アントニオ猪木の本名は?身長は?ブラジルで奴隷労働?砲丸投げ優勝で力道山と?

Sponsored Link

5歳の時にお父さんを亡くし、さらに実家の石炭問屋が倒産したことで、極貧生活を強いられ、貧困から抜け出すため一家でブラジルへ移住された、アントニオ猪木(アントニオ いのき)さんですが、そこで待っていたのは、想像を絶する過酷な労働の日々。そして、力道山と奇跡的な出会いを果たすのですが・・・




年齢は?出身は?身長は?本名は?


アントニオ猪木さんは、1943年2月20日生まれ、
神奈川県横浜市鶴見区生麦町(現・鶴見区岸谷)のご出身、

身長182センチ、
(現役当時は189センチ)

体重95~96キロ、

血液型はAB型、

本名は、
猪木寛至(いのき かんじ)、

学歴は、
横浜市立寺尾中学校卒業、

ちなみに、猪木さんは、1991年に、
イラクのシーア派聖地カルバラーにてイスラム教に改宗されており、
ムスリム名は「モハメッド・フセイン」というそうです。


父の死~実家が倒産~ブラジルへ


猪木さんの両親は、石炭問屋を営んでいたのですが、
猪木さんが5歳の時、お父さんが病気で他界。

また、追い打ちをかけるように、
エネルギー源が石炭から石油に変わったことで、
実家の石炭問屋は倒産。猪木さん一家は困窮を極めます。

その後、猪木さんが13歳の時、
猪木さん一家(おじいさん、お母さん、兄弟たち)は、
貧困から抜け出せるかもしれないとの希望から、

当時、国が政策として推し進めていた、
ブラジルへの移住を決意されるのですが、

今度は、渡航中の船上で、おじいさんが、
毒性のある未熟なバナナを食べて他界。

猪木さんは、生前、
自分をかわいがってくれたおじいさんが言っていた、

「乞食になっても世界一の乞食になれ」

との言葉を胸に、おじいさんの遺体を、
日の丸国旗にくるんで海に流したのだそうです。

(戦後、日本は、不景気で失業者が溢れていたため、
 政府が、ブラジルに行けば広大な土地と安住の地があると、
 ブラジルへの移住を推進していました)

奴隷労働の日々


そして、ブラジルに到着した猪木さんは、
サンパウロのコーヒー農園で働くことになったのですが、

そこでのコーヒー豆の収穫を中心とした仕事は、
朝の5時から夕方の5時までという長時間労働で、

作業が終わり、与えられた小屋に戻って、
着替えるためにTシャツを脱ぐと、Tシャツに染み込んだ汗の塩分で、
Tシャツが固まって立つほどの重労働。

そのうえ、作業のたびに、手はずるむけて血まみれになり、
痛みをこらえながらの過酷なものだったのですが、

契約は1年半で、その間は、何があっても、
ここの農園で働き続けなければならない、との契約を結んでいたため、
逃げることは許されず、ひたすら耐えるしかなかったのでした。


砲丸投げで優勝~力道山からスカウト


そんなある日のこと、
お兄さんが砲丸を買って来てくれたことから、

猪木さんは、それ以来、
労働の合間に砲丸投げの練習をするようになると、

やがて、コーヒー農園での1年半の労働契約を終え、
昼間は、高校に通って、砲丸や円盤投げの練習、
夜は青果市場で「かつぎ屋」と呼ばれる仕事をするようになったそうで、

1960年には、現地の陸上競技大会の、
砲丸投げに出場されると、見事優勝。

(「かつぎ屋」とは、仲介人が市場で買った野菜を、
 かついでトラックに乗せるという仕事)


当時の猪木さん(中央)

すると、ちょうどその頃、遠征でブラジルを訪れていた、
プロレスラーの力道山さんが、猪木さんらしき人の噂を聞きつけ、
あちこち探し回っていたそうで、

その話を聞いた、猪木さんが働く青果市場の社長が、
猪木さんではないかと、ピンときたことから、
猪木さんを力道山さんに紹介すると、

力道山さんは、猪木さんに、初対面でいきなり、

おい、裸になれ。

と言われたそうで、

猪木さんが上半身裸になると、
その肉体を見て納得し、

よし、日本へ行くぞ。

と、一言。

こうして、猪木さんは、
力道山さんの迫力に飲まれるような形で、

よし、母国でプロレスというものに挑戦してやろう!

と、プロレスラーになることを決意。

そのまま、力道山さんとともに帰国し、
「日本プロレス」に入団されたのでした。


猪木さん(左)と力道山さん。

そして、同じ日に入門した、ジャイアント馬場さんや、
ほかの若手とともに厳しいトレーニングに励まれると、

その5ヶ月後の1960年9月30日には、
馬場さんと同じ日にデビューされたのですが・・・

「アントニオ猪木の若い頃は?国籍は?力道山から壮絶な虐待!米武者修行時代は?」に続く


ジャイアント馬場さん(左)と猪木さん。

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ