橋田壽賀子は韓国人?年齢は?若い頃は文章が苦手だった!

Sponsored Link

テレビドラマ「おんな太閤記」「おしん」「渡る世間は鬼ばかり」などの脚本で著名な脚本家、橋田壽賀子(はしだ すがこ)さん。そんな橋田さんのルーツを調べてみました。

年齢は?出身は?本名は?韓国人?

橋田さんは、1925年5月10日生まれ、
京城府(現・大韓民国ソウル)のご出身(大阪府堺市西区育ち)、
(韓国人ではなく日本人です)

血液型はB型、

学歴は、
大阪府立堺高等女學校(現・大阪府立泉陽高等学校)
⇒日本女子大学文学部国文学科卒業
⇒早稲田大学第二文学部演劇専修中退

ちなみに、橋田壽賀子は本名で、
結婚後は、岩崎壽賀子となっています。

幼少期は朝鮮半島

橋田さんは、戦前、お父さんが(日本が統治する)朝鮮半島にある、
チタンを産出する鉱山と土産店を営んでいたことから、朝鮮半島で生まれると、

その後、小学4年生になる前に、「教育は日本で」
との両親の意向でお母さんと2人で大阪に戻られます。

そして、1934年に大阪の堺にある小学校に転入すると、
大阪弁ではなく、標準語で本が読めたことから、
同級生からは「朝鮮人」と言っていじめられたそうですが、

取っ組み合いのケンカをして相手を負かしてしまうほど、
負けん気の強い少女だったそうです。

(ただ、先生からは「教科書を読むのがうまい」とほめられていたそうです)

文章を書くのが苦手だった

今では、誰もが知る脚本家の橋田さんですが、
実は、高校生の頃は文章を書くことが苦手で、

戦地にいる兵士に慰問文を書かされた時には、
お母さんに代わりに書いてもらい、しかも、
その作文が当時住んでいた大阪の堺市から表彰されてしまい、

私が書いたんじゃないのに

と、困ってしまったこともあったとか。

とはいえ、橋田さんは、文章は苦手ながら、
文法は好きだったため、大学は日本女子大学文学部国文学科に進学。

(日本女子大学を受験されたのは、受験会場が大阪にもあったことと、
 橋田さんを思い通りにしようとするお母さんの愛情が重すぎたため、
 母1人子1人の生活が嫌で、親元を離れるためでもあったそうで、
 お母さんには内緒での受験だったそうです)

ただ、日本女子大学は、士族や華族の子どもが多く、
戦前の日本は格差社会だったため、

橋田さんが、最初のあいさつで、

こんなええ学校にはめてもろて

と大阪弁であいさつすると、

自分では、歴史ある大阪・堺の文化都市で育ったと、
誇りに思っていたにもかかわらず、みんなに大爆笑され、

あなた、「はめる」っていうのは
「指輪をはめる」ということでは、ありませんこと?

と言われて、周りからは下に見られたそうで、

以来、橋田さんは、話すのが怖くなって黙りこくり、
名門でもなく、平民でなんの後ろ盾もなかった橋田さんは、

差別や意地の悪い視線を感じながら、
「なにくそ」と思いながら、大学生活を送られたのでした。

東大は落ちるも早稲田大学に進学~脚本の面白さに目覚める

そして、橋田さんは、大学時代、将来は国語学者になりたいと思っていたため、
卒業後は、さらに、東大と早稲田大を受験されると、
第一志望だった東大は落ちるも、早稲田の国文科には合格し入学。

(この時、会社経営をしていたお父さんが、
 橋田さんと弟子を結婚させると決めていたそうですが、橋田さんが嫌がり、
 大阪に帰らずに東京にとどまったため勘当されてしまったそうです)

すると、早稲田の学生演劇集団の一つ「小羊(しょうよう)座」から、
(女子がいなかったため)女優をやらないかと誘われて、劇団に入団するのですが、
いざ入団してみると、ばあさんや頭の悪い女の役ばかり。

全然おもしろくない、と思っていたところ、友人に誘われて、
脚本家の久板栄二郎さんの脚本塾に通い始めると、

演劇を書くのは面白い

と、創作の喜びに目覚められたのでした。

「松竹」入社~映画「郷愁」手がけるも・・・

そんなある日のこと、同級生の男の子に、

映画会社の松竹の入社試験を一緒に受けよう

と誘われ、映画の世界には興味がなかったものの、

その友だちに「カンニングさせてあげるから」と言われたことや、
親の世話にならずに生きていきたかった為とにかくお金がほしかったこと、
そして、「松竹」が初めて女性を採用すると知ると、

脚本の書き方も教えてくれて、お金もくれる、
こんないい仕事はない。

と、はずみで「松竹」を受験。

すると、応募者1000人以上の中から、たった6人の合格者に選ばれ、
1949年、「松竹」初の女性社員として入社。

そして、入社後は、

これからは女性も映画で活躍を

と、京都の撮影所に脚本家として配属されると、

初仕事は、新藤兼人監督の「長崎の鐘」(1950年公開)を手伝い、


あの頃映画 松竹DVDコレクション 長崎の鐘

その後、「郷愁」岸恵子さん主演・1952公開)では、
初めて単独で脚本を執筆されるなど、
順調に仕事をこなしていかに見えたのですが・・・


「幻なりき」より 郷愁 松竹映画 銀幕の名花 傑作選 SYK-155 [DVD]

当時の映画界はまだ完全な男社会で、女性である橋田さんが書いた脚本は書き直され、
セリフが一文字も残っていないこともあったそうで、実質、干されている状態。

(映画はセリフよりも映像が重視されるため、合わないとも感じていたそうです)

さらに、京都には昔ながらの徒弟制度が残っていたため、
弟子入り先では、仕事だけではなく配膳やお酌もさせられたそうですが、

橋田さんは、

なんで私がお酌なんか

という態度だったため、全く可愛がられず。

それでも、先輩の、

書けるようになるまで10年かかる

という言葉を信じて辛抱していたそうですが、

入社10年目の1959年、映画が斜陽になったことから、
秘書室に異動を提示されたそうで、ついに橋田さんは「松竹」を退社されたのでした。

(ちなみに、「松竹」での10年間で脚本を書いたのはたった2、3本だったそうです)

「橋田壽賀子の夫は?石井ふく子との愛と死をみつめてが大ヒット!」に続く

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ