六角精児!奥さんは?モテる?ギャンブル好き?バンドって?鉄道マニア?

Sponsored Link

東京スター銀行のCMで、「完済人(かんさいじん)」を演じた、俳優の六角精児(ろっかく せいじ)さん。その、いかにも借金いっぱいしてそうな風貌は、このCMにはまりすぎるほどはまっていました! こういう俳優さんは貴重ですね~





ドラマ「相棒」では、監察医、米沢守を演じて、
大ブレイクした六角さん。

その破天荒な生き方が話題です!
さっそく見ていきましょう♪

奥さんは?


六角さんは、現在の奥さんで、
なんと、4度目の結婚だそうです!

なので、3度の離婚歴がある、
ということになるのですが、

この奥さんとは、一度結婚したことのある、
2番目の奥さんなのだとか!

1997年、六角さんが35歳の時に、
当時、劇団の研究生だった奥さんと再婚されますが、
2年ほどで破局してしまったそう。

好きな人ができた

と言って去ってしまったそうです。
しかし、六角さん的には、

ギャンブルに明け暮れ生活費を入れなかったこと

が本当の原因ではないかと振り返っておられました。

六角さんが復縁した理由を、劇団関係者の方は、

以前、彼は 、
「別れてから、僕のため、
こんなことを考えていてくれたのか、と本当にわかった」
と話していました。

奥さんの大切さを実感し、後悔していたみたいです。

と話しておられたそうです。

六角さんは、復縁するにあたり、
人生初のプロポーズをされたとのこと。

これからは、奥さんのことを、
大切にしてあげてほしいですね。

ちなみに、最初の奥さんは、
1983年、六角さんが21歳の時に結婚されたそうですが、
六角さんが地方公演から帰ると、
家財道具と一緒に姿を消されたそうです(^_^;)

その理由を、

「外に飲みに行くたび、
見ず知らずの人を連れて来たりするから」

「妻が寝ている隣で、
他の女性と長電話をしたこともあった」

と六角さんは分析されていました。

売れない時代を支えてくれた方ということなので、
なんだか、やるせないですね・・・

ついでに、六角さんの、
3度目の結婚相手ですが、

2003年、当時41歳だった、
六角さんよりも20歳も年下の女性で、

出産を機に、里帰りしたまま、
帰ってこられなかったのだとか。

いずれの場合も、
ギャンブル好きで経済力がなかったことと、
不誠実が根本的な原因のようです(^^;)

モテる?


これらの話からも分かるように、
六角さんはモテモテです。

女の人が寄ってきては、
去って行かれるのですが、

またすぐに、次の人が寄ってくるのだとか。

それでは、六角さん流、
モテ男の極意をお教えします!

まず、自分の財布を、
お相手の方に預けるのだとか。

お前を信用している、お前にかけてる、
お前の話はよく聞く。
お前が一番。

と感じさせることが大事なんだそうです!

なるほど~

そして、六角さんは自身を分析し、

僕みたいにダメなヤツを「私が救ってやらなきゃ」
と思う女性って、結構いらっしゃるんですよね。

と、ある雑誌のインタビューで、
おっしゃっていました。

確かに、ダメンズ好きの女性っていますよね。
わざとじゃないにしても、
六角さんは、そういう女性の気持ちを、
くすぐるのが上手なんでしょう。

なんだか、ほのぼのしていて、
人の良さそうな六角さん。

女性を惹きつける、
魅力があるのかもしれません(^^)

ギャンブル好き?


奥さんの話のところでも少しふれましたが、
六角さんはギャンブル好きで、
これが半端ないようです!

大学時代にはギャンブルにはまり、
「学生ローン」で借金を重ね、

気が付くと、とんでもない額に膨れ上がり、
借金をご両親に肩代わりしてもらったのだとか。



しかし、
それで一件落着ではなく、

六角さんのギャンブル依存症は、
大学を中退した後も続いたようで、

30代になっても、
ギャンブルのせいで、借金地獄!

消費者金融からの借入が500万円と、
友人などから借りた額を合わせると、
1000万を超えたこともあったとか。

これは40代まで続いたそうで、

2006年に、
テレビのレギュラー出演が入るようになり、
ようやく完済できたそうです!

凄すぎますね~

現実にも、こんな人がいるとは・・・

東京スター銀行のCMは、
演技ではなかったのですね(^^;)


バンドって?


六角さんは1996年に、
「六角精児バンド」というバンドを、役者仲間と結成し、
下北沢のライブハウスで活動されているようです。

2014年には、「石ころ人生」
というアルバムでデビューされています。

六角さんの人生をベースにした歌詞が多いそうで、
六角さんはヴォーカルを担当されています。



壮絶な経験も、こうやって、
作品として残せたので良かったですね♪

それにしても、
芝居に音楽にと、何気に多才な六角さんです。


鉄道ファン!


六角さんは、
鉄道ファンでもあるそうで、

その中でも、鉄道に乗ることを目的とする
「乗り鉄」なんだそう。

仕事でロケに行った時には近くの鉄道に乗ったり、
数日休みがあったら(地方に)行きます。

ローカル線が好きで、
昔のいわゆる国鉄車両が現れたりすると、心がときめきますね。

たどり着いたところに、
楽しいことがあればなおいいんですけど、
何もなくてもかまわない。

その地域の空気感に触れるのは好きですね。
鉄道だけではなく、
降り立ったところに浸るのが好き。

と雑誌のインタビューで、
その魅力を語っておられました。

鉄道番組への出演も多くなり、
趣味の路線を、ギャンブルから乗り鉄に変えて、
救われたのだとか。

さて、壮絶な経験をしたとは思えないほど、
ほのぼのしていて、
自然体で生きておられる感じのする六角さん。

「三角でもなく 四角でもなく 六角精児」
「少し金を貸してくれないか 続・三角でもなく 四角でもなく 六角精児」
「六角精児 鉄旅の流儀」

と、3冊のエッセイを出版されているので、
文才もおありです。

これからも、どんどん才能を発揮して、
私たちを楽しませほしいですね~
応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ