麿赤兒!舞踏家!長男は?次男は大森南朋!似ている人は?

Sponsored Link

俳優で舞踏家の麿赤兒(まろ あかじ)さんをご存知でしょうか?「アングラ界の怪人」を自認されており、その独特のオーラはまさに「怪人」と言っても差し支えないほどです。芸名の「麿赤兒」が、それを十分物語っていますね。


映画「ツィゴイネルワイゼン」「どついたるねん」
「キルビルVol.1」
などに出演され、
一度見たら忘れられない、
強烈な存在感を放たれている麿さん。

早稲田大学を中退後、山本安英さんに共感され、
劇団「ぶどうの会」に入団するも、

上の人たちが演劇と政治の関係はどうあるべきか?
などの難しい話ばかりしており、
それに嫌気がさします。

そんな折、唐十郎さんと出会い、意気投合。
お二人で、「状況劇場」を旗揚げされたそうです。

しかし、1970年には、「状況劇場」を退団。
理由は、唐さんの書くセリフが長すぎたことに
嫌気がさしたとのこと(^^;)

その時は、「もう芝居はやめた!」
という気持ちだったせいで、
なんと、実業家に転身されたのだとか!

レコード販売、コメの産地直送販売、象牙販売・・・
などなど、いろいろな事業を始めた麿さんでしたが、
全部失敗に終わったのだそうです。

相当な借金があったそうですが、
どうやって支払ったのか、
誰が支払ったのか覚えていないというのです!
恐るべし麿さんです!

当時、カネはなかったけど、コメだけはあったと
冗談っぽく、おっしゃっていましたが、
まさか、お米で借金を返されたのでしょうか?
謎ですね(^^;)

商売に向いていないと悟った麿さんは、
以前からの知り合いだった、
舞踏の先輩、土方巽さんに弟子入りし、
舞踏家になる決意をされます。

その理由を、

自分は商売に向かないと、
自分で自分に引導を渡しました。

天才の唐を間近で見ましたから、自分が芝居を書けるわけはないし、
自分には身体ひとつ、踊りしかない、と踏ん切りがつきましたね。
一方には土方巽という舞踏の先輩がいましたから。

と明かされていました。

そして、

土方の踊りは、不可思議なものに挑んでいく難解な踊りでしたが、
舞台で表現されると、身体の多面性というか、多様性と言うか、
そういうものが現れてきて面白かった。

言葉にして解釈するとつまらないけれども、
それだけでは収まらない何かが常にありました。

と、踊りというものに対しての、
体を使った表現の仕方を語っておられました。

脇役ながら、その絶大な存在感を放たれているのは、
舞踏で鍛えた身体での表現力に、秘密があったんですね!

長男は?次男は大森南朋!

麿さんの長男は、
映画監督の大森立嗣(おおもり たつし)さんだそうです。

監督作品として、映画「ゲルマニウムの夜」や、
「さよなら渓谷」「まほろ駅前狂騒曲」などの話題作があります。

麿さんは常連俳優として、
しばしば、立嗣さんの映画に脇役で出演されているのだとか。

そして、次男は、あの、
俳優の大森南朋(おおもり なお)さんです!

南朋さんは、演技派俳優としての地位を確立され、
お父さんに負けず劣らずの独特のオーラを放つ、
存在感あふれる俳優さんです。

お二人が親子だということを、
知らない人も多いのではないでしょうか。

しかし、才能あふれる親子ですね~

似ている人は?

俳優で、舞踊家(ぶようか)の
田中泯(たなか みん)さんと似ていませんか?

似ているというより、かぶるというか・・・
初めて麿さんをお見かけした時、
田中さんかと思いました!

「舞踊家(ぶようか)」と「舞踏家(ぶとうか)」。
ルーツが同じなので、表現が共通しているものがあり、
そう思うのかもしれません。

さて、いかがでしたでしょうか?

麿さんは、1998年には、
胃がんの手術をされたこともあるそうで、
お体が少し心配ですが、
「がんサポート」のインタビューで、

騒乱の60年代を、
疾風のように駆け抜けた世界的舞踏家が、
胃がんになって考えたこと、

踊ることで気分がほぐれ、
精神的な歪みがほどけてくるのかも。

と、おっしゃっていましたので、
踊ることがいかに、麿さんにとって、
なくてはならないものなのかが分かりますね。

怪しいおじさん・・・といった印象がありましたが、
意外と、ユーモアのセンスも兼ね備えた、麿さん。

これからも、体調には気をつけて、
舞踏家として、俳優として、末永く活躍してほしいですね。
応援しています!!

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ