渡邊琢磨(COMBOPIANO)の若い頃は?内田也哉子と?染谷将太とも?

Sponsored Link

映画・テレビドラマ・舞台の劇中曲やCM曲を手がけられるほか、多岐に渡る音楽活動で、その才能を発揮されている、渡邊琢磨(わたなべ たくま)さん。そんな渡邊さんについて調べてみました。

年齢は?出身は?身長は?本名は?

渡邊さんは、1975年7月30日生まれ、
宮城県仙台市のご出身、

学歴は、
バークリー音楽大学中退、

だそうです。

バークリー音楽大学中退~「COMBO PIANO」名義で活動開始

渡邉さんは、高校時代、レゲエバンドでベースをされていたそうで、
高校卒業後の1997年には、進路がなかったという理由で、
アメリカ・ボストンにあるジャズの名門学校「バークリー音楽大学」に進学。

ただ、ここでは、作曲を学ばれたそうですが、
NYパンクやレゲエなどの音楽のようなエネルギーが感じられず、

たいしたことねぇなあ

と、思われたそうで、
最終的には、先生とケンカをして中退。

その後、帰国され、バークリーで知り合われた鈴木正人さんを通して、
「LITTLE CREATURES」のリーダーである青柳拓次さんと知り合われると、


「LITTLE CREATURES」
(左から)鈴木正人さん、青柳拓次さん、栗原務さん。

「LITTLE CREATURES」監修のコンピレーションアルバム
「sign off from amadeus」に参加されるほか、


「sign off from amadeus」

「COMBO PIANO」名義でも活動を開始。
(名前はCOMBOですが渡邊さん一人のソロ)

1999年には、ファースト・アルバム「SAL BLAKEY」をリリースし、
スタイリッシュでポップな音楽で注目を集められています。


sal blakey

ニューヨークでアルバム「Tetrascroll」「Another rumor」を制作

そして、2000年にはニューヨークに渡り、

2000年「Tetrascroll」
2001年「Another rumor」


tetrascroll


ANOTHER RUMOR

と、かねてから尊敬していた、スティーヴ・スワローさん、カーメン・ランディさん、
ジョナス・メカスさん、キップ・ハンラハンさんとアルバムを制作。

2001年には、鬼才キップ・ハンラハンさんプロデュースによるアルバム
「El Negro & Robby / At the world war 3」(american clave)に、
パーカッションと弦楽四重奏による作品を提供。(海外で高い評価を獲得)


「El Negro & Robby / At the world war 3」

2003年には、甲斐田祐介監督作品「すべては夜から生まれる」の、
サウンド・トラックを手掛けられるなど、


すべては夜から生まれる [DVD]

国内外のアーティストと多岐に渡って音楽制作活動を行われています。

内田也哉子、鈴木正人とバンド「sighboat」を結成

また、2003年には、ラテン界の新星ペドロ・マルティネスさん、
映画監督ダニエル・シュミットさんら、世界でも名だたるミュージシャンたちと、
アルバム「AGATHA」を制作。


「AGATHA」

2004年には、「Little Creatures」の鈴木正人さん、
女優でエッセイストの内田也哉子さんと、バンド「sighboat」を結成し、
ファーストアルバム「sigh boat」(2005年3月)をリリース。


sigh boat

2007年には、デヴィッド・シルヴィアンさんの、
ワールドツアー18カ国30公演にピアニストとして参加。

そして、2008年には、内橋和久さん、千住宗臣さんと3名で、
「COMBO PIANO」をソロからバンドに再編されると、
渡邊さんも、ソロの名称を「COMBO PIANO」名義から「渡邊琢磨」名義に変更され、

2008年3月には、初の「渡邊琢磨」名義で、
アルバム「冷たい夢、明るい休息」をリリース。

2014年1月には、6年ぶりのニューアルバムとなる、
仮想オーケストラによる管弦楽組曲集「Ansiktet」をリリースされています。


冷たい夢、明るい休息

さて、いかがでしたでしょうか。

渡邊さんは、そのほかにも、CM曲、テレビドラマ、映画、舞台などの、
劇中音楽も手がけられているのですが、

2017年には、俳優の染谷将太さんが監督を務められた短編映画、

「シミラーバットディファレント」(2013年)
「清澄」(2015年)
「ブランク」(2017年)

のためのサウンドトラックを再編集した、
アーティストアルバム「ブランク」をリリース。


ブランク

このアルバムでは、オーケストラを基調に、ジャズ、民族音楽、
フィールドレコーディング、ダンスミュージックなど異なる種類の音楽を融合させ、
渡邊さん独特の世界を作り出されているとのことで、

才能あふれる渡邉さんの作品、
これを機会に聴かれてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ