保積ペペの現在は?餃子店?父は穂積隆信?子役時代は?ドラマ映画は?

Sponsored Link

1964年、6歳の時に風邪薬「コルゲンコーワ」のCMでデビューすると、8歳のときには、テレビドラマ「丸出だめ夫」の主人公に抜擢された、保積ペペ(ほづみ ペペ)さん。その後、1970年代には、「飛び出せ!青春」「われら青春!」など学園ドラマに出演し、青春スターとして人気を博しました。

年齢は?出身は?身長は?本名は?

保積さんは、1958年4月21日生まれ、
東京都のご出身、

身長180センチ、
体重80キロ、

学歴は、
明治大学付属中野高等学校定時制卒業、

趣味はゴルフ、

ちなみに、本名は保積正幸ですが、芸名の「ぺぺ」という名前は、
子役時代に、外国の子どもに似ていることから名付けられたそうです。
「保積春大」名義で活動していた時期もあり)

「コルゲンコーワ」のCMで子役デビュー~「飛び出せ青春!」

保積さんは、1964年、6歳の時、
興和の風邪薬「コルゲンコーワ」のCMで、

薬局の前に置かれているマスコット人形ケロちゃんに、

「おまえ、ヘソないじゃないか」

と言いながら、いたずら書きをする少年役で、
芸能界デビューされると、

(ただ、このCMは、その言葉遣いの悪さや、お店のものにいたずら書きをする、
 というシーンが物議をかもしたほか、おへそが見えない子どもがいじめられる、
 との理由から、放送禁止となっています。)

その後は、テレビドラマや映画に子役として出演され、

1966年には、同名漫画が原作の実写ドラマ、
「丸出だめ夫」で主人公の丸出だめ夫役に抜擢。

このドラマは、勉強、運動、何をやってもダメな小学4年生の「丸出だめ夫」と、
だめ夫の父親で科学者の「丸出はげ照」が発明したロボット「ボロット」
が繰り広げるドタバタコメディなのですが、

保積さんは、頭は悪いが心優しいだめ夫役を好演し、
ドラマのヒットともに保積さんも一躍知名度を上げられます。


「丸出だめ夫」より。右の少年が保積さん。

(ちなみに、父親「丸出はげ照」を演じられたのは、
 十朱幸代さんのお父さん、十朱久雄さん。)

そして、1970年代に入り、中学生になると、

「飛び出せ!青春」(1972年)
「われら青春!」(1974年)


「飛び出せ!青春」より。(左から)村野武範さん、
剛達人さん、保積さん、頭師佳孝さん。

など、学園ドラマで高校生の生徒役を演じられ、
青春スターとして人気を確立。

「われら青春!」で主演を務められた中村雅俊さんは、
当時の保積さんについて、

中学生ですでに付き人がいたことや、
主演の中村さんよりもギャラが高かったこと、

そのほか、撮影開始の2月の寒い時期には、
高価な毛皮のコートを着ていたことなど、

保積さんがいかに売れっ子だったか、
というエピソードを明かされています。


「われら青春!」より。左が保積さん、右が中村さん。

ただ、青春スターのイメージが強すぎたのか、
その後、保積さんは俳優として伸び悩み、

2時間ドラマなどでチンピラ役や犯人役などの、
チョイ役を演じるにとどまっています。

出演作品(映画、テレビドラマ)

それでは、ここで、
保積さんのそのほかの出演作品もご紹介しましょう。

映画では、

1966年「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」
     「脅迫 おどし」
1968年「ザ・タイガース 世界はボクらを待っている」
1969年「東海道お化け道中」
1970年「幕末」

1973年「飛び出せ!青春」
1997年「ご存知!ふんどし頭巾」
     「金田一少年の事件簿 上海魚人伝説」
2003年「いつかA列車に乗って」
2004年「七人の弔」

2006年「佐賀のがばいばあちゃん」
     「海でのはなし。」
     「日本沈没」
2011年「アバター」

テレビドラマでは、

1965年「特別機動捜査隊」第194話
1966年「丸出だめ夫」
1967年「ジャイアントロボ」第8話
1968年「コメットさん」第65話
1972年「飛び出せ!青春」
1973年「スーパーロボット レッドバロン」第1話


「ジャイアントロボ」より。右が保積さん。

1974年「われら青春!」
1975年「俺たちの旅」
1977年「岸辺のアルバム」
1978年「大江戸捜査網」第336話
1979年「メガロマン」


「大江戸捜査網」より

1980年「噂の刑事トミーとマツ」第12話
1981年「文吾捕物帳」
1982年「西部警察 PART-II」第26話
1983年「太陽にほえろ!」第569話
1984年「特捜最前線」第389話
1985年「ふぞろいの林檎たちII」第9話


「西部警察 PART-II」より


「太陽にほえろ!」より。遠藤憲一さんと保積さん(右)。

1987年 火曜サスペンス劇場「土地狂乱殺人事件」
1988年「ベイシティ刑事」第20話
1990年「刑事貴族」第25話
1991年「刑事貴族2」第11話
1992年 秋の特選サスペンス「九月のミンク」

1993年 月曜ドラマスペシャル「十津川警部シリーズ3 上野駅殺人事件」
1998年「ウルトラマンダイナ」第37話
1999年「ケイゾク」
2000年「トリック」
2001年 土曜ワイド劇場「終着駅シリーズ13 殺人の赴任」
2002年「ホーム&アウェイ」

2005年「タクシードライバーの推理日誌21」
2006年「森村誠一サスペンスシリーズ『唄』」
2007年「エル・ポポラッチがゆく!!」
2008年「スミレ16歳!!」
2013年「警視庁鑑識課~南原幹司の鑑定~3」


「タクシードライバーの推理日誌21」より。
小池里奈さん(中央)と保積さん。

ほか、数多くの作品に出演されています。

また、そのほか、

1989年「とんねるずのみなさんのおかげです」
2005年「とんねるずのみなさんのおかげでした秋の特大SP
     『とんねるずの石田さんのおかげでした オールスター大感謝祭
      ~台場の中心で、Iがさけぶ』」

など、バラエティ番組にも出演されています。

餃子店「ペペちゃん餃子」をオープンするも・・・

そんな保積さんは、1996年、俳優業のかたわら、
東京都目黒区に餃子店をオープンされています。

なんでも、ご本人がお客さんに語ったところによると、
パーティなどで友人達に振る舞った餃子が好評だったことから、
餃子店をやろうと思い立ったそうで、

なんと、ご本人自らお店に立って餃子(ペペちゃん餃子)を作り、
接客もされていたようです。

ただ、残念ながら2005年には閉店。

その後、2006年頃に横浜松坂屋地下で、
妹さんと再び餃子店をオープンされていたそうですが、
こちらの方も現在は閉店されているようです。

父親は穂積隆信?

ところで、保積さんを、「父」「穂積隆信」で、
多くの人が検索しているようです。

つまり、名字の読みが「ほづみ」と同じことから、
親子なのではと調べられているようですが、

このうわさを受けて、保積さんの実の妹さんが、
はっきりと否定されたことがあったそうなので、
まったくの赤の他人であることは間違いないようです。

ちなみに、穂積さんは、ある日突然、不良少女となった実の娘、
穂積由香里さんとの、200日間に及ぶ葛藤を記録した、
ノンフィクション「積木くずし」の著者でもあるのですが、

この「積木くずし」は、1982年に刊行されると、
たちまち300万部を売り上げる大ベストセラーに。

その後、テレビドラマ化されると、社会現象を巻き起こし、
メディアをはじめ、教育現場等の講演会に引っ張りだことなられました。


現在は?

さて、気になる保積さんの現在ですが、

2013年にテレビドラマ「警視庁鑑識課~南原幹司の鑑定~3」
に出演されたのを最後に、俳優活動は停止状態。
現在はどうされているのか分かりませんでした。

お体の調子が悪いのか心配ですが、
根強いファンが復帰を心待ちにしているので、

また、テレビドラマやバラエティなどで、
お元気な姿を見せてほしいですね。

その時が来るのを楽しみに待っています!!

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ