都はるみの若い頃は?韓国人?結婚は?大阪しぐれ!北の宿から!

Sponsored Link

1964年、3枚目のシングル「アンコ椿は恋の花」をリリースすると、たちまち大ヒットを記録し、一躍人気演歌歌手となられた、都はるみ(みやこ はるみ)さん。そして、その後も順調にヒット曲を連発するのですが・・・

年齢は?出身は?本名は?韓国人?

都さんは、1948年2月22日生まれ、
京都府京都市のご出身、

血液型はB型、

学歴は、
洛陽女子高等学校中退、

ちなみに、都さんは、お父さんが在日韓国人で、
出生名は「李 春美」(1948~1966年)ですが、
1966年に「北村 春美」と改名されています。

また、芸名は、京都出身であることにちなんで、
当初は「京はるみ」でデビュー予定だったそうですが、
既に他社で同名の歌手がいると分かり「都はるみ」に変更されたそうです。

(実妹も「野川明美」という芸名で歌手デビューされたそうですが、
 ヒット曲には恵まれないまま引退されています。)

幼少期

都さんは、お母さんが芸能好きだったことから、
5歳から日本舞踊とバレエを習い始めると、

6歳の6月6日からは、
お母さんから浪曲と民謡を教え込まれたそうで、

そんな都さんは、歌ばかり歌っていたため、
学校での成績は良くなかったのですが、

高校生の時、突然、

歌手になります!

と言って、高校を中退してしまいます。

(ちなみに、当時の校長先生の話によると、当時は、似たようことを言って、
 やめる生徒が多く、都さんもそのうちの一人だと思われていたそうです)

「アンコ椿は恋の花」がミリオンセラー

その後、都さんがどうされていたのか詳しいことは不明ですが、
1964年3月に、ファーストシングル「困るのことヨ」でレコードデビューされ、


「困るのことヨ」

同年8月には、
セカンドシングル「てれちゃう渡り鳥」をリリースすると、


「てれちゃう渡り鳥」

同年10月にリリースした3枚目のシングル、
「アンコ椿は恋の花」がミリオンセラーとなる大ヒットを記録し、

いきなり、その年の、
「第6回日本レコード大賞」新人賞を受賞。


「アンコ椿は恋の花」

そして、その後も、

1965年1月「さすらい小鳩」
     3月「巡礼小鳩」
     3月「アンコ岬」
     5月「ド根性節」
     6月「馬鹿っちょ出船」
     7月「よさこい鳴子踊り」
     9月「あんこ船」
     10月「涙の連絡船」


と、立て続けにシングルをリリースすると、

11枚目のシングル「涙の連絡船」が、またしても、
ミリオンセラー(累計売上155万枚)となり、


「涙の連絡船」

この年の「第16回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たすなど、
都さんは、たちまち、トップ演歌歌手へと登りつめたのでした。

また、都さんは、その後も、

1976年には、「北の宿から」で、
「第18回日本レコード大賞」「FNS歌謡祭最優秀グランプリ」ほか、
数々の音楽大賞を受賞、


「北の宿から」

1980年には、「大阪しぐれ」で、
「第22回日本レコード大賞」最優秀歌唱賞を受賞されるなど、


「大阪しぐれ」

(当時、「日本レコード大賞」で、「大賞」「新人賞(現・最優秀新人賞」
 「最優秀歌唱賞」
の三冠を達成したのは、都さんが初。)

順調に歌手活動を続けられ、名実ともに、
日本を代表する演歌歌手となられたのですが・・・

朝月廣臣と

実は、都さんは、1964年、都さんの興行に同行し、前座を務めた、
同じサンミュージック所属の歌手、朝月廣臣さんと知り合われると、

(朝月さんは、都さんの前座を務めつつ、都さんのデビューの半年後の、
 1964年9月には「若いんだもん」で歌手デビューされています。)

そのうち、朝月さんを「お兄ちゃん」と慕うようになって恋心が芽生え、
1968年、20歳になる頃には、結婚相手として意識するようになったそうで、

1970年、22歳の時には、お母さんに、
朝月さんと結婚したいことを伝えられるのですが、

都さんを幼い頃から天塩にかけて育ててきた、
ステージママのお母さんは猛反対。

それでも、都さんは、

なぜ娘の幸せを壊そうとするの。反対するなら、歌手をやめる。

と粘られたそうですが、
お母さんからは平手打ちを食らったほか、

当然、所属事務所「サンミュージック」からも、
事務所の稼ぎ頭である都さんの結婚には猛反対されてしまったのでした。

婚約会見

そして、このことで、朝月さんは、都さんの前座を外されてしまうと、
ほどなくして芸能界を去り、その後は、写真専門学校に進み、
写植の会社を立ち上げられているのですが、

それでも、都さんと朝月さんは、その後も交際を続けられ、
5年ほど経った頃、都さんが、再び、朝月さんとの結婚を口にすると、
さすがのお母さんも反対しなかったそうで、1976年に婚約発表

の予定だったのですが・・・

この年、都さんの68枚目のシングル「北の宿から」が大ヒット。

そのため、お母さんから、

お世話になった人たちに恩返しをしなさい。

と説得され、またしても結婚が延期となるのですが、

1977年9月には、ようやく婚約会見を開き、
結婚式の日取りは、1978年6月14日と発表されたのでした。


朝月廣臣さんと都さん。

グアムで結婚式

ただ、実際に結婚式を挙げられたのは、
4ヶ月も早い2月3日。

というのも、2月に久しぶりに休みがとれた都さんは、
朝月さんや友人夫婦とともにグアム旅行に行かれると、
現地の教会で結婚式が行われていたため、飛び入り参加されたそうで、

牧師さんから、

あなたたちもやってみたら

と言われると、その気になったそうで、

お二人は、ウエディングドレスとタキシードを借りて、
急遽、結婚式を執り行うことにされたのでした。

(ちなみに、都さんは、もともと、「20代のうちに結婚したい」
 との夢があったそうで、そんなこともあり、都さんの30歳の誕生日
(2月22日)が来る前の2月3日に挙式となったのでした。)

こうして、お二人は、13年越しの愛を実らせたのですが・・・

「都はるみが引退!総資産は?離婚理由は?不倫同棲?」に続く

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ