバッハの曲が好きになったそうです。

当時の坂本さん

中学はバスケットボールに夢中になるも、再びピアノへ

そんな坂本さんは、10歳になると、
ピアノの先生だった徳山寿子先生に作曲を習うよう強く勧められ、

東京藝術大学教授の松本民之助さんに師事して、
作曲を学び始めるのですが、

この頃の坂本さんは、特に、音楽の世界に、
強い関心があったわけではなかったそうで、

中学に入ると、バスケットボールに夢中になり、
作曲もピアノも辞めてしまいます。

しかし、それから半年ほど経った頃、
自分の心にポッカリ穴が空いたような寂しさに襲われ、

最初はそれが何か分からなかったのですが、
やがて、音楽から離れたせいだと分かったそうで、

作曲の先生とピアノにの生に頭を下げて、
もう一度習い始めることになったのでした。

坂本さんは、その当時を振り返り、

そこから自分の気持ちが変わり、楽譜を買いにいって、
同じ楽譜を半年くらい毎日毎日見ては師匠とし、
ソナタを作ったりして音作りをまねし始めました。

ラジオ少年が、初めて、
鉱石ラジオで音を出した時のような喜びに似ていたでしょうね。

と、明かされています。

ちなみに、中学2年生の坂本さんが夢中になった作曲家は、
ドビュッシーとラヴェルだったそうです。

高校でピアノのレッスンを辞め、好きな曲に没頭

しかし、開始したピアノのレッスンは、
エチュード(練習曲)ばかりだったそうで、

坂本さんは、それが嫌で嫌でたまらず、高校生になると、
レッスンをズル休みするようになり、ついには破門に。

以来、坂本さんは、もう練習しなくていい嬉しさから、
好きな音楽だけを何時間も弾くことに没頭されたのでした。

当時の坂本さん

学生運動に身を投じる

また、坂本さんは、
好きな音楽に没頭する一方で、

学園紛争の真っ最中という時代だったこともあり、
高校時代から、学生デモに参加。

そして、東京藝術大学に進学すると、
現代音楽家にもかかわらず、尺八や琵琶などの、
邦楽器を使用されていた、作曲家の武満徹さんに、

「右っぽい(右翼っぽい)」

とう印象を受けたことから、

武満さんのコンサート会場に、
抗議のビラを2回もまきに行かれているのですが、

2回目の時には、ご本人がビラを持って出てこられ、

これを書いたのは君か

と、言われたことから、
気の弱い学生だった坂本さんは、

何で・・・、和楽器を取り入れたんでしょうか?

と、口ごもりながら丁寧な口調で尋ねられたそうで、

その後、30分くらい立ち話で話し込むと、
(どのような話をされたのかは不明ですが)

坂本さんは、すっかり、武満さんの話に引き込まれ、
以来、(屈折した)尊敬を抱くようになったのでした。

小泉文夫の「民族音楽」研究の講義に衝撃を受ける

その後、坂本さんは、武満さんの影響で、
伝統的な音楽に興味を抱くようになり、
民族音楽学研究の小泉文夫さんの講義を受けられると、

小泉文夫さん

その内容の深さに、それまで培ってきた音楽観の根底を、
揺さぶられるような大きな衝撃を受けられたそうで、

坂本さんは、後に、

小泉文夫はぼくの音楽に対する態度に決定的に影響を与えた人です。
実は、音楽にとどまらず、あらゆる文化・人を、
公平に見るということを教えてくれた人です。

小泉文夫の授業に参加し、個人的にも知り合えたことは、
ぼくの人生の誇りであり忘れられない思い出です。

あんなに明晰で、しかも暖かい人には会ったことがありません。
今でも小泉文夫の笑顔を思い浮かべる時、彼を失った悲しさで涙が出、
彼をうばった死に対して行き場のない憤りをおぼえます。

ぼくたちは、小泉文夫が何をし何を言ったか、
もう一度よく知る必要があります。

と、その思いを明かされています。
(岡田真紀著「世界を聴いた男:小泉文夫と民族音楽」(1995年発売)の帯より)

世界を聴いた男―小泉文夫と民族音楽

大学3年生の時に結婚~ピアノ弾きのバイトで生計をたてる~

それでも、坂本さんは、この頃はまだ、
音楽の世界で何かができるとは思われていなかったことから、

大学3年生の時には結婚し、生活のために、
地下鉄工事の仕事(肉体労働)を始めるのですが、

親方から、向いていないことを理由に、
3日でやめさせられてしまい、

その後は、ピアノの腕を活かし、
酒場でピアノ弾きのバイトを始められたそうです。

(ピアノ弾きのバイトは時給が良かったそうですが、
 自分にとって大切な音楽で安易にお金を稼いだことは、
 今でもトラウマになっているそうです)

スタジオミュージシャンとして活動~細野晴臣&高橋幸宏との出会い~

そして、1974年には、大学を無事卒業し、
同大学院の音響研究科修士課程に進学されると、

大学院在学中の1975年には、新宿ゴールデン街で、
「和製ボブ・ディラン」こと、友部正人さんと意気投合し、

友部さんのアルバム「誰もぼくの絵を描けないだろう」に、
ピアノで参加し、スタジオミュージシャンとしての活動をスタート。

誰もぼくの絵を描けないだろう

翌年の1976年には、竹田賢一さんと、
「学習団」(芸術-実践の運動体)を結成し、

竹田さんのプロデュースで、
初のアルバム「ディスアポイントメント-ハテルマ」を発表すると、

ディスアポイントメント – ハテルマ

その後、りりィさんのバックバンド、
「バイバイセッションバンド」に所属されるのですが、

そこで、当時のりりィさんのマネージャー(現:株式会社365代表)から、
細野晴臣さんのマネージャーを紹介されたことがきっかけで、
細野さんと知り合われると、

同年、細野さんの「ティン・パン・アレー」ツアーで、
サポートメンバーとして起用され、

1978年には、細野さんのソロアルバム「はらいそ」
の収録に参加された際、初めて、高橋幸宏さんと出会われたのでした。

はらいそ

(ちなみに、坂本さんは、初期の山下達郎さんの楽曲や、大瀧詠一さんのアルバム
 「NIAGARA TRIANGLE Vol.1」などにキーボードとして参加されるほか、
 大貫妙子さんのLP「サン・シャワー」「ミニヨン」「ロマンティック」
 などにも、アレンジャー、プロデューサーとして参加されています)

「坂本龍一のYMO散開理由は?戦メリで俳優?ラストエンペラーでアカデミー賞!」に続く

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ