石丸幹二!大学は?劇団四季で活躍!題名のない音楽会で?結婚は?

Sponsored Link

1990年に、劇団四季の「オペラ座の怪人」、ラウル・シャニュイ子爵役でデビューされて以来、舞台を中心に活躍され、近年ではテレビドラマや映画でも、その活躍を見ることができる、俳優の石丸幹二(いしまる かんじ)さん。




大学は?


石丸さんは、
東京藝術大学を卒業されています。

もともとは、東京音楽大学に入られたそうですが、
3年生の時に、東京藝術大学音楽学部声楽科を受けられて、
見事合格されたそうです。

その頃から、
歌の才能に長けておられたのですね。


劇団四季で活躍!


その後は、「劇団四季」に入団。
17年もの間、在籍され、
2007年に退団されています。

代表作は、
「アスペクツ・オブ・ラブ」「アンデルセン」「オペラ座の怪人」
「キャッツ」「美女と野獣」
などで、
どれも主役を演じておられます。

劇団の方針なのか、
特別に俳優を売り出すことはしなかったそうですが、

それにも関らず、石丸さんの人気は、
すごかったそうです!



そして、退団者の発表というのも、
通常はしないそうですが、

石丸さんが退団される時は、特別だったようで、
あいさつ文が、会報誌に掲載されたそうです。

どれだけ石丸さんが、
劇団にとって、そしてファンにとって、

特別な役者さんだったかということを、
伺い知ることができますね!

とても安定した、見ていて安心できる、
演技をされていたようです。

ファンにとっては、
石丸さんが「劇団四季」を退団され、
さびしい思いもあると思いますが、

その分、テレビドラマや映画など、
お芝居とは違った石丸さんが見れるのは、
楽しみですね。


題名のない音楽会で?


石丸さんは、2015年2月、
「題名のない音楽会」というテレビ番組に、
ゲストとして出演されています。

映画の名曲についてトークし、
共演していた、新妻聖子さんと、
映画音楽メドレーを歌われたのだそうです。

まずは、石丸さんが、
「オズの魔法使い」の中から「虹の彼方に」
「ある愛の詩」の中から「ある愛の詩」
「スター・ウォーズ」の中から「メイン・タイトル」(歌唱なし)

続いて、新妻さんが、
「フラッシュダンス」 の中から、
「フラッシュダンス~ホワット・ア・フィーリング」

そしてお二人で、
「アラジン」「ホール・ニュー・ワールド」
をメドレーされました♪



石丸さんは、映画音楽では、
「レ・ミゼラブル」の曲がお好きとのことで、

「夢やぶれて」を新妻さん、
「星よ」を石丸さん、

そして、お二人で、
「民衆の歌」を歌われたそうです。

演技力もさることながら、
抜群の歌唱力も石丸さんの大きな魅力ですね♪

この撮影で、石丸さんは、

「オーケストラの前で歌うのが楽しみ」

とおっしゃっていたようなので、
舞台俳優の面目躍如といったところですね!

結婚は?


最後になりましたが、
石丸さんの気になるプライベートです。

奥さんの存在が気になりますが、
ご結婚はされていないようです。

熱愛報道などもされたことがないようで、
そのせいか、同性愛疑惑まで出る始末です(^^;)

役者さんなので、そういうことを
明かしていないだけなのかもしれませんね。

しかし、今後、石丸さんが、
テレビでご活躍されることが多くなると、
そんなスクープ報道も出るかもしれません。

やっぱり石丸さんは声が素敵なので、
お芝居やミュージカルなどにも、
たくさん出てほしいですね♪

これからも応援したい俳優さんです!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ