上沼恵美子の年齢は?若い頃は姉と海原千里万里で漫才師!結婚で引退していた?

Sponsored Link

大阪を拠点としながらも、1994年、1995年には、2年連続で「NHK紅白歌合戦」の紅組司会者を務められるなど、実質は全国区で人気の、上沼恵美子(かみぬま えみこ)さん。そんな上沼さんの意外な芸能界入りのきっかけ、ご主人との馴れ初めなどをご紹介します。


年齢は?出身は?本名は?

上沼さんは、1955年4月13日生まれ、
兵庫県三原郡福良町(現・南あわじ市福良乙)のご出身、

学歴は、
帝国女子高等学校大和田校中退、
(現・大阪国際大和田高等学校)

趣味は、なし、

ちなみに、上沼恵美子は本名で、
旧姓は橋本です。

若い頃は~姉と「海原千里・万里」でデビュー

上沼さんは、お父さんが演芸好きだったため、
幼い頃から演芸や歌を見たり聞いたりしながら育ち、

10歳の頃から、お父さんの勧めで、のど自慢大会に出場すると、
「のど自慢荒らし」と呼ばれるほど歌が上手で、
毎回、天童よしみさんが優勝、上沼さんが準優勝だったそうです。

しかし、中学生になると、今度は、
お姉さんの芦川百々子さんとともに芸人になるよう命じられ、
二人そろって海原小浜さんの元に弟子入りすることに。

それで、上沼さんは、当初は、

OLのつもりでやっていたんです。
結婚相手が見つかったらさっさと引退するつもり・・・

と、イヤイヤやっていたのですが、

お姉さんがコンビを組む予定だった相方が、
デビュー直前に突然蒸発してしまい、

急遽、妹である上沼さんが相方となってコンビを組むことになり、
中学卒業後の1971年には、姉妹漫才コンビ「海原千里・万里」の妹、
海原千里としてデビューすると、

同年、いきなり「上方お笑い大賞」で銀賞を受賞、

1973年には、「NHK漫才コンテスト」で、
最優秀賞を受賞されるなど、

上沼さんは、その巧みな話術で、
一躍、漫才界のスターとなったのでした。


「海原千里・万里」
右が海原千里こと上沼さん。左がお姉さん。

結婚して芸能界引退

そして、1975年、20歳の時には、
「大阪ラプソディー」でレコードデビューも果たすと、

北島三郎さんに歌手転向を勧められるほどの歌唱力で、
40万枚を売り上げる大ヒットを記録するなど、
まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだったのですが・・・

同年、出演したテレビ番組「日曜ドキドキパンチ」で、
8歳年上の関西テレビディレクター、上沼真平さんと出会うと、
たちまち恋に落ちてしまい、1977年5月には結婚。

新婚旅行から帰国すると、かねてからの希望どおり、
芸能界を引退してしまったのでした。

(実は、もともとは、お姉さんの結婚が先に決まっていて、
 お姉さんだけが芸能界を引退する予定だったのですが、
 上沼さんの方が一足先に結婚し引退。その後、お姉さんも、
 翌月の6月に結婚されています)

夫が好きで好きでたまらなかった

そんな上沼さんは、交際当初、
真平さんのことが好きで好きでたまらなかったそうで、

自分から真平さんに熱烈なアプローチをし、
大恋愛の末に結ばれたそうなのですが、

その馴れ初めを、2017年8月6日放送の、
「上沼・高田のクギズケ!」で、激白されています。


新婚当初の上沼真平・恵美子夫妻とお姉さん(後)。

上沼さんは、「海原千里・万里」時代、
お姉さんと新大阪のマンションで同居されていたのですが、

お姉さんが東京の恋人のところに行って留守だった日、

上がってお茶でも

と、真平さんを部屋に誘い、お茶を入れていると、

あなたはこうやって、平気で部屋に上げるんですね

と、真平さんに言われてしまったそうで、
ムッとしつつも、その気持を抑えて、

上沼(真平)さんはもう、絶対変貌しないもん
オオカミに絶対ならないもの

と答えたところ、

なるかもしれませんよ

真平さんがドキッとする一言。

その言葉に、上沼さんは、

服着てたのに、お風呂の蛇口ひねりにいったもん。
身を清めてから、と思ったから、自分の。

イヤやんか、臭いまんまって。
臭くはないよ。準備に入ったんですよ。

と、舞い上がり、

今日は結ばれる日や、初めての経験や、好きな人やからええわ

と、心臓バクバクで風呂場から戻ってきたのですが・・・

なんと、真平さんは、
すでに靴を履いていたそうで、

おおい!待てえ!

と、心で叫びつつも、

男女関係には、

ならへんかった

そうです(笑)。

ちなみに、真平さんとは、あらためて、1975年の2月2日、
この新大阪のマンションで結ばれたそうです♪

芸能界復帰~西の女帝として関西で活躍

こうして、1977年5月に結婚した上沼さんは、
翌年の1978年4月には男の子を出産するのですが、

早くも専業主婦の生活が耐えられなくなり、
同年7月には、本名の「上沼恵美子」で芸能界に復帰すると、

以降、歯に衣着せぬ本音トークで人気を博し、
「西の女帝」と言われるほど、
関西では誰もが知る人気タレントに。

そして、1994年、1995年には、
2年連続で「NHK紅白歌合戦」の紅組司会者を務められるなど、
東京にも進出か、と思われたのですが・・・


第46回紅白歌合戦で司会を務める、上沼さんと古舘伊知郎さん。

芸能界に復帰するとき、ご主人の真平さんと、

(仕事をする範囲として)西は姫路、東は京都まで

と、約束されていたそうで、
それを守って、本格的な東京進出は断念。

上沼さんは、2014年1月に出演された、
テレビ番組「上沼・高田のクギズケ!」では、

来世は東京に行きたい

東京進出をしないのは、大阪の人と結婚したから。
(東京に行ったら)別居になるやん。今度は東京の人と結婚したい!

NHKから大河ドラマの出演打診があったが、
東京収録のため断った。

紅白の司会をした後、在京局(東京)から、
11本に及ぶレギュラー番組のオファーがあったが、
夫を優先するため全て断った。

と、あくまでもご主人が最優先のスタンスを示されたのでした。

「上沼恵美子が旦那が原因の病気?完全別居で離婚?息子は逮捕?」に続く

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ