島倉千代子の若い頃は?幼少期に大怪我!この世の花!美空ひばりの?

Sponsored Link

1955年、16歳の時、ファーストシングル「この世の花」でレコードデビューされると、200万枚を売り上げる大ヒットを記録し、たちまち人気を博した、島倉千代子(しまくら ちよこ)さん。そんな島倉さんのブレイクまでの道のりを調べてみました。

出身は?本名は?

島倉さんは、1938年3月30日生まれ、
東京都品川区北品川のご出身、

血液型はA型、

学歴は、
日本音楽高等学校卒業、

ちなみに、「島倉千代子」は本名で、
愛称はお千代さんです。

幼少期に左腕を大怪我

島倉さんは、1945年、7歳の時、戦争中に疎開した長野で、
井戸から手押し車で水の入った瓶を運んでいる途中に転倒すると、

水の入った瓶が割れて、その中に左腕を突っ込んでしまい、
左手首からひじまでの血管を4本も切断する大怪我。

お母さんが、

女の子だから(腕を)残して欲しい

と医師に懇願したことで、腕の切断は免れるのですが、
47針も縫い、腕の感覚はなくなり、動かすこともできなくなってしまいます。

(後に不自由ながらも動かすことができるようになったそうです)

そして、そのせいで、島倉さんは、ものが持てなくなり、
ほかの子どもたちと同じことができずに、イジメられるようになったそうで、

家から外に出ず、笑わず、人とも話さず、学校の体操の時間も、
校庭の隅で膝を抱えてしゃがんでいるような、暗い子どもになってしまいます。

美空ひばりの大ファン

ただ、そんな島倉さんを歌で心を通わせようと、
お母さんが、お風呂の中でよく歌を歌ってくれたそうで、
そのことがきっかけで島倉さんは歌が好きになっていくと、

歌が上手で歌手に憧れるも小児麻痺で歌手を断念した、
お姉さん(敏子さん)の夢を叶えようと、

島倉さん自身が歌手になる決意をされ、敏子さんから声楽を学び、
近所のアマチュアバンド「若旦那楽団」に入団。

当初は、不自由な左手に負担のない、アコーディオンを担当されていたのですが、
島倉さんもまた、歌が上手だったため、やがて、ヴォーカルにも起用されたそうで、

地元の品川神社で催されたのど自慢大会には毎回姉妹で出場し、
美空ひばりさんの大ファンだった島倉さんは、
美空さんの歌ばかり歌われたのだそうです。

(最初にコロムビアのコンクールを受けた際にも、美空さんを真似て、
 美空さんの曲「リンゴ追分(りんごおいわけ)」を歌ったところ、
 審査員に「ひばりは二人いらないよ」と言われて落とされたそうです)

「この世の花」「逢いたいなァあの人に」「東京だョおっ母さん」が大ヒット

そして、詳しい経緯は不明ですが、島倉さんは、1949年3月、12歳の時、
テイチクレコードから、童謡「お山のお猿」を発売されると、


「お山のお猿」

(この「お山のお猿」は、レコードレーベルの歌手名表記が、
「島倉千代子」ではなく、「戸倉千代子」と誤植されてしまっており、
 そのため、島倉さんのデビュー作とは考えられていないようです)

1953年、15歳の時には、「日本音楽高等学校」へ入学し、

この頃から、歌謡コンクールにも積極的に参加されるようになると、
翌年の1954年「第5回コロムビア全国歌謡コンクール」では見事優勝。

そして、1955年3月、16歳の時、本名の「島倉千代子」で、
ファーストシングル「この世の花」でレコードデビューされると、
半年後には200万枚を売り上げる大ヒットを記録し、
たちまち、アイドル的な人気者に。


「この世の花」

その後も島倉さんは、同年に発売された、
「りんどう峠」が130万枚、


「りんどう峠」

1956年、18歳の時には、
「逢いたいなァ あの人に」が120万枚、


「逢いたいなァ あの人に」

1957年、19歳の時には、
「東京だョおっ母さん」が150万枚を売り上げる大ヒットを飛ばし、


「東京だョおっ母さん」

「東京だョおっ母さん」は、同名タイトルで映画化もされて、
島倉さんが主演を務められるほか、この年の「紅白歌合戦」にも初出場。
(歌唱曲は「逢いたいなァ あの人に」 )

1958年、20歳の時には、「からたち日記」が、
またまた130万枚の大ヒットを記録するなど、


「からたち日記」

島倉さんは、あれよあれよと日本を代表する演歌歌手になられたのでした。
(この年には、一戸建ての家も購入されています)

「島倉千代子の元夫は阪神の藤本勝巳!離婚理由は?子どもは?」に続く

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ