佐戸井けん太!出身大学は?姫路?斉木しげると似てる?

Sponsored Link

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の別所重棟役や、「踊る大捜査線」の魚住二郎役、「相棒」では加賀谷秀之役を演じられた個性派俳優、佐戸井けん太(さとい けんた)さん。演技の幅が非常に広く、悪人役も善人役もなんでもこなせてしまう、俳優さんです。





佐戸井さんは、1977年から、
役者として活動されているようで、

もともとは、劇団「夢の遊眠社」の、
劇団員だったそうです。

劇団で培った演技力が、
どのドラマでもきらりと光っています。

そんなベテラン演技派俳優、
佐戸井けん太さんのことについて調べてみました!

出身大学は?


佐戸井さんの本名は、佐戸井憲治さんだそうで、
微妙に名前を変えられたようですね。

千葉県市川市にある、
市川中学、高等学校を卒業されています。

この学校は私立中高一貫で、男女共学だそうですが、
1937年設立で、70年間は男子校だったそうなので、

佐戸井さんが通われていた頃は、
男子校だったようです。

そして、高校の偏差値が74もあるという、
すごく頭の良い高校です。

これは現在の偏差値なので、
佐戸井さんが通われていた当時とは、
若干違うかとは思いますが、

偏差値の高い高校であることは、
間違いないようです。

そして、佐戸井さんは、
上智大学に進学されたようです。

どの学部に進学されたかは分かりませんでしたが、
偏差値は学部によって異なり、
63から65くらいみたいです。

いずれにしても、
佐戸井さんが秀才なことには違いないですね。

しかし、その後、大学を中退されています。
なぜ、中退されたのかは分かりませんでしたが、

劇団「夢の遊眠社」に入団されたのが、
20歳の時なので、
お芝居の楽しさにハマり、
役者でやっていこうと決意されたのかもしれませんね。


姫路?


冒頭でも少し触れましたが、
佐戸井さんは、NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」で、
別所重棟役を演じておられます。



黒田官兵衛といえば、姫路。
その縁でか、佐戸井さんは、
BS11の番組「日本ほのぼの散歩」で、
姫路を巡る旅のナビゲーターをされました。

「世界遺産”姫路城”と趣深い城下町」 

というタイトルで、
佐戸井さんは、姫路城を訪れたり、
城下町を散策したりされます。

豊臣秀吉や黒田官兵衛など、
歴史上の名将たちの名場面がよみがえりそうなほど、
ロマンと文化が香る町なのだそうです♪



そして、「光洋製瓦株式会社」という、
瓦を作っている会社の工場見学をされたそうです。

100年の歳月を経ても、
輝きを放つ瓦を作っておられるのだそうです。

残念ながら、佐戸井さんの感想はわかりませんでしたが、
自身が演じた武将と、町の景色を重ね合わせながら、
しばし時を超えて、ロマンに浸っておられたのではないでしょうか♪


斉木しげると似てる?


最後に、佐戸井さんと俳優の斉木しげるさんが似ていると
ネット上で話題です!

「斉木しげるに似ている俳優さん」と呼ばれていたり、
「どちらがどちらかわからなくなる」
という方も結構おられるようです(^^)



確かに!

顔の雰囲気がとても似てますね~
実の兄弟といってもおかしくないほどです!

もちろん、血のつながりはありません(^^;)

ちなみに、佐戸井さんは、
高橋克典さん主演のテレビドラマ「特命係長 只野仁」で、
斉木さんの演じる役に偽者として、
変装する役も演じられています♪

昔かたぎの役者さんらしく、
プライベートを明かされていない佐戸井さん。

役者一筋でこられた、佐戸井さんの心意気を感じます。
これからも、たくさんの名演技をみせてほしいですね。
末永いご活躍を期待しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ