岡田茉莉子の若い頃は?年齢は?本名は?父親は?谷崎潤一郎?

Sponsored Link

お父さんが二枚目俳優、お母さんはタカラジェンヌという、岡田茉莉子(おかだ まりこ)さん。その才能は、デビューすると、すぐさま発揮されます。

年齢は?出身は?本名は?父親は?

岡田さんは、1933年1月11日生まれ、
東京府東京市渋谷区代々木(現・東京都渋谷区代々木)のご出身、

本名は、
吉田鞠子(よしだ まりこ)(旧姓:田中)

学歴は、
東京市赤松尋常小学校
⇒香蘭高等女学校(中高一貫の女子校で岡田さんが通われていたのは中学校)
⇒新潟市立沼垂高等学校(現・新潟市立万代高等学校)卒業

趣味は、
野球観戦、サッカー観戦、ボクシング観戦、

ちなみに、お父さんは、大正末期から昭和初期にかけて、
サイレント映画で活躍した二枚目俳優の岡田時彦(おかだ ときひこ)さん、


岡田時彦さん

お母さんは、元「宝塚歌劇団」男役の田鶴園子(たづる そのこ)さん、
(結婚に伴い、1932年に退団されています)


田鶴園子さん

また、お母さんの妹の美得子さんも「御幸市子」の芸名で、
「宝塚歌劇団」で(1936年退団)活躍されていたそうです。

幼少期

岡田さんがまだ1歳だった1934年、
お父さんの岡田時彦さんが30歳という若さで結核で他界されたそうで、

1938年には、お母さんがダンス教師の資格を取って、
上海に出稼ぎに行くことになり、岡田さんは、
東京にいたお母さんの妹の田中美得子さんのもとへ預けられるのですが、

その後は、

1940年 美得子さんがプロデューサーの山本紫朗さんと結婚され、
      それに伴い、大阪市宗右衛門町にあるお母さんの実家(藍問屋)に転居。

1942年 実家で一緒に住んでいたおじいさんが亡くなったことから、
      お母さんのいる上海に渡り、お母さんと暮らす。

1944年 外国生活になじめず(戦争が激化したとも)単身で帰国し、
      再び、美得子さん夫婦のもとで暮らし始める。

1945年 美得子さんの夫の山本さんが新潟市に転勤となり、ともに新潟へ。

同年10月 終戦となり、お母さんが上海から帰国。
      お母さんも美得子さん夫婦と同居。

と、転々とし、1946年、美得子さん夫婦が東京に移ることとなり、
ようやく、岡田さんは、お母さんと二人で新潟市に落ち着かれています。

映画館で亡き父親と再会

そして、1948年、岡田さんは、
新潟市にある沼垂高校へと進学されると、

東京から赴任してきた先生に憧れて、
できたばかりの演劇部に入部されるのですが、

そんなある時、演劇部の友人と、サイレント映画「瀧の白糸」(1933年版)を、
映画館へ観に行ったそうで、帰宅後、お母さんにその映画の話をしたところ、
なぜかお母さんは泣き出してしまったそうです。


「瀧の白糸」より。入江たか子さんと岡田時彦さん。

というのも、この映画の主人公「岡田時彦」は岡田さんのお父さんなのですが、
この時、初めて、そのことを知らされたそうで、

(お父さんが亡くなった時、岡田さんはまだ1歳だったため、
 お父さんのことをまったく覚えていないそうです)

岡田さんは、翌日、今度は自分のお父さんを観るために、
ひとりで映画館を訪れられたのでした。

「舞姫」の準主役で映画デビュー

そんな岡田さんは、高校卒業後は、お母さんとともに上京し、
再び、お母さんの妹の美得子さん夫婦宅に同居すると、
美得子さんの夫の山本さんの勧めもあり、

1951年には、「東宝ニューフェイス」の第3期として、
「東宝演技研究所」に入所。

すると、入所してたった20日後には、
「舞姫」でヒロインの娘役(準主役)に抜擢され映画デビュー。


「舞姫」より。左が岡田さん。

(ちなみに、「岡田茉莉子」という芸名は、お父さんの出演作の脚本を、
 多く手がけた、詩人の谷崎潤一郎氏に名付けられたそうで、
 お父さんの芸名「岡田時彦」の名付け親でもあるそうです。)


岡田さんと谷崎潤一郎氏。
 
そして、同年11月には、研究所を卒業し、
「東宝」の専属女優となられると、

その後も、

1952年「青春会議」
     「おかる勘平」
     「金の卵」
     「思春期」
     「結婚案内」
     「足にさわった女」
     「春の囁き」
     「七色の街」
     「ああ青春に涙あり」


「青春会議」より。山村聡さんと岡田さん。


「春の囁き」より。


「ああ青春に涙あり」より。
(左から)岡田さん、山本廉さん、久慈あさみさん。

1953年「吹けよ春風」
     「夫婦」
     「江戸っ子判官」
     「夜の終り」
     「白魚」


「夜の終り」より。
(左から)志村喬さん、池部良さん、岡田さん。

と、立て続けに映画に出演され、
思春期女優として活躍されたのでした。

そして、1953年には、「坊っちゃん」で、池部良さんを相手役に、
マドンナ的な役を演じて大人の女優へと脱皮をはかられると、


「坊っちゃん」より。池部良さんと岡田さん。

1954年には、「芸者小夏」で、初の単独主演に抜擢。

この映画でも、岡田さんは、池部良さんを相手役に、
(純情を捧げた)初恋の小学校教師に裏切られた女の哀しさを、
清楚な中にもエロティシズムを垣間見せる演技を披露し、
女優として大きく飛躍されたのでした。

「岡田茉莉子の夫は吉田喜重!子供は?秋津温泉?現在は?」に続く


「芸者小夏」

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ