荒木経惟が水原希子にも資生堂の広告でセクハラ?

Sponsored Link

立て続けに、セクハラ&パワハラで告発されてしまった荒木経惟(あらき のぶよし)さんですが、今度は、ファッションモデルの水原希子さんからもセクハラを告発されます。

「荒木経惟が性的虐待?湯沢薫がパワハラセクハラ告白!元ミューズKaoRiも!」からの続き

KaoRiを恫喝~クビ

KaoRiさんから何度も待遇の改善を求められるも、
無視し続け、ついに、2016年2月には、
待遇の改善を求める手紙を受け取った荒木さんですが、

KaoRiさんには、

連絡すっから

と電話したきり、数ヶ月放置。

その後、再三のKaoRiさんのアプローチに、
ようやくKaoRiさんと会われるも、逆ギレし、

有限会社アラーキーに対する、
名誉毀損と営業妨害に当たる行動を今後一切いたしません。

と、勝手に作ったKaoRiさんの名前入り文書に、
サインを強要。

そして、KaoRiさんが拒否すると、

俺は体調が悪いんだから気を遣え

サインしないと俺がやっていけなくなる

でしゃばるな

などと恫喝してサインをさせ、

その後は、すでに2016年6月に予定されていた撮影を打ち切り、
突然、「ミューズ」だったKaoRiさんを解雇してしまいます。

(「ミューズ」とは、アーティストにとって、創作活動のイメージモデルとして、
 常に頭の中にあって、欠かすことができない重要な存在とのことです)


荒木さん(左)とKaoRiさん。

これに対し、KaoRiさんは、同月半ばに、
今後、自身の写真を公開するにあたっては、
 ・ルールを決めたいこと
 ・撮影がやり過ぎだったと認めること
 ・そのための話し合いの場を設けてほしいこと
などを弁護士を通じて荒木さんに申し出られるのですが、

荒木さんは、

あなたが撮って欲しいと言って、
事務所に尋ねて来たからモデルにしただけ。

「私写真」は広く批評家にも認められている独自の表現方法であり、
その関係はビジネスではないから、ルールも同意もそもそもない。
全部自分が決めること。そうでなければ、自分の芸術は成り立たない。

だからやり過ぎたことがあるはずがない。
今後の写真の取り扱いなどについても話し合う必要はない。

と返答。

この返答で、二人の関係は完全に終結し、
KaoRiさんは、自身のブログで、

モデルとして16年やっても何も積み重ねてこれなかった。
何も残らなかった。というのも、そもそもが空っぽだったからなんだ、
とようやくわかり、納得もしました。

アラーキーの写真が、深く理解できた気がしました。

「私写真」の定義を勝手に解釈して、
うまく騙されて利用されてしまったのは、私。

貢献していると勘違いして、
勝手にがんばってしまったのも、私。

自分たちの行動がどれだけ人を苦しめて、
どんな思いで私がこの行動を起こしているのか聞く姿勢がないなら、
話しあう必要はないなと思いました。

だから、この失敗談が、これから変わろうとする人や未来、
同じような経験で沈黙している人たちの、
少しでも役に立てたら。と思っています。

私もこれまでの#metooにたくさんの勇気をもらいました。

芸術という仮面をつけて、影でこんな思いをするモデルが、
これ以上、出て欲しくありません。

写真という芸術について考えるきっかけにもなってほしい。

一度撮られたら死んでも消してもらえない、
写真芸術という行為の恐ろしさを、今になって一層強く感じています。

と綴られたのでした。

(※「#metoo」とは、「me+too(私も)」を意味するハッシュタグで、
 セクハラや性的暴行の被害体験の告白を共有する際にSNSで使用されるもの)

ファッションモデル水原希子にもセクハラ?

そして、2018年4月9日には、
ファッションモデルの水原希子さんが、
KaoRiさんの告発に触発されて、

荒木さんから受けたセクハラとパワハラを、
自身のInstagramで告発。

水原さんは、まず、

長い間どれ程苦しかったか、想像するだけでも心が痛みます。
勇気をもってこの話をシェアして下さった事に感謝します。

この業界にいる若いモデル、
そして、女性、男性にもこの記事を読んでほしい。
モデルは物じゃない。女性は性の道具ではない。

と、綴られると、

続けて、20代前半の頃、ある企業の広告で、
上半身裸になって手で胸を隠すポーズの撮影の際、

その時だけ、社員の男性(おそらく上層部)が、
20人くらいスタジオに集まり、

裸だから撮影中は見られたくない

と、訴えるも、

写真を確認しなくてはならない。
仕事だから拒否できないんだよ。

などと言いくるめられ、結果、たくさんの男性に見られながら、
撮影を強いられたことを告白されたのでした。

資生堂の新聞広告?

ちなみに、水原さんが上半身裸で手で胸を隠すポーズは、

「わたし、開花宣言。」

というキャッチコピーとともに、「資生堂」が2013年元旦に展開した、
新聞広告ではないかとネット上では相次いで声が上がっているのですが、

(撮影時、水原さんは22歳で、撮影内容や時期も、
 水原さんの告白と一致していることから)

ネットニュースサイト「J-CASTニュース」が「資生堂」に、
事実確認を求める質問状を送ったところ、

「資生堂」からは、

水原さんの所属事務所にも事実確認を依頼し、
社内での調査も行いましたが、

結果として、当社での広告撮影時に起きた、
出来事かどうかについては分かりませんでした。

との返事があったのみで、真相は分からなかったようです。
(分からんはずないやろー)

さて、いかがでしたでしょうか?

立て続けにモデルに告発され、
一気に評判を落としてしまった荒木さんですが、
実際のところ、荒木さんの意識はどうだったのか。

つまり、幼い頃に作り上げられた死生観「エロトス」(性・死)を、
純粋に体現しようとして、それが行き過ぎたのか、
はたまた、単に男性としての欲望が剥き出しになったのか。
(それなら普通に犯罪)

仮に、前者として、
仕事と割り切った関係ではないからこそ撮れる、
モデル(女性)の微妙な表情が撮りたくて、

KaoRiさんのように、モデルと契約を結ばず、
ほぼプライベートのような関係を保っていたとしても、
関係が崩れたときの後始末はどうなるのか。

やはり、そんな荒木さんが自身の手法を実現できるのは、
すべてを理解し(?)、受け入れてくれた、
妻・陽子さんだけだったということなのでしょう。
(その陽子さんでさえ、もし関係が崩れて離婚となっていたら・・・)

芸術と倫理(暴力)って、ほんと紙一重です。

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ