内田雅楽(UTA)の身長は?大学は?パリコレモデルとバスケ選手の二刀流!

Sponsored Link

俳優の本木雅弘さんを父に、樹木希林さんと内田裕也さんを祖父母に持ち、英才教育を受けて育てられた、内田雅楽(うちだ うた)さん。そんな雅楽さんの来歴を調べてみました。

年齢は?身長は?本名は?

雅楽さんは、1997年10月1日生まれ、
東京都のご出身、

身長190センチ、

学歴は、
ドミニカン大学カリフォルニア校、

特技は、
バスケットボール、

ちなみに、内田雅楽は本名で、

お父さんは、本木雅弘さん、
お母さんは、内田也哉子さん、

おばあさんは、樹木希林さん、
おじいさんは、内田裕也さん、

という、サラブレッドです。


(左から)玄兎くん(弟)、伽羅さん(妹)、
本木雅弘さん(父)、雅楽さん、内田也哉子さん(母)。

大学は?

雅楽さんは、小・中学校とインターナショナルスクールに通われ、
2010年、13歳の時には、スイスの超名門私立高校「ル・ロゼ」に留学。


この時点でお父さんの本木雅弘さんより背が高い雅楽さん。

その後、バスケットの選手としてスカウトされ、
アメリカのマイアミ州にあるバスケットの強豪校「マイアミ高校」に転校されると、

「IMGアカデミー」(テニスの錦織圭選手も通っていた世界的スポーツ専門学校)
を経て、

2016年には、カリフォルニア州にある「ドミニカン大学」に進学され、
バスケットの選手として活躍されています。

ちなみに、このドミニカン大学には、現役プロバスケットボール選手
(「横浜ビー・コルセアーズ」)として活躍されている、
田渡凌(たわたり りょう)さんも通っておられます。

パリコレモデルとバスケットボール選手の二刀流

そんな雅楽さんですが、祖母である樹木希林さんが、
海外の映画祭を訪れる際には、必ず通訳として同行されていたそうで、
その姿が関係者の目にとまり、モデルにスカウト。

当初はバスケットとモデルの両立で悩まされたそうですが、
それでも、樹木さんに、

服というのは内面を映す鏡。

いろんな服を着ることで自分を客観視することは、
生きていく上で大切なこと。

と、背中を押され、バスケットとモデルの両立を決意。

その後、パリのエージェンシーと契約されると、
2018年6月21日は、「UTA」名義で、
フランス・パリで行われた「2019年春夏パリメンズコレクション」の、
「コム・デ・ギャルソン」「アンダーカバー」と2大ブランドのショーで、
モデルデビュー(唯一の日本人)を果たされており、

バスケもあり、学生として時間も限られていますが、
モデル活動の場も大事にしていきたいと思います。

と、学業(バスケットボール選手)とモデル業の両立に、
意欲を見せておられます。


「コム デ ギャルソン・オム プリュス」で、
パリコレモデルデビューしたUTA(雅楽)さん。

ちなみに、お父さんの本木雅弘さんも、「コム デ ギャルソン・オム プリュス」
のショーに来場されて雅楽さんを見守っていたそうで、

もう彼は20歳なので、自分なりの選択に任せています。

アスリートもモデルも、芸能とはカタチの違うパワーが、
凝縮された独特の世界なので、それ相応のしんどさもあると思いますが、

今はまだ、どんな体験も財産。
色々ぶつかりながら自分の幅を広げてほしいと思います。

と、エールを送られていました♪

さて、いかがでしたでしょうか。

まさに、これからという金の卵、雅楽さん。
これからも雅楽さんからは目が離せません!!

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ