十朱幸代の若い頃は?年齢は?身長は?兄弟は?出演ドラマ映画は?

Sponsored Link

1956年、中学生の時、テレビ局でスカウトされ、同年、クイズ番組「スリー・チャンス・ゲーム」でデビューすると、1958年にはNHKドラマ「バス通り裏」に出演し、一躍人気を博した、十朱幸代(とあけ ゆきよ)さんですが、その後しばらくは、役に恵まれない時期が続きます。

年齢は?出身は?身長は?本名は?父親は?兄弟は?

十朱さんは、1942年11月23日生まれ、
東京市日本橋区(現・東京都中央区日本橋)のご出身、

身長163センチ、
体重50キロ、

スリーサイズは、82-58-85、

靴のサイズは23.5センチ、

血液型はO型、

学歴は、
港区立赤坂中学校卒業、

趣味は、読書、

ちなみに、本名は、
小倉幸子(おぐら ゆきこ)ですが、

お父さんが、俳優の十朱久雄(とあけ ひさお)さんだったことから、
同じ名字の芸名を名乗られたようです。(本名は小倉久雄)

また、兄弟は、兄と妹(一般人)がおられましたが、
2人とも60代でがんのため、他界されています。

若い頃は?

十朱さんは、中学生だった1956年、
俳優であるお父さんの十朱久雄さんに連れられ、
テレビ局を訪れた際、スカウトされると、

同年には、クイズ番組「スリー・チャンス・ゲーム」で、
お父さんと共演して芸能界デビュー。

1958年には、NHK初の連続ドラマ「バス通り裏」で、
美容院の娘・元子役に抜擢されて一躍お茶の間の人気者になられます。


「バス通り裏」より。手前が十朱さん。

そして、このドラマを見た木下惠介監督に見初められ、松竹に入社されると、
1959年には、木下監督作品「惜春鳥」(せきしゅんちょう)で、
映画デビューも果たし、


「惜春鳥」より。石浜朗さんと十朱さん。

以降、

1959年「パイナップル部隊」
     「三人姉妹」
     「三羽烏三代記」


「三人姉妹」より。
(上から)十朱さん、九条映子さん、杉田弘子さん。

1960年「流転」
     「次朗物語」
     「春の夢」


「次朗物語」より。右が十朱さん。

1962年「春の山脈」
1963年「光る海」
     「関の弥太っぺ」
     「煙の王様」
     「伊豆の踊子」
     「雨の中に消えて」
     「一心太助 男一匹道中記」


「春の山脈」より。十朱さんと鰐淵晴子さん。

と、立て続けに松竹の映画に出演されるのですが、
なかなか役に恵まれず、1963年には松竹を退社して日活に入社されます。

「座頭市」のヒロイン、「男はつらいよ」のマドンナに抜擢

それでも、しばらくは、石原裕次郎さん、小林旭さん、中村錦之助さんの、
相手役(ヒロインではない)や、吉永小百合さん主演の映画の助演が続いたのですが、

1970年代に入ると、
「新座頭市物語・笠間の血祭り」(1973年)、
「悪名・縄張荒らし」(1974年)など、
勝新太郎さん主演作品でヒロイン、


「新座頭市物語・笠間の血祭り」より。十朱さんと勝新太郎さん。

「男はつらいよ・寅次郎子守唄」(1974年)で、
13代目マドンナ役と、ついに主演級の役に抜擢。


「男はつらいよ・寅次郎子守唄」より。渥美二郎と十朱さん。

その後は、(映画の衰退とテレビの普及により)
テレビドラマで活躍されたのでした。

日本アカデミー賞ほか女優賞を数多く受賞

そして、1980年には、「男はつらいよ・寅次郎子守唄」以来の映画、
「震える舌」に出演されると、


「震える舌」より。渡瀬恒彦さんと十朱さん。

破傷風になった娘を看病するうちに、自らも恐怖に追い詰められて、
ノイローゼになっていく母親の精神状態を鬼気迫る演技で表現し、
「ブルーリボン賞」主演女優賞を受賞。

1983年には、「魚影の群れ」「日本アカデミー賞」助演女優賞、
1985年には、「花いちもんめ」「ブルーリボン賞」主演女優賞、
1987年には、「夜汽車」「毎日映画コンクール」主演女優賞、
1989年には、「ハラスのいた日々」「社葬」「日刊スポーツ映画大賞」主演女優賞
1995年には、「日本一短い『母』への手紙」「日本アカデミー賞」主演女優賞、


「ハラスのいた日々」より。加藤剛さんと十朱さん。

と、数多くの女優賞を受賞され、
名実ともにトップ女優の地位を確立されています。

出演作品(映画、テレビドラマ)

それでは、ここで、
十朱さんのそのほかの出演作品をご紹介しましょう。

映画では、

1964年「黒い海峡」
1965年「ぼくどうして涙が出るの」
1966年「逃亡列車」
1967年「でっかい太陽」※父・十朱久雄と共演
1968年「花の恋人たち」
1969年「女の警察」


「黒い海峡」より。石原裕次郎さんと十朱さん。

1971年「日本侠客伝刃」
1973年「新座頭市物語 笠間の血祭り」
1974年「青葉繁れる」
1980年「震える舌」
1983年「この子を残して」
1985年「櫂」

1986年「ウホッホ探険隊」
1987年「螢川」
1989年「桜の樹の下で」
1990年「女帝 春日局」
1991年「江戸城大乱」
1995年「日本一短い「母」への手紙」


「螢川」より。十朱さんと三國連太郎さん。

テレビドラマでは、

1962年「純愛物語」
1967年「旅路」
1969年「孤独のメス」
1970年「大坂城の女」
1971年「ゼロの焦点」

1972年「木枯し紋次郎」第12話
1973年「銭形平次」第365話
1974年「百年目の恋」
1975年「式場の微笑」
1976年「伝七捕物帳」第128話

1977年「二階」
1978年 NHK大河ドラマ「黄金の日日」
1979年「ご近所の星」
1980年「結婚の四季」
1981年「見まわせば二人」


「ご近所の星」より。十朱さんと三浦友和さん。

1982年「嵐立つなり」
1983年「ひと夏の復讐」
1984年「生きて行く私」
1985年「女が階段を上る時」
1987年「火曜サスペンス劇場『深く埋めて』」


「嵐立つなり」より。
(左から)仲谷昇さん、沢田研二さん、十朱さん。

1988年「TBS大型時代劇スペシャル『徳川家康』」
1989年「TBS大型時代劇スペシャル『織田信長』」
1990年「TBS大型時代劇スペシャル『源義経』」
1991年「TBS大型時代劇スペシャル『武田信玄』」
1992年「TBS大型時代劇スペシャル『平清盛』」


「TBS大型時代劇スペシャル『織田信長』」より。
渡辺謙さんと十朱さん。

1993年「天下を獲った男 豊臣秀吉」
1994年「大忠臣蔵」
1995年「金田一耕助の傑作推理『幽霊座』」
1997年「失楽園」
1998年「魚心あれば嫁心」
2001年「女と愛とミステリー『松本清張特別企画・わるいやつら』」
2005年「水曜ミステリー9『芸者小春姐さん奮闘記』シリーズ」

2007年「金曜プレステージ『気象予報士・大沢富士子の事件ファイル』」
2008年「トップセールス」
2009年「新春ワイド時代劇寧々~おんな太閤記」
2011年「カーネーション」
2012年「尋ね人」
2013年「日本・ベトナム国交樹立40周年スペシャルドラマ
     『The Partner~愛しき百年の友へ~』」

2018年「高嶺の花」


「カーネーション」より。(左から)小林薫さん、
尾野真千子さん、十朱さん、宝田明さん。

ほか、非常に多くの作品に出演されています。

また、近年では、「カーネーション」「高嶺の花」など、
話題のテレビドラマにも出演されています。

「十朱幸代の現在は?結婚は?西城秀樹との破局原因は?半身不随死去?」に続く

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ