都はるみの現在は?重大な病気?内縁の夫の自殺原因は?

Sponsored Link

人気実力ともに絶頂だった1984年、突然、芸能界を引退されるも、1990年には完全復帰を遂げられた、都はるみ(みやこ はるみ)さん。以降、順調に歌手活動を続けられていましたが、2008年、悲しい出来事が起こります。

「都はるみが引退!総資産は?離婚理由は?不倫同棲?」からの続き

内縁の夫が自殺

こうして、都さんは、1990年に歌手としても復帰されると、
かつての勢いはなくなったものの、以降、順調に歌手活動を続けていたのですが、

2008年4月4日、午後1時40分頃、内縁の夫で、
音楽プロデューサーの中村一好さんが、東京・赤坂の自宅マンションで、
健康器具にロープをかけて首を吊って亡くなっているのを、
訪ねてきた事務所のスタッフが発見。(死亡推定時刻は4日未明)

(当初、遺書がなかったことから、「心不全で急死」と報道)


中村一好さん

中村さんは、かつて、都さんの「大阪しぐれ」「浪花恋しぐれ」
「夫婦坂」
などのヒット曲を手がけられたほか、

都さんが1987年に音楽プロデューサーとして復帰し、
新人演歌歌手、大和さくらさんを発掘・デビューさせた時も強力サポート。

また、1989年からは、都さんの個人事務所「プロデュースハウス都」の、
代表取締役社長に就任し、都さんのCDはもちろん、コンサートの企画や
構成を手がけるなど、音楽活動の一切を仕切られており、

この年も、都さんのデビュー45周年を記念した、座長公演「好きになった人」が、
東京・新宿コマ劇場で中村さんの構成・演出で行われ、3月20日の千秋楽まで、
見守られていたのですが・・・これが中村さんの最後の仕事となってしまったのでした。

自殺の原因は?

これには、都さんのショックは大きく、
スタッフでさえも声をかけられない状態だったそうですが、

4月11日には、マスコミ各社にファックスを送られると、

(中村さんは)4月4日未明自ら命を絶ちました。

と、まずはじめに、自殺だったことを打ち明けられ、

私はいまだにこの事実が信じられません。なぜこのようなことを彼がしたのか、
その原因について・・・考え続けていますが、思い当たることがなく、
事故だったのではないかと思わざるを得ないほどです。

ただここ数年、中村の酒量は増え、毎晩呑んではやけになっていました・・・
何度も何度も約束したのに、どうしても止めることができませんでした。

と続けられると、

葬儀はご親族の方の希望で。ご親族のみで済まされました。
私もまた遠くから彼とお別れさせていただきました。

と、最後のお別れをすることができなかったことも明かされ、

なぜ、彼を思いとどまらせることができなかったのか・・・
私はこれを悔やんでも悔やんでも悔やみきれません。
彼の思い出とともに、この責めを引き受けていこうと思います。

と、辛さと苦悩をにじませられたのでした。

そして、気になる中村さんの自殺の原因ですが、

公演などを含めた借金がかなりあったほか、都さんのマネージャーだった、
蓑毛政嗣さんが、3月18日に肺がんで亡くなって憔悴しきっていたそうで、
様々なことが重なっていたのかもしれません。

(ちなみに、都さんは、中村さん亡き後、2009年、
 古巣の「サンミュージックプロダクション」へ戻られています)

重大な病気?

ところで、都さんを「病気」
で、多くの方が検索されているようです。

というのも、都さんは、2013年2月7日、
「急性喉頭炎および急性気管支炎」のため、都内の病院に緊急入院されると、

このたびはご心配をお掛けし申し訳ございません。

現在声が出せない状態にあり、一日でも早く完治するため、
一週間ほどお休みをさせて頂くことになってしまいました。

すぐ、元気になって戻ってきますので、
ご心配をなさらないでください。

と、FAXでコメントされており、

所属事務所によると、2月3日、都さんから、
喉に違和感があると申し出があったそうで、診察を受けたところ、
「急性喉頭炎と急性気管支炎」と判明。

1週間程度の入院加療が必要と診断され、万全を期すために入院されると、
入院後は無事に回復し、65歳の誕生日を迎えた同年2月22日には、
東京・丸の内の「東京国際フォーラム」で50周年記念公演を行い仕事復帰。

公演では、

私は歌屋ですから、100%の声を出せるように頑張りたい。

と、意欲を見せておられたのですが、

ネット上では、都さんの激ヤセぶりやヤツレから、
ガンなどの何か重大な病気なのでは、と噂されているのです。

現在は?

そして、2015年11月24日、
「東京国際フォーラム」での全国ツアー最終日には、

翌年の2016年は、1年間、
単独コンサート活動を休業することを発表されると、

2015年12月16日放送の音楽番組、
「日本の名曲 人生、歌がある『3時間スペシャル 都はるみトリビュート』」
を最後に、テレビ出演も見合わせられ、

翌年の2016年2月18日に、ラジオ番組、
「大沢悠里のゆうゆうワイド」にゲスト出演された際には、

精神的にスッキリした感じ

と、充電中の近況を報告されるも、具体的な歌手活動復帰については、

この歌でもういいかなと思うこともある。
いい詞に出会えばいいけど、なかなか巡り会わない。

と、否定的なコメントをされ、以降、公の場に姿を現さず、
芸能活動は完全休業状態となっているのです。

やはり噂は本当なのでしょうか?

ただ、すでに70歳をまわって、お金も名声も得た都さん。
単純に疲れただけかもしれません。

それより、内縁とはいえ、28年も連れ添ったパートナーの中村さんに、
遺書もなく、自殺されてしまった気持ちは、いかばかりだったことでしょう。

ご高齢ということもありますが、幼い頃から大好きだった歌を、
完全に休業されていることからも、その影響の方が大きいのかもしれません。

いずれにせよ、たまには、ステージに立って、
その美しい歌声を聴かせてほしいものです。

「都はるみの若い頃は?韓国人?結婚は?大阪しぐれ!北の宿から!」

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ