宇野重吉の死因は?妻は?息子は寺尾聰!出演ドラマ映画は?

Sponsored Link

戦前から主に舞台で活躍され、演劇界の重鎮となられた、宇野重吉(うの じゅうきち)さんですが、戦後は、映画にも数多く出演され、真面目で善良な庶民役を多く演じられました。

「宇野重吉の若い頃は共産党?誕生日は?本名は?舞台作品は?」からの続き

映画「痴人の愛」「愛妻物語」「第五福竜丸」で主演

こうして、主に舞台で活躍されていた宇野さんですが、
1948年「わが生涯のかがやける日」で、映画にも本格的に出演するようになると、
(映画デビュー自体は、1933年「河向ふの青春」

1949年には、谷崎潤一郎原作の「痴人の愛」で初主演を務め、
以降、新藤兼人監督作品「愛妻物語」「第五福竜丸」「銀心中」などでも、
主演を務められるなど、映画にも数多く出演。


「第五福竜丸」より。

また、1956年には「病妻物語 あやに愛しき」で、
映画監督業にも進出すると、

1956年「われは海の子」
1957年「倖せは俺等のねがい」
1958年「真夜中の顔」
1959年「硫黄島」

と、合計5本の作品を発表されたのでした。

出演作品(映画、テレビドラマ)

それでは、ここで、
宇野さんのそのほかの出演作品もご紹介しましょう。

映画では、

1933年「河向ふの青春」
1938年「地熱」
1940年「海軍爆撃隊」
1946年「煉瓦女工」
1948年「わが生涯のかがやける日」
1949年「春の戯れ」


「春の戯れ」より。飯田蝶子さんと宇野さん。

1950年「暴力の街」
1951年「愛妻物語」
1952年「原爆の子」
1953年「縮図」
1954年「慈悲心鳥」
1955年「しいのみ学園」


「愛妻物語」より。乙羽信子さんと宇野さん。


「原爆の子」より。宇野さんと奈良岡朋子さん。

1956年「銀心中」
1957年「危険な年齢」
1958年「悲しみは女だけに」
1959年「人間の壁」
1960年「武器なき斗い」
1961年「松川事件」

1962年「秋津温泉」
1963年「伊豆の踊子」
1964年「美しい十代」
1965年「日本列島」
1966年「嵐を呼ぶ男」
1967年「陽のあたる坂道」


「日本列島」より。芦川いづみさんと宇野さん。

1968年「黒部の太陽」
1969年「かげろう」
1970年「富士山頂」
1974年「伊豆の踊子」
1975年「化石」
1976年「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」


「伊豆の踊子」より。宇野さんと浜田光夫さん。

1977年「先生のつうしんぼ」
1978年「翼は心につけて」
1980年「震える舌」
1982年「風雪を越えて」ナレーター
1983年「迷走地図」
1985年「姉妹坂」
1988年「さくら隊散る」


「翼は心につけて」より。宇野さん(左)と永井智雄さん。

テレビドラマでは、

1956年「次郎物語」
1957年「交代期」
1958年「姉妹」
1959年「広島に生きる」
1960年「殺される男」
1961年「虞美人草」

1962年「父と子」
1963年「修善寺物語」
1964年「判決」第64話
1965年「月夜の傘」
1966年「灯は消えず」
1967年「若い旅びとの歌」

1968年「飢餓海峡」
1969年 NHK大河ドラマ「天と地と」
1970年「歳月」
1971年「ゼロの焦点」
1972年「楡家の人々」
1973年「銀座わが町」


「天と地と」より。
(左から)滝沢修さん、石坂浩二さん、宇野さん。

1974年「ふりむくな鶴吉」
1975年「宮本武蔵」
1976年「グッドバイ・ママ」
1977年 NHK大河ドラマ「花神」
1978年 NHK大河ドラマ「黄金の日日」
1979年「赤穂浪士」


「黄金の日日」より。宇野さん(左)と丹波哲郎さん。

1980年「ある日突然?!スパゲティ・ママの青春白書」
1981年「関ヶ原」
1982年「ホームスイートホーム」
1983年「ながらえば」
1984年「風にむかってマイウェイ」


「関ヶ原」より。

ほか、数多くの作品に出演されています。

死因は?

そして、1985年9月からは、「宇野重吉一座」を立ち上げ、
気軽に劇場にお芝居を観に来られない地方の人のために、
全国縦断の地方公演を始められると、「三年寝太郎」(木下順二作)などの、
民話劇の上演に専念されていたのですが、


「三年寝太郎」より。

1987年3月に、左肺がガンに冒されていることが発覚して、
左肺を摘出する手術を受けられると、

同年6月には医師の反対を押し切って、大阪・枚方市での公演から舞台に復帰され、
その後は、点滴を受けて幕間で酸素吸入をしながら、地方公演をやり遂げられ、

同年12月、「三越劇場」で自ら演出した「馬鹿一の夢」の主演舞台を最後に、
1988年1月9日、「肺がん」のため、73歳で他界されたのでした。

妻は?子どもは?

ところで、宇野さんは、志保さんという、
一般女性と結婚されていたようですが、

当時はまだ、駆け出しの俳優だったため、
周囲の反対を押し切り、駆け落ち同然で結婚されたのだとか。

そして、結婚後は、娘さん二人と、
息子さん一人が誕生しているのですが、

その息子さんというのが、俳優の寺尾聰さんで、

1968年「黒部の太陽」
1976年「男はつらいよ」

には、親子共演も果たされているほか、


「男はつらいよ」より。(左から)宇野さん、寺尾聰さん、渥美清さん。

2004年には、石原裕次郎さんの生涯を描いたドラマ「弟」で、
寺尾さんが、「宇野重吉」役として出演されています。


「弟」で宇野重吉に扮する寺尾聰さん。

(娘さん二人については、情報がないことから一般人だと思われます)

さて、近年は特に、渋い演技に磨きがかかっている、長男の寺尾聰さんですが、
是非、この機会に、その影響を受けたであろう宇野さんの演技も、
ご覧になってはいかがでしょう♪

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ