小坂一也の若い頃は?ワゴンマスターズ?和製プレスリー?

Sponsored Link

1954年「小坂一也とワゴン・マスターズ」のヴォーカルとして、ファーストシングル「ワゴン・マスターズ」でレコードデビューされると、たちまち人気を博した、小坂一也(こさか かずや)さん。その後は、エルヴィス・プレスリーのカバー曲を次々とリリースし、「和製プレスリー」と呼ばれました。

年齢は?出身は?身長は?本名は?

小坂さんは、1935年5月30日生まれ、
愛知県名古屋市のご出身(東京育ち)、

学歴は、
(小学校~高校一貫)成城学園中退、

ちなみに、
小坂一也は本名です。

若い頃は「小坂一也とワゴン・マスターズ」

小坂さんは、中学生の時に、
カントリー・ミュージックに興味を持ち始めると、

1952年、高校2年生の夏には、先輩だった、
「ワゴン・マスターズ」のリードヴォーカル、藤沢恵治さんに連れられて、
「ワゴン・マスターズ」のステージを観に行かれるのですが、

それをきっかけに、ヴォーカルとして「ワゴン・マスターズ」に参加し、
米軍キャンプを中心に歌手活動を始められると、
人気を博したことから、1953年には高校を中退。

(小坂さんはアメリカのカントリー歌手、レフティ・フリゼルを、
 モデルにされていたそうで、その歌声に観客席から、
 よく「レフティ!」と歓声が上がったそうです)

そして、1954年、「小坂一也とワゴン・マスターズ」として、
ファーストシングル「ワゴン・マスター」でレコードデビューすると、


「ワゴン・マスター」より。

たちまち、カントリー・ミュージック界の、
アイドル的な存在としてブレイクされたのでした。

和製プレスリー

以降、「小坂一也とワゴン・マスターズ」は、

1955年「デビイ・クロケットの唄」
     「ジングル・ベルズ」
     「テキサスの黄色いバラ/荒野の呼声」
     「ヘイ・ミスター・バンジョー/沙漠に帰る男」


「デビイ・クロケットの唄」

1956年「キャットル・コール/魔法の谷間」
     「シックスティーン・トンズ/モンタナの夜」


「シックスティーン・トンズ/モンタナの夜」

と、立て続けにシングルをリリースし、

1956年には、当時、アメリカで絶大な人気を誇っていた、
エルヴィス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」のカバーをリリースすると、

たちまち、ロックンロール旋風を巻き起こし、
小坂さんは「元祖和製プレスリー」と呼ばれるように。

(ただ、プレスリーのようにギターをかき鳴らし、絶叫するスタイルではなく、
 あくまでカントリー歌手としてのスタイルだったそうです)

そして、その後も、

1956年「サンタクロースがやって来る」
     「アイウォントユー・アイニードユー・アイラヴユー」


「アイウォントユー・アイニードユー・アイラヴユー」

1957年「冷くしないで/雨に歩けば」
     「君を求めて/さすらいの旅人」


「君を求めて/さすらいの旅人」

     「ブルースを唄おう/ブルーベリィ・ヒル」
     「モンタナの夜/荒野の呼び声」


「モンタナの夜/荒野の呼び声」

     「ラブ・ミー/幽霊の町」
     「ヤング・ラブ/ドント・フォービッド・ミー」


「ヤング・ラブ/ドント・フォービッド・ミー」

     「ウイチタの保安官/ライダース・イン・ザ・スカイ」
     「北風さん/バタフライ」


「北風さん/バタフライ」

     「ホワイト・スポーツ・コート/アイル・ビー・ホーム」
     「ロンサム・カウボーイ/ホワイ・ベビー・ホワイ」
     「オール・シュック・アップ/ママ・ギター」


「ロンサム・カウボーイ/ホワイ・ベビー・ホワイ」

と、プレスリーのカバーやカントリー・ミュージックを次々とリリースすると、
押しも押されぬ人気者となられたのでした。

(ちなみに、1956年に「NHK紅白歌合戦」に初出場されると、当時としては異例の、
「NHKでロックンロールを歌った」歌手として話題を集め、以降、3年連続で、
「NHK紅白歌合戦」出場を果たされています。)

活動休止へ

そして、1957年11月に開催された「ウエスタン・カーニバル」では、
相変わらずの人気から、「小坂一也とワゴン・マスターズ」は、トリを務めるのですが、

(「ウエスタン・カーニバル」とは、1954年からウエスタンバンドが集まって、
 東京・有楽町蚕糸会館6階の東京ヴィデオ・ホールで開催されていたイベント)

翌年の1958年2月に開催された一大イベント、
「第1回日劇ウエスタン・カーニバル」には不参加。

実は、この時、「小坂一也とワゴン・マスターズ」は、
すでに解散状態となっていて、出場を見合わせたそうで、

同年、シングル「監獄ロック/テディ・ベア」をリリースしたのを最後に、
「小坂一也とワゴン・マスターズ」としては、シングルをリリースしておらず、
解散を明言されていないものの、事実上、解散となったのでした。

ちなみに、小坂さんはその後、雑誌の座談会で、
このときの「第1回日劇ウエスタン・カーニバル」を見た感想を、

これはもうかなわない、引退かなって思いました(笑)

と、語っておられるので、事実上、解散となったのは、
それが理由だったのかもしれませんね。


「第1回日劇ウエスタン・カーニバル」

(「第1回日劇ウエスタン・カーニバル」とは、日本劇場を運営する東宝が、
 1958年2月8日から第1回を開催したもので、観客動員数は初日だけで9500人、
 1週間では45000人を記録する大成功を収めており、ドーム球場や日本武道館等が、
 存在しない当時としては、異例の記録だったそうです)

ソロとして

その後、小坂さんは、

1958年「青春サイクリング」
     「キャンプたのしや」
     「夢のアリゾナ/待ちぼうけの喫茶店」


「青春サイクリング」

1959年「にれの木陰で」
     「俺の恋人/青春のドライブウェイ」

1960年「ローハイド/連邦保安官」
     「ワルツィング・マチルダ(映画「渚にて」主題歌)
      /五つの銅貨(映画「五つの銅貨」主題歌)


「ワルツィング・マチルダ/五つの銅貨」

     「君を送った帰り道/夜の雨には想い出がある」
     「遥かなるアラモ(映画「アラモ」主題歌)/アラモの歌」
1961年「無敵のライフルマン」(テレビ西部劇「ライフルマン」主題歌。
      B面は守屋浩の「われらのライフルマン」


「無敵のライフルマン」

と、しばらくは、ソロで歌手活動を続けておられたのですが、
以降は、俳優活動がメインとなり、歌手としては、
時折、シングルをリリースする程度となっています。

「星空の街」で俳優デビュー

そして、その俳優活動ですが、実は小坂さんは、
「小坂一也とワゴン・マスターズ」時代の1957年に、
「星空の街」で主演の小村一也役で映画デビューされており、


「星空の街」より。小坂さん(左)と江原達治さん。

その後も、

「地獄岬の復讐」
「歌う弥次喜多 黄金道中」

などで、劇中の歌手役として映画に出演されると、
俳優としての素質を認められ、

1958年には、「松竹」と契約し、
木下恵介監督の「この天の虹」に出演。

すると、この映画での演技が注目されて、
木下作品を中心に数多くの映画に出演されるようになり、
やがては、松竹映画に欠かせない俳優となられたのでした。

「小坂一也の死因は?十朱幸代と結婚も松坂慶子との不倫が原因で離婚!」に続く

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ