下川辰平の若い頃は?太陽にほえろ!スクールウォーズ!妻は?死因は?

Sponsored Link

1972年に、テレビドラマ「太陽にほえろ!」で、長さんこと野崎太郎刑事役を演じ、たちまちブレイクした、下川辰平(しもかわ たっぺい)さん。以降、数多くの映画やテレビドラマで、叩き上げの刑事役や庶民的な役を演じられ、安定した人気を誇りました。

年齢は?出身は?身長は?本名は?

下川さんは、1928年12月11日生まれ、
福岡県福岡市のご出身、
(年齢を詐称されていたようで、1930年生まれとする資料もあり)

身長164センチ、

本名は、
下川 辰典(しもかわ ときふみ)、

学歴は、
武蔵野美術大学中退、

ちなみに、学生時代(高校時代?)はラグビーをやっていたそうで、
ウイングで100メートルを12秒台で走っていたそうです。

若い頃は?

下川さんは、1945年、陸軍士官学校に合格されるのですが、
終戦を迎えたため、画家を志して武蔵野美術大学に入学。

しかし、中退して、地元の福岡に戻ると、
福岡の電機ホールで舞台装置を手伝われます。

そして、それがきっかけで俳優に興味を持つようになったのか、
1954年、ラジオ九州(現・RKB毎日放送)の放送劇団に2期生として入団し、
俳優活動をスタートさせると、テレビドラマやラジオドラマに出演。

(福岡市民劇場では座長を務められていたそうですが、
 ワンマン座長で、地元では一番高い出演料をもらっていたそうです)

その後、詳しい経緯は不明ですが、1964年に、
「文学座」の看板女優だった杉村春子さんに出会うと、
再び上京し、「文学座附属演劇研究所」に入所。

研究生を経て、1968年、
「文学座」の座員に昇格されると、

以降、

1969年「五稜郭血書」
1970年「美しきものの伝説」
1972年「飢餓海峡」
1974年「天守物語」
     
ほか、数多くの舞台に出演されています。

(1977年「天守物語」を最後に退団されています)

「太陽にほえろ!」の長さんでブレイク

また、下川さんは、「文学座」で活動される一方で、
テレビドラマや映画にも出演されており、

1972年には、テレビドラマ「太陽にほえろ!」で、
温厚で人情味あふれるベテラン刑事「長さん」こと、
野崎太郎刑事役を演じられると、たちまちブレイク。


「太陽にほえろ!」より。(左から)露口茂さん、山下真司さん、石原裕次郎さん、
木之元亮さん、神田正輝さん、沖雅也さん、下川さん、竜雷太さん。

「太陽にほえろ!」では、野崎家のプライベートに関してのストーリーが、
よく展開されていたため、下川さん宛のファンレターの中には、

「親とうまくいかない」「子供とどう接すればよいか?」
など、家庭内の悩みの相談も多数寄せられていたそうで、

下川さんは、

役柄からですかね。自分が子供がいないので、
コンプレックスを抱きながら芝居しているのが、
かえって父親らしく見えるのかもしれませんね。

と、おっしゃっていました。

ちなみに、「太陽にほえろ!」が盲学校で激励のロケをした際には、
優しかった下川さんが盲学校の生徒の中で一番人気があったそうです。

スクール☆ウォーズでは校長先生役

そして、1984年には、テレビドラマ「スクール☆ウォーズ」で、

校内暴力で荒れる川浜高校を立て直そうと、滝沢賢治(山下真司さん)を誘う、
山城晋平校長役を演じられると、

「支配的な教育(徹底的な管理教育)」「不良は追い出せば良い」という、
短絡的で表面的な教育に真っ向から反発し、「誰も初めは良い子だったんだよ」
「好き好んで不良になる生徒がいるのだろうか」などと、
子どもに真摯に向き合う校長を好演。

ドラマが最高視聴率20%を超す大ヒットを記録したこともあいまって、
下川さんもお茶の間の人気を博したのでした。


「スクール☆ウォーズ」より。(左から)高野浩和さん、山下真司さん、下川さん。

死因は?妻は?子どもは?

こうして、叩き上げの刑事役や庶民的な役を多く演じ、
安定した人気を誇っていた下川さんですが、

2002年頃から「糖尿病」を患われると、入退院を繰り返し、
2004年1月下旬には、地元福岡に帰郷して福岡市内の病院に入院。

(2003年のテレビドラマ「TRICK3」では、立っているのも難しく、
 車椅子に乗って出演されていました)


「TRICK3」より。(左から)仲間由紀恵さん、下川さん、高嶋政伸さん、阿部寛さん。

「糖尿病」は、左足が壊死を起こすなど、かなり重症で、
2月上旬には、左足膝5センチから下を切断するなど、
壮絶な闘病生活を送られていたそうで、

さすがに、病気のためイライラする事が多く、
奥さんは世話をするのが大変だったそうです。

そして、2004年3月25日には、手術の甲斐なく、
福岡市内の病院で、「敗血症」のため、75歳で他界されたのでした。

ちなみに、下川さんは、孝子(たかこ)さんという、
一般女性と結婚されていたそうですが、お子さんはいらっしゃいませんでした。

萩原健一や松田優作にも影響力

さて、いかがでしたでしょうか。

「太陽にほえろ!」といえば、殉職シーンですが、
マカロニ刑事(萩原健一さん)やジーパン刑事(松田優作さん)の台詞は、
下川さんのアドバイスを参考にされたものだったそうで、


「太陽にほえろ!」で共演される、下川さんと松田優作さん。

やはり、優しい頼りがいのあるキャラクターは、
下川さんの実際のキャラクターそのものだったのかもしれませんね。

(ちなみに、下川さん演じる長さんは殉職できず、残念がっていたそうです)

下川さんのご冥福をお祈り致します。

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ