向井理!国仲涼子に一目惚れ!祐天寺でバーテンダー!

Sponsored Link

2010年、NHKの朝の連ドラ「ゲゲゲの女房」で、漫画家の水木しげるさんをモデルにした村井茂役を演じ、一躍お茶の間の人気者になられた、俳優の向井理(むかい おさむ)さん。そのさわやかなイケメンぶりが印象的でしたね!





向井さんは、幼い頃から、
獣医師になりたかったそうですが、挫折され、

「遺伝子」に新たな道を見出されたのだそうです。

「遺伝子は自分で新たな可能性を追求できる」

と考えられたそうで、
明治大学農学部生命科学科へ進学されたんだとか。

そして、遺伝子工学を勉強され、

「ニワトリ・オボアルブミン遺伝子をエストロジェンに応答し
卵管組織においてのみ活性化させるコントロールエレメントの決定」

という研究をされ、

向井さんを含めた数名の研究メンバーで、
2004年9月開催の、
「第29回 国際動物遺伝学会議ベストポスターアワード」
を受賞されたのだそうです!

すごい経歴をお持ちですね~

祐天寺でバーテンダー!


その後、何か、
心境の変化があったのでしょうか?

向井さんは、学生時代に、
アルバイトとして、バーテンダーをされていたようです。

渋谷のカフェで、バーテンダーを務められた後、
大学卒業後は、カジュアルなバーに、
社員として就職されたそうです。

いろいろなバーを転々とされたようで、

東京目黒区の祐天寺駅近くのバーで勤務されていた時は、
店長を1年務められたのだとか。

バーの店長を勤めていたのは、祐天寺の店なんですけど、
ほかにも、三宿、西麻布、渋谷でバイトしていました。

バーの仕事が終わった後や、クラブのDJをした後、
仲間とよく飲みにいったのが、渋谷の居酒屋。
これが、とにかくきったない店でね(笑)。

と、向井さんは、バーテン時代の思い出を、
語っておられました。

向井さんのバーテンダー歴は、
6年と、結構長く、

そのレパートリーは、500を超えるというから、
驚きですね!

バーテンダーの世界で学んだ接客技術や、
カウンターをステージに見立ててパフォーマンスするところなどは、
俳優と通じるものがある。

と、向井さんは語っておられました。

研究者から、バーテンダーを経て、俳優へ。
なんでも器用にこなせてしまう向井さん。
すごい人です!

国仲涼子に一目惚れ!


そんな向井さんですが、女優の国仲涼子さんと、
2012年のドラマ「ハングリー!」
の共演がきっかけで知り合われ、

約2年半の交際期間を経て、
ご結婚されました。

撮影中から、共演者同士で食事に行かれるなどして
親交を深められ、

その後、交際に発展。
半同棲状態だったそうです。

ドラマの制作スタッフの話によると、
ドラマ「ハングリー!」の撮影の休憩時間にも、
お二人で仲良く話されている姿を目撃されたり、

食事の好みが合うようで、
レストランの話で盛り上がったりしていたそうです。

そして、「家具屋巡りデート」や、
お財布にお揃いのアクセサリーをつけているところを、
目撃されるなど、ラブラブだったご様子です♪



もともとは、向井さんが、国仲さんに
一目惚れしたと言われていますが、

それ以前、向井さんは、

「一目惚れはしない」

と豪語されていたそうです。

でも、国仲さんの前では、
それは一瞬にして覆されてしまったようですね(^^)

恋多き女優だった国仲さんが、
向井さんとの結婚を決められたのは、

「ゲゲゲの女房」で爆発的な人気を博し、
役者としての地位を不動のものにした向井さんに、
将来性を感じたからと言われています。

(あくまで推測で、もちろん国仲さんご本人が、
おっしゃったわけではありません(^^))

2015年4月には、国仲さんが妊娠5ヶ月を発表され、
幸せいっぱいのお二人。

秋に出産予定ということで、
ますますお仕事に気合が入るであろう向井さん。
今後のご活躍も楽しみですね!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ