上沼恵美子が旦那が原因の病気?完全別居で離婚?息子は逮捕?

Sponsored Link

東京進出のオファーが何回もあったにもかかわらず、ベタぼれのご主人の意向を最優先に、大阪に残っていることを明かされていた上沼恵美子(かみぬま えみこ)さんですが、実は、2008年にご主人が定年退職した頃から、様相が変わってきているようです。


「上沼恵美子の年齢は?若い頃は姉と海原千里万里で漫才師!結婚で引退していた?」からの続き

旦那が原因で病気?

というのも、今までは、あくまで、自身がベタぼれしている、
ご主人を最優先にしてきた上沼さんですが、

2018年7月、結婚41年目にして、
ご主人と別居していることが週刊誌に報じられたのです。

記事によると、ご主人の上沼真平さんは、
関西テレビの関連会社の社長に就任したばかりの2008年、
その地位を捨てて定年退職の道を選ばれているのですが、

定年後は、ゴルフやウクレレなどの趣味に熱中しつつ、
その一方で、上沼さんが風邪をひいて早めに寝ようとすると、

そしたら晩ご飯はどないなる?

と、家事は一切やらない奔放ぶりで、

さすがの上沼さんも、真平さんに振り回される生活に、
徐々にストレスをためていき、

夫婦の生活がストレスや

遠回しに別居を申し出たら夫に怒られた

と、周囲の人たちに愚痴をこぼすようになっていったそうで、

真平さんの定年から5年後の2013年8月には、
ついに、「自律神経失調症」と診断され、

2014年2月には、
「ウイルス性の急性肝炎」で緊急入院と、

いずれもストレスが原因といわれる病気で、
体調を崩してしまいます。

また、追い打ちをかけるように、2015年12月には、
上沼さんを支え続けた最愛のお母さんが亡くなり、
上沼さんは深い喪失感に襲われるのですが、

そんな時でさえ、真平さんは、
上沼さんの気持ちを察しようとせず、

母を失ったとき、素敵なご夫婦なら、
「夫が支えてくれました」と言うんでしょうね。

けど、うちの人は全然でした。
私が悲しんでいても、何も思わない。

若い頃は、「恵美子、大丈夫か?」
と夫が包んでくれるのだろうと想像していましたが、
何もしてくれません。

と、上沼さんは、2016年5月24日号の「婦人公論」で、
その胸中を明かされたのでした。

「夫源病」?

こうして、上沼さんは、ストレスの原因を断ち切るため、
週2~3日は大阪市内の高級ホテルに泊まり、

気の置けないスタッフや友人との会話を楽しむなど、
真平さんと距離を置くようになるのですが、

それでも、冷めやらず、

残り少ない人生で夫のことは頼りにしていない

夫から「本を読みなさい」と言われて本当にムカついた

と、真平さんの愚痴がますますエスカレート。

そして、2018年3月には、
自身の番組「快傑えみちゃんねる」で、

ずっとめまいに悩まされていてカウンセリングを受けた結果、
医師から「夫源病」と診断されたことを明かされています。

ちなみに、この「夫源病(ふげんびょう)」とは、
正式な医学的病名ではありませんが、

定年後に夫が家にいるようになって、
朝から晩まで夫の世話に明け暮れることで、
夫の存在や言動が大きなストレスとなり、
妻の心身に様々な不調が現れる病気のことをいうそうで、

普段から亭主関白な夫に尽くしてきた奥さんが、
我慢に我慢を重ねて発症するケースが多く、

発症すると、うつ、不眠、めまい、動悸など、
更年期障害に近い症状が出るのだそうです。

完全別居で離婚?

そして、2018年6月には、上沼さんの自宅がある大阪で、
震度6弱の大地震(大阪北部地震)が起こるのですが、

真平さんはというと、別荘でゴルフや釣りを楽しみ、
何日も戻ってこなかったそうで、さすがの上沼さんも怒り爆発。

ついに、「完全別居か」と報道されたのですが・・・

週刊誌の突撃取材では、上沼さんは、
月2回のホテル生活と「夫源病」は認めつつも、完全別居は否定。

また、離婚についても、

ないと思います。
するほうが邪魔くさいわ。ハハハ・・・

と、笑い飛ばされたのでした。

息子が逮捕?

ところで、上沼さんは、真平さんとの間に、
2人の息子さんを出産されています。

まず、1978年に誕生した長男は、
上沼清太郎さんというそうで、

清太郎さんは、現在、上沼さんの個人事務所で、
スタッフとして勤務されているのですが、

2015年に結婚するも、翌年には離婚という、
「スピード離婚」が話題となっています。

また、1983年に誕生した次男は、
上沼裕次郎さんというそうで、「ゆじぇーろ」のペンネームで、
構成作家として活動されているようです。

ちなみに、ネット上では、

息子が逮捕されたが、もみ消した

という噂が流れたことがありましたが、デマで、

2013年9月に、みのもんたさんの次男、
御法川雄斗さんが、窃盗未遂で逮捕された騒動の際、

同じ二世だからか、上沼さんの息子さんについても、
このような噂が流れてしまったようです。

少年時代の上沼清太郎さん(奥)と上沼裕次郎さん。
左は上沼さん。

さて、いかがでしたでしょうか?

かつては、真平さんの定年にあわせて自身も仕事を辞め、
ハワイや和歌山の別荘でのんびり過ごすとおっしゃっていた上沼さんですが、

2018年7月放送の「快傑えみちゃんねる」では、

現実には、家事をしない、重い荷物は持たない、
そして、感謝もしない真平さんに、

(結婚当初の)私はもういません。
そして主人もいません。消滅しています。

と、完全に諦めているご様子。

それでも、離婚されないのは、

私が惚れて惚れて、
頼み込んで結婚してもらった人やから

と、おっしゃっていることから、

もしかしたら、一度は惚れた人と、
お金のことで揉めるのが嫌だから、
別れないのかもしれませんね。

ちょっと、かわいそうな気もする上沼さんですが、
自慢のしゃべくりは相変わらず健在。

キレッキレッのトークは、
これからも末永く披露し続けてほしいものです♪

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ