津川雅彦の若い頃は?嫁は朝丘雪路!娘は?兄は?出演ドラマ映画は?

Sponsored Link

映画「狂った果実」で、石原裕次郎さんの弟役を演じ、一躍スターになった津川雅彦(つがわ まさひこ)さん。作者の石原慎太郎さんが一目見て気に入られたそうで、芸名も石原さんが名付けられたとか。




年齢は?出身は?身長は?本名は?家系図は?


津川さんは、1940年1月2日生まれ、
京都府京都市中京区のご出身、

身長171センチ、

血液型はO型、

本名は、
加藤 雅彦(かとう まさひこ)、

事務所は、
グランパパプロダクション、

趣味は、
乗馬、メール(絵文字が大好きだとか)、

ちなみに、お父さんは、四代目 澤村國太郎さんで、
歌舞伎役者から映画俳優に転身された、戦前の大スター、

お母さんは、マキノ智子さんで、「日本映画の父」と言われている、
映画監督、映画プロデューサーのマキノ省三氏の娘さん、

だそうです。




若い頃は?


そういった環境にあったせいか、津川さんは、
5歳の頃から、子役として映画に出演されていたものの、

もともと、新聞記者に憧れていたそうで、
高校は、早稲田大学高等学院に進学されていたのですが、

16歳のとき(1956年)、石原裕次郎さんの主演映画、
「狂った果実」の弟役を探していた、作者の石原慎太郎さんが、
津川さんを一目見て気に入り、津川さんの家に頼み込まれたそうで、

夏休みだし1本くらい出てもいいか

程度の軽いノリで出演されると、映画は大ヒット。

それに伴い、津川さんも大ブレイクされると、
津川さんも、瞬く間に日活の看板俳優となられたのでした。



不倫騒動でいやらしい変質者役に


しかし、18歳の時に移籍した松竹では、
なかなかヒット作に恵まれなかったようで、

その後、フリーになり、
テレビ活動を始められた津川さんですが、

29歳のとき、
デヴィ・スカルノさんとの不倫騒動で、仕事が激減。

そんなとき、
「必殺シリーズ」の演出を担当していた松本明さんが、

世の中のみんなはお前が嫌いなんだから、
殺される悪役をやれ!

と、津川さんを起用されます。

その頃からでしょうか、津川さんといえば、
いやらしい役や変質者の役といったイメージがついたのは。

もともとは、美男子スターだったわけですから、
悪役に転身するのは、相当、自尊心を傷つけられたことでしょうね。

出演作品(テレビドラマ、映画)


それでは、ここで、
津川さんのそのほかの出演作品もご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

1958年「息子の縁談」
1960年「クライマックス 人生はドラマだ マキノ省三」
1962~1963年「君の名は」
1964~1965年NHK連続テレビ小説「うず潮」
1966~1967年年NHK連続テレビ小説「おはなはん」
1968年NHK大河ドラマ「竜馬がゆく」

1969年「ながい坂」
1971年「2丁目3番地」
1972年「おはよう」
1973年「新書太閤記」
1974年「ぶらり信兵衛 道場破り」
1975年「放浪家族」

1976年「痛快!河内山宗俊」第22話
1977年「岸辺のアルバム」
1978年「独眼流の野望」
1979年「見知らぬ恋人」
1980年「松本清張の白い闇」
1981年「野々村病院物語」

1982年「さよなら三角またきて四角」
1983年「みんな大好き!」
1984年「宮本武蔵」
1985年「破獄」
1987年「化身」
1988年「風少女」

1989年「奇兵隊」
1990年「勝海舟」
1992年「徳川武芸帳 柳生三代の剣」
1993年「伊達政宗」
1994年「大忠臣蔵」
1995年「元禄太平記 忠臣蔵討入りの助っ人たち」

1996年「憲法はまだか」
1997年「メロディ」
1998年「世界で一番パパが好き」
1999年「サラリーマン金太郎」
2000年「合い言葉は勇気」
2001年「白い影」

2002年「天国への階段」
2003年「女と男と物語」
2004年「奥さまは魔女」
2005年「幸せになりたい!」
2006年「奇跡の動物園~旭山動物園物語~」
2007年「華麗なる一族」

2008年「監査法人」
2009年「メイちゃんの執事」
2010年「Wの悲劇」
2011年「Dr.伊良部一郎」
2012年「薄桜記」
2013年「ウルトラマンギンガ」

2014年「闇の狩人」
2015年「銭の戦争 」
2016年「松本清張スペシャル かげろう絵図」
2017年「やすらぎの郷」
2018年「眠狂四郎 The Final」

映画では、

1945年「狐の呉れた赤ん坊」
1946年「東京特急四列車」
1947年「逃亡者」
1948年「かくて忍術映画は終りぬ」
1949年「天狗飛脚」
1952年「乞食大将」

1953年「獅子の座」
1954年「山椒大夫」
1956年「狂った果実」
1957年「孤獨の人」
1958年「禁じられた唇」
1959年「明日の太陽」

1960年「波の塔」
1961年「悪の華」
1962年「千客万来」
1963年「無宿人別帳」
1964年「日本侠客伝」
1965年「明治侠客伝 三代目襲名」

1966年「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」
1967年「昭和残侠伝 血染めの唐獅子」
1968年「尼寺(秘)物語」
1969年「キューバの恋人」
1970年「昭和残侠伝 死んで貰います」
1971年「男一匹ガキ大将」

1973年「男はつらいよ 私の寅さん」
1974年「直撃!地獄拳」
1975年「どてらい男」
1976年「春琴抄」
1979年「天使を誘惑」
1981年「マノン」

1982年「ザ・レイプ」
1983年「時代屋の女房」
1984年「お葬式」
1985年「タンポポ」
1986年「ウホッホ探検隊」
1987年「別れぬ理由」

1988年「マルサの女2」
1989年「善人の条件」
1990年「極道の妻たち 最後の戦い」
1991年「幕末純情伝」
1992年「ミンボーの女」
1993年「大病人」

1994年「集団左遷」
1995年「午後の遺言状」
1996年「スーパーの女」
1997年「マルタイの女」
1998年「緑の街」
1999年「おもち」

2001年「RED SHADOW 赤影」
2002年「KUMISO」
2003年「ぷりてぃ・ウーマン」
2004年「新・日本の首領」
2005年「欲望」
2006年「THE 有頂天ホテル」

2007年「愛の流刑地」
2008年「落語娘」
2009年「風が強く吹いている」
2010年「カケラ」
2011年「あしたのジョー」
2012年「セイジ -陸の魚-」

2013年「ストロベリーナイ」
2014年「偉大なる、しゅららぼん」
2015年「ソロモンの偽証 後篇・裁判」
2016年「ゆずの葉ゆれて」
2017年「たたら侍」

ほか、本当にたくさんの作品に出演されています。


兄は?


そんな津川さんのお兄さんは、
長門裕之(ながと ひろゆき)さん。



戦前から名子役として活躍されており、
戦後も、映画「太陽の季節」に主演されるなど活躍されます。


左から、南田洋子さん、石原裕次郎さん、長門裕之さん

ただ、後に、弟の津川さんや、石原さんがブレイクし、
人気を奪われる形になっていったとか。

そういう影響もあってか、
津川さんと長門さんの仲はあまりよくなかったようです。

しかし、晩年は、津川さんと共演されたり、
津川さんが監督を務めた映画にも出演され、
仲直りをされていたようです。

そして、2011年5月、
奥さんの南田洋子さんの後を追うように亡くなっています。


嫁は?


ところで、津川さんの奥さんといえば、
女優の朝丘雪路(あさおか ゆきじ)さんですが、

津川さんは、1973年に
朝丘さんと結婚されています。


(朝丘さんは既婚者だったため、津川さんとは不倫の末の結婚でした)

ちなみに、朝丘さんは妾腹(非嫡出子)なのですが、
にもかかわらず、お父さんには溺愛され、過保護に育てられたそうで、

バラエティ番組では、そのお嬢様育ちがゆえの、
おっとりしたキャラクターと常識外れな発言で、
人気を集められました。

ただ、そんな朝丘さんとの結婚生活は、
少々大変だったようで、

ある日、津川さんが薬を探して引き出しを開けたところ、
なんと、引き出しの中から小銭の山を発見し、びっくり仰天。

というのも、結婚するまで自分でお金を払って、
買い物をした経験がなかった朝丘さんは、

結婚してから、買い物はすべて1万円札で支払っていたそうで、
そのお釣りの千円札や硬貨が溜まりに溜まっていたというのです。

(朝丘さんは、お金と言えば1万円札しか知らず、
 それ以外はお金とは知らなかったそうです)


卒婚


そんな微笑ましいエピソードを持つお二人ですが、
2009年頃から卒婚し、別居という道を選ばれています。

(※卒婚とは、結婚という形を維持しながらも、夫と妻が互いに干渉せず、
 それぞれの人生を自由に歩んでいくという夫婦関係だそうです)

実は、2008年末、津川さんは、
経営していた玩具事業で6億円もの負債を抱えてしまい、
その返済のため、長年暮らしていた一戸建てを売却。

このことをきっかけに、
別居することに決めたそうで、

津川さんは、

今さら大人なんだから自由にしたほうがいい。
一緒に住まなくても、心はつながってるしね。

と、コメントされていたのですが・・・

朝丘雪路が死去


しかし、2013年頃から、朝丘さんは、
「老人性うつ病」を患われるようになり、

当初、介護は、娘の真由子さんに任されていた津川さんですが、
2014年~2015年頃から、朝丘さんの介護のため、
再び一緒に暮らし始められます。

(この時、朝丘さんは、「アルツハイマー認知症」と診断されていました)

そして、その後、朝丘さんは、
数年は元気にされていたのですが、

年々症状が進行していくと、
2018年4月27日、容態が急変し、他界。

津川さんは、朝丘さんへの想いを、

あらゆることを含めて。
娘を産んでくれたこと、家を売ってくれたこと、
僕より先に死んでくれたこと・・・すべて感謝だらけです。

と、コメントされたのでした。

娘は?


そんな津川さんと浅丘さんの間には、
真由子さんという娘さんが一人いらっしゃいます。



実は、真由子さんは、
1974年に、生後5か月で誘拐されています。

ただ、無事生還されたものの、津川さんは、
新聞社から「売名行為の自業自得」などと揶揄され、
辛い思いをされています。

そういったこともあってか、
津川さんは、一人娘の真由子さんを溺愛されており、

(娘の彼氏という立場の男を)好きになれるはずがない!

と、真由子さんの彼氏を、
拒否し続けていらっしゃるとか。

ただ、そんな真由子さんも、もうアラフォー、
そろそろ、自由にしてあげないとですね。

たかじんのそこまで言って委員会!


ところで、津川さんは、「たかじんのそこまで言って委員会」に、
2012年7月から、パネリストとして、出演されていましたが、
2015年3月、降板を発表されています。

やしきたかじんさんが、2014年1月に亡くなり、
番組名も4月から、「たかじん」の冠が外され、
「そこまで言って委員会NP」に変更されることが
発表された矢先のことでした。

津川さんのブログによると、

これで、僕とたかじんさんとの、
仁義は全く無くなってしまいます。

なのでこれを機会に、僕も降板を申し込みました。

と明かされていましたが、

ほかにも、

「名残惜しい」
「実に楽しい番組だった」
「感謝申し上げます」

などと綴られ、最後には、

最後に、最近マスコミを騒がせている、
古館、古賀氏のような下品な降板と、
くれぐれも同じ次元で、
捉えて頂かぬようお願い申し上げる次第です。

との不要な一言が。

いや、これぞ、
津川節なのかもしれませんね(^^)

さて、いかがでしたでしょうか?

70歳も後半に差し掛かる津川さんですが、
「アカギ」シリーズでの、主人公の敵役、鷲巣巌は、
むしろその年齢と濃いキャラを存分に発揮。

何かと批判が多い人気アニメの実写化ですが、
難なくこなすどころか、ハマり過ぎなぐらいの演技を見せておられます。

これからも、お体を労りながら、
まだまだ、津川節を見せてほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ