岩松了!お茶と説教!作風は?アイスクリームマン!ふせえりと?結婚は?

Sponsored Link

劇作家、俳優、映画監督、演出家と幅広く活動されている、岩松了(いわまつ りょう)さん。現在の芸術家肌の姿からは想像もつきませんが、少年時代は野原を駆けまわり、スポーツに明け暮れ、本など1冊も読まなかったそうです。





しかし、中学生の頃くらいから、突然文学に目覚め、
高校を卒業するまで、本を読み漁ったのだとか。

受験勉強をするやつはバカだ

と思っていた岩松さん。
受験勉強から逃げるためでもありますが、
本と野球に明け暮れていたそうです。

しかし、上京することに憧れがあり、
一浪して、東京外国語大学のロシア語科に、
無事合格されました。

その大学で友人の影響などがあり、
演劇サークルに入られたことがきっかけで、
演劇に携わるようになったのだとか。

しかし、長崎出身の岩松さんは、
都会または都会人に対して、
コンプレックスのようなものを拭い去れないでいたようです。

演劇に対しても、熱い気持ちを持ちながら、
いつもどこかで、「なじめない」
という感覚があったようです。

演劇を好きでやっていたわけではない

とばっさり言い切る岩松さん。

少年の頃に夢中になった、野球や読書に対する情熱を、
演劇に当てはめて、発散されていたのかもしれません。

その感覚、なんとなく、
わかるような気がしますね。

そして、大学を中退された岩松さんがたどりついたのは、
柄本明さんが主催する、「劇団東京乾電池」で、
お笑いを売りにする劇団だったとか。



大学に行っていたことが、インテリだと思われて、
演出を手がけることになったそうですが、
それもやりたい仕事ではなかったのだそうです。

お茶と説教!


岩松さんはどこへ向かっているのでしょうか?

すでに、33歳になっていた岩松さん。
人生を変えるなら今しかないと思われ、

渾身の力を振り絞って、
戯曲を書き上げられました。

そのデビュー作となった「お茶と説教」で、岩松さんは、

何より確信をもって学んだのは『人は横に並んでる』ということ。

それまでは才能があるやつがてっぺんにいて、
そこから縦に一列に人は並んでると思ってたんですけど。

あの戯曲を書くにあたり、何か肝が座ったのか、
人はみな横一列に並んでるだけだ、
だから自分が面白いと思うものを書けばいいという心境になれた。

他人を見て自分が勝ってるか劣ってるか、
と気にしてるうちは全然ダメなんですよね。

それは青春の愚かしさというもので、
自己査定と他者査定が違うことにフラストレーションを覚えるから悲劇を生む。

でも実は他者査定なんて関係ないんですよ。
ただ自分が面白いと思うものを書けばいい。

と悟りにも似た境地に到達されたようです。

この考えが、岩松さんのお芝居の基礎となり、
今のご活躍につながっていったのですね。

作風は?


岩松さんは、
「リアクションによって人間の言葉は規定される」
という考え方で、

「え?」
「何が?」
「わかってるよ」

など、誰かの呼びかけに対して、
条件反射的に、とっさに出た言葉で構成されたお芝居が特徴で、

この手法だと、登場人物の内面にドラマがたくさんあるので、
外側で事件が起きなくても、
物語が展開していけるのだそうです。

岩松さんは自身の作品を、
身体的リアクションを言葉にする「肉体派」
と考えられているのだとか。

「言葉=感情」と私達は考えがちですが、
そういう固定観念を吹き飛ばす、ただセリフを追っていけば、
お芝居が楽しめる仕掛けになっているということで、

岩松さんのお芝居を観劇するときは、
子どものような真っ白な気持ちでおられると、
純粋に楽しむことが出来そうですね。


アイスクリームマン!


「アイスクリームマン~中産階級の劇的休息~」


これは、岩松さんが、東京乾電池時代、
1992年に上演されたお芝居のタイトルで、

自動車教習の合宿所が、
舞台となった青春群像劇です。

免許を取得するために集まった、
若者たちの談話室での何気ない会話が、
次第に物語を形成していき、

最後は信じがたい結末を迎えるという、
まさに、岩松流「肉体派」なお芝居となっています。

この戯曲を書くにあたり、岩松さんは、
自動車教習の合宿に2日間参加され、
ひたすら人間観察をされたそうです。

現在では、色んな演出家の方たちが、
この作品を手がけられているそうなので、
それほど人気のお芝居なのですね!


ふせえりと?


岩松さんは、三木聡監督作品の常連として、
ふせえりさんとコンビを組んで、
多くの作品に出演されています。

テレビドラマでは、「時効警察」
映画では、「イン・ザ・プール」「亀は意外と速く泳ぐ」
「図鑑には載らない虫」「転々」「俺俺」などです。

お二人がコンビで出演された回数は、
なんと、11回!



このコンビが絶妙にいい味を出していて、
笑えるということで、

二人が出てくるのを楽しみに待つ、
視聴者も多いのだとか。

余談ですが、
三木監督とふせえりさんはご夫婦なんだそうです♪


結婚は?


最後に、岩松さんのプライベートですが、
33歳の時に結婚されたそうですが、

奥さんのことなど、
詳しいことは分かりませんでした。

ご自身の結婚観について、岩松さんは、

僕は基本的に結婚奨励派。
結婚すれば人間関係がいかに大変か分かるから。

結婚したばかりの頃はお互い見つめ合っていても、
だんだん目を合わせなくなっていく。

でも、そういう時間こそが人間として面白い
と感じることが出来れば、結婚も捨てたものじゃないと思う。

と、別の視点から見た、
結婚生活の良さをコメントされていました。

「結婚したばかりの頃はお互い見つめ合っていても、
だんだん目を合わせなくなっていく」

は、一般的には悪い意味に取られがちですが、
岩松さんのように「それがおもしろい」と捉えられれば、

結婚に限らず、世の中のことはたいてい、
「おもしろい」と捉えられるようになりそうです!

これからも、テレビドラマでは欠かせない名脇役として、
舞台での演出家として、幅広い活躍を期待したいですね~
応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ