松尾諭!結婚は?SP?事務所で井川遥の付き人?田口浩正と似てる?

Sponsored Link

2000年、役者志望で上京し、オーディションを受けるもなかなか合格しない日々。そんなある日、道端で財布を拾い交番に届けたところ、なんと、落とし主が芸能プロダクションの社長!その縁で芸能界入りすることが決まった、松尾諭(まつお さとる)さん。




事務所で井川遥の付き人?


松尾さんが芸能界入りするきっかけになった、
その芸能プロダクションとは、「FMG」。

あの、女優の井川遥さんが所属する事務所です。

そして、始めの頃の仕事は「付き人」 。
担当する俳優さんの、
あらゆる雑用をしなければいけないので大変です。

でも、松尾さんが担当したのは、井川遥さん♪

井川さんですからね。ウキウキでした!

と松尾さんは、おっしゃっています(^^)

もちろん、ファンが殺到した時などは、
SP並みに目を光らせて、井川さんを守ったそうです。

しかし、付き人なのに、何度も、
寝坊して遅刻してしまったことがあったとか。

二度目の遅刻の時には、
こっぴどく社長に怒られたそうで、
(当たり前ですが(^_^;))

その後、井川さん宅に迎えに行くと、

サトルちゃん、社長に言ったの?
言わなくていいのに。

と、井川さんは優しい言葉をかけてくれたとか。

井川さんは、見た目も癒やし系ですが、
本当に優しい人なんですね♪

SP?


芸能事務所に入っても、
なかなか仕事が入らない日々が続く松尾さんでしたが、

2005年、テレビドラマ「電車男」で、
ネットの住人ザスパというサッカーオタクを演じます。

それを機に、少しずつ仕事が入り始め、
2007年には、「SP 警視庁警備部警護課第四係」
のオーディションを受けると、見事合格!!

台本が送られてきたのを見て、
最初のページには、主演の岡田准一さん、堤真一さん、
次のページには、真木よう子さん、
そしてその横に、なんと、松尾さんの名前が!

そんな上位に自分の名前があるのを見て、
最初は、途中の部分が落丁してるんじゃないか?
と、松尾さんは、目を疑ったそうです。

それから夢中で台本を読んで、
自分のセリフがたくさんあることに、
また大汗をかいたそうです(^_^;)

喜びと不安が入り交じった、
松尾さんの姿が、目に浮かびますね。

結果、この 「SP」は、大ヒット!
そして、松尾さんも一躍有名人になります!



しかも、シリアスな話の中で、
コミカルな役をうまくこなされた、

松尾さんの演技には、
業界の人も注目されたようで、
その後は、仕事のオファーが急増。

2009年には、
大河ドラマ「天地人」で、上田衆の桜井晴吉 役

2010年には、
連続テレビ小説「てっぱん」で、お父さん中岡徹 役
と、ビッグなドラマへの出演も決まります。

その後、「SP」の劇場版、
「SP THE MOTION PICTURE(野望編)」
「SP THE MOTION PICTURE(革命編)」
にも、もちろん松尾さんは出演されます。

興行収入は、ともに30億超と、大ヒット!
こうやって、松尾さんは、
役者としての地位を確立されたのでした♪

さて、お仕事では成功された松尾さんですが、
プライベートの方はどうでしょう?


結婚は?


松尾さんは、
2008年に結婚されているようです。

お相手は、一般人の方のようで、
お子さんもいらっしゃるそうですが、
詳しいことは分かりませんでした。

ただ、奥さんには何でも正直に話されるようで、
「水戸黄門」で夫婦役を共演した、
国分佐智子さんのことが忘れられないと言って、
奥さんを怒らせたこともあったとか。

奥さんの寝顔を見て、
やっぱり奥さんが一番だと思ったそうですが♪


田口浩正と似てる?


松尾さんが、田口浩正さんと似ていると
もっぱらのうわさです。

どうですか?



似てますね~
顔だけでなく、体型まで(^_^;)

兄弟といっても、通じますね♪

さて、いかがでしたでしょうか?

松尾さんのお話や、エピソードを聞いていると、
正直で、飾らず、ほんと、まっすぐな方ですね。

ある意味、役者さんっぽくないのですが、
役に入られると、まるで変わられるんですね。
それがまた魅力的♪

8月に前編、9月には後編が公開される、
実写版「進撃の巨人」にも
松尾さんは、「慈愛深き豪傑・サンナギ」の役で出演されます。
どんな風に演じられるのでしょうか?
楽しみですね!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ